571件中 31 - 40件表示
  • 朝川朋之

    朝川朋之から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    絆 -きずな- (日本アカデミー賞優秀音楽賞、1998年)朝川朋之 フレッシュアイペディアより)

  • 照明技師

    照明技師から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    現在の日本における照明技師は、ハリウッドのシステムにおけるガッファー()に相当する。英語のLighting designerの語は照明デザイナーに相当し、舞台照明の範疇である。日本の照明技師の仕事は、ハリウッド等における撮影監督の指揮命令系統下にあるのではなく、撮影技師に対して対等である。日本アカデミー賞には優秀な作品に貢献した照明技師に与えられる「照明賞」があり、撮影技師に与えられる「撮影賞」とともにセットで投票、授与が行われる。照明技師 フレッシュアイペディアより)

  • 曽利文彦

    曽利文彦から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    2002年の『ピンポン』で映画監督デビュー。第26回日本アカデミー賞にて優秀作品賞、優秀監督賞を受賞、第24回ヨコハマ映画祭にて新人監督賞を受賞。2004年には、初の3Dライブアニメ映画『アップルシード』をプロデュース。2007年8月には3Dライブアニメ第二弾『ベクシル 2077日本鎖国』を監督。この映画はロカルノ国際映画祭オープニング作品に選ばれ話題に。その他トロント国際映画祭、釜山国際映画祭など多くの国際映画祭に招待された。2008年10月に時代劇・女座頭市『ICHI』を監督。2009年10月にはドリカム20周年ライブビデオ『20th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2009 "ドリしてます?"』の映像監督を務めるなど活動の場を広げている。2011年2月に最新作の実写映画『あしたのジョー』公開。上海国際映画祭コンペ部門に選出された。曽利文彦 フレッシュアイペディアより)

  • 笠原和夫 (脚本家)

    笠原和夫 (脚本家)から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1981年(昭和56年) 『二百三高地』で日本アカデミー賞の優秀脚本賞を受賞。笠原和夫 (脚本家) フレッシュアイペディアより)

  • いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン

    いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポンから見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    3月5日: 日本アカデミー賞の特番のため休止。いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 沢口 靖子

    沢口靖子から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    映画『ゴジラ』(1984年、東宝)で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。沢口靖子 フレッシュアイペディアより)

  • 大野靖子

    大野靖子から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1983年の『居酒屋兆治』(東宝映画)で日本アカデミー賞優秀脚本賞、1997年には紫綬褒章を受章した。体調を崩して晩年は執筆が少なくなったが、小説も書いた。大野靖子 フレッシュアイペディアより)

  • 妻夫木 聡

    妻夫木聡から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    俳優として妻夫木はドラマ『ブラックジャックによろしく』、『オレンジデイズ』、『スローダンス』などがある。映画『ジョゼと虎と魚たち』、『春の雪』、『涙そうそう』、『どろろ DORORO』などの幅広い役で幅広い作品に多数出演。また、日本アカデミー賞(主演男優賞・新人俳優賞)などを初めとする数多くの映画賞を受賞するなど評価は高い。自らが主演を務めた『きょうのできごと』の監督である行定勲は、妻夫木を「彼には男としての親近感もあると思うんですよ。それが俳優としては重要なんです。それは彼の育ってきた環境によるメンタリティのようなものからにじみ出ているんですね。映画の主役としての器では、とてもいい素材を持っている俳優さんだと思いますね。いろんな役ができる人です」と評している。妻夫木聡 フレッシュアイペディアより)

  • 村田 雄浩

    村田雄浩から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    少年時代から柔道に励み、ディズニーや黒沢映画にあこがれ、16歳で劇団ひまわり入団。のち、仲間と劇団「アクターズ・スリル&チャンス」を結成した(1998年解散)。1979年『思えば遠くへ来たもんだ』(朝間義隆監督)で映画デビュー。テレビドラマ『青が散る』『澪つくし』などを経て、1992年の伊丹十三監督『ミンボーの女』・中島丈博監督の『おこげ』により、キネマ旬報賞・報知映画賞・日本アカデミー賞など、数々の映画賞を受賞。村田雄浩 フレッシュアイペディアより)

  • 上野樹里

    上野樹里から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    2004年、主演した映画『スウィングガールズ』のヒットで広く知られるようになり、第28回(2004年度)日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。上野樹里 フレッシュアイペディアより)

571件中 31 - 40件表示

「日本アカデミー賞」のニューストピックワード