前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
571件中 1 - 10件表示
  • 種田陽平

    種田陽平から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    『スワロウテイル』で第20回日本アカデミー賞・優秀美術賞、『不夜城』で第18回香港電影金像奨・最優秀美術監督賞、第22回日本アカデミー賞・優秀美術賞を受賞。『キル・ビル Vol.1』では米国美術監督協会の最優秀美術賞にノミネートされた。『THE 有頂天ホテル』『フラガール』で第61回毎日映画コンクールの美術賞、第30回日本アカデミー賞・優秀美術賞を受賞。2008年『ザ・マジックアワー』で第32回日本アカデミー賞・優秀美術賞を受賞、第3回アジアフィルムアワード美術賞にノミネートされた。種田陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 中井 貴一

    中井貴一から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    父の17回忌の法要の際にスカウトされる。本格的に俳優としての活動を開始したのは成蹊大学在学中で、映画『連合艦隊』への出演でデビュー。同作品で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。中井貴一 フレッシュアイペディアより)

  • 岸田和美

    岸田和美から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    岸田 和美(きしだ かずみ)は日本の録音技師。1952年神奈川県生まれ。日本映画・テレビ録音協会会員。松竹映画、特に山田洋次監督作品の録音技師として活躍している。2003年『たそがれ清兵衛』で日本アカデミー賞最優秀録音賞を受賞した。岸田和美 フレッシュアイペディアより)

  • 竹中 直人

    竹中直人から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1992年 第15回日本アカデミー賞 優秀作品賞 『無能の人』(監督:竹中直人)竹中直人 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野武治

    佐野武治から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞 1985年 最優秀照明賞 映画「瀬戸内少年野球団」佐野武治 フレッシュアイペディアより)

  • オダギリジョー

    オダギリジョーから見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    映画初主演を果たした2003年公開の映画『アカルイミライ』は、カンヌ国際映画祭に正式出品された。この作品は、日本映画プロフェッショナル大賞で作品賞を受賞しオダギリ自身も主演男優賞を受賞。同年、『あずみ』の演技で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。オダギリジョー フレッシュアイペディアより)

  • 浅野忠信

    浅野忠信から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    活動の場は国内にとどまらず、ウォン・カーウァイ監督『』(1996年)、クリストファー・ドイル監督『孔雀』(1999年)などでも主演を務め、国際的にも注目を高めていった。1997年(平成9年)には、日本アカデミー賞話題賞、および、ヨコハマ映画祭主演男優賞を受賞している。浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

  • 松雪泰子

    松雪泰子から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    2006年公開の主演映画『フラガール』が大ヒット。米アカデミー賞外国語映画賞ノミネーションのための日本代表作品に選出された。ヒット映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を押し退けての選出であった。自身も日本アカデミー賞優秀主演女優賞などを受賞した。松雪泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹 しのぶ

    大竹しのぶから見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1979年の第2回日本アカデミー賞において、最優秀主演女優賞・最優秀助演女優賞のダブル受賞で2冠を独占した。大竹しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 麻生久美子

    麻生久美子から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1998年公開の『カンゾー先生』で、ヌードと濡れ場シーンを演じきり、無名女優から一気に日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞を始め、数々の映画賞を受賞し、女優としての地位を確立した。その後、2001年にイギリスへ語学留学も行っている。麻生久美子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
571件中 1 - 10件表示

「日本アカデミー賞」のニューストピックワード