592件中 21 - 30件表示
  • 柴咲コウ

    柴咲コウから見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    デビューは1998年に放送された番宣番組『倶楽部6』(TBS)。1999年放送の日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)の「ポンズ・ダブルホワイト」の「ファンデーションは使ってません」という台詞のCMでブレイク。以後は映画『バトル・ロワイアル』や『GO』での演技が評価され、数々のテレビドラマや映画に出演した。特に『GO』での演技は高く評価され、日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞、キネマ旬報ベスト・テン 最優秀助演女優賞をはじめ、その年の映画賞を総なめにし、女優としての地位を確立した。柴咲コウ フレッシュアイペディアより)

  • 中尾駿一郎

    中尾駿一郎から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    今井正監督『また逢う日まで』(東宝)などの撮影で、4度、日本映画技術賞を受賞、熊井啓監督『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』(俳優座映画放送)で、第5回日本アカデミー賞優秀撮影賞。中尾駿一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 川又昂

    川又昂から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    代表作は、『青春残酷物語』『拝啓天皇陛下様 』『砂の器』『八つ墓村』『震える舌』『疑惑』。日本アカデミー賞撮影賞を受賞した『事件』『鬼畜』『黒い雨』など多数。川又昂 フレッシュアイペディアより)

  • 馬場和夫

    馬場和夫から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    馬場 和夫(ばば かずお、1922年10月10日 - )は日本アカデミー賞協会事務局長、日本映画のプロデューサー。東京都出身。馬場和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 照明技師

    照明技師から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    現在の日本における照明技師は、ハリウッドのシステムにおけるガッファー()に相当する。英語のLighting designerの語は照明デザイナーに相当し、舞台照明の範疇である。日本の照明技師の仕事は、ハリウッド等における撮影監督の指揮命令系統下にあるのではなく、撮影技師に対して対等である。日本アカデミー賞には優秀な作品に貢献した照明技師に与えられる「照明賞」があり、撮影技師に与えられる「撮影賞」とともにセットで投票、授与が行われる。照明技師 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤正人 (脚本家)

    加藤正人 (脚本家)から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    2009年「クライマーズ・ハイ」第32回日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞加藤正人 (脚本家) フレッシュアイペディアより)

  • いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン

    いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポンから見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    3月5日: 日本アカデミー賞の特番のため休止。いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 篠原敬介

    篠原敬介から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    ピアノの森(劇場用映画 日本アカデミー賞優秀作品賞受賞)篠原敬介 フレッシュアイペディアより)

  • 部谷京子

    部谷京子から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1992年、周防正行監督『シコふんじゃった。』で、美術監督としてデビューし、1996年、同監督の『Shall we ダンス?』、2006年、同監督の『それでもボクはやってない』の美術に対し、日本アカデミー賞最優秀美術賞を受賞。以後、優秀美術賞も含め、合計10回受賞。故郷である広島の原爆を絡めた吉田喜重監督『鏡の女たち』(2003年)の美術も担当。部谷京子 フレッシュアイペディアより)

  • 少年時代

    少年時代から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1990年、東宝系にて篠田正浩監督で映画化され、日本アカデミー賞を受賞する。また井上陽水の大ヒット曲「少年時代」はこの映画の主題歌である。原作者である藤子不二雄Ⓐが、友人である井上陽水に曲を依頼した、という。少年時代 フレッシュアイペディアより)

592件中 21 - 30件表示

「日本アカデミー賞」のニューストピックワード