60件中 41 - 50件表示
  • 漁業

    漁業から見た上方

    江戸時代には遠洋漁業がおこなわれ、また、上方で発達した地曳網による大規模な漁法が全国に広まるなど、漁場が広がった。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た加工

    従来の漁業では、収穫された魚介類は、機械的処置を施さない場合の長期保存が難しいため、漁場は加工地・消費地から遠くない範囲に限定されていた。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た貨幣

    鎌倉時代には漁を専門とする漁村があらわれ、魚・海草・塩・貝などを年貢として納めるようになった。室町時代にはさらに漁業の専門化がすすみ、沖合漁業がおこなわれるようになり、市の発達や交通網の整備、貨幣の流通など商業全般の発達に漁業も組み込まれていった。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た養殖漁業

    このように漁業資源をめぐる国際競争は激化し、今日の日本の漁業は国際化の波にもさらされる一方で、近年は、そうした「とる漁業」から、採卵、人工孵化、放流などによる「育てる漁業」(栽培漁業・養殖漁業)への転換をはかる努力が続けられている。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た漁撈

    漁業(ぎょぎょう、英:Fishery)とは、海面(海)および内水面(河川・湖沼)において、魚介類・クジラ等の水産物を漁を行うことによって収穫する職業、あるいは業種。水産加工業などとともに水産業の一種である。また、この漁業で漁撈活動に専業として携わる者のことを漁師という。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た再生産

    漁業の存続自体は自然環境の再生産に負うところが大きく、旧来の伝統的な漁具・漁法による漁撈活動では生産性は低かったものの、水産資源の再生産の限度を下回るものであった。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た孵化

    このように漁業資源をめぐる国際競争は激化し、今日の日本の漁業は国際化の波にもさらされる一方で、近年は、そうした「とる漁業」から、採卵、人工孵化、放流などによる「育てる漁業」(栽培漁業・養殖漁業)への転換をはかる努力が続けられている。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た流通

    その後の漁具の改良・開発や、流通網の整備、冷凍保存技術の発達などにともない、生産量は増大し、漁場もまた地球規模に拡大した。その一方で、水産資源の乱獲が問題となっている。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見たオイルショック

    戦後の日本経済の成長とともに水揚げ量は増加したが、その増加を牽引した遠洋漁業・沖合漁業が1973年の石油ショックによって漁船のコスト高の影響を受け、また1970年代後半から世界の漁業国が200海里規制を取るようなると、遠洋漁業・沖合漁業の水揚げ量は減少した。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た貝類

    鎌倉時代には漁を専門とする漁村があらわれ、魚・海草・塩・などを年貢として納めるようになった。室町時代にはさらに漁業の専門化がすすみ、沖合漁業がおこなわれるようになり、市の発達や交通網の整備、貨幣の流通など商業全般の発達に漁業も組み込まれていった。漁業 フレッシュアイペディアより)

60件中 41 - 50件表示

「日本の漁業」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画