571件中 41 - 50件表示
  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1971年から1995年まで日本映画製作者連盟会長。この他、映画産業団体連合会会長、日本映画テレビ製作者協会理事長、日本映画海外普及協会理事長、テレビ朝日会長、(株)東急レクリエーション代表取締役会長など多くの要職に就く。日本映画製作者連盟会長、映画産業団体連合会会長は通算30年務め、日本映画復興に尽力した。1978年日本アカデミー賞の創設にも尽力、会長・名誉会長を歴任し、第30回を迎えた2007年度より同賞では初めて個人名を冠した岡田茂賞が新設された。撮影所所長としても辣腕を振るった岡田の多大な功績を讃え、その年独自の創造性と高い技術力により娯楽性と芸術性を合わせ持った高品質の映画を製作した「製作プロダクション」を顕彰する。1985年、瀬島龍三らと東京国際映画祭を創設。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 中島美嘉

    中島美嘉から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    矢沢あいの人気漫画を原作にした東宝系映画『NANA』に主演。映画は大ヒットで、興収40.3億円を記録、2005年日本映画第4位(実写では『交渉人 真下正義』に続く第2位)に輝いた。それと共に、自身が歌った主題歌「GLAMOROUS SKY」もヒット。自身初のオリコンシングルチャート1位を記録し、2週連続で首位をキープした。プラネットシングルチャートでは3週連続1位。また、この映画での演技が認められ、第29回日本アカデミー賞・優秀主演女優賞・新人俳優賞など数々の賞を受賞した。「GLAMOROUS SKY」はNANA starring MIKA NAKASHIMAの名義でリリースした。中島美嘉 フレッシュアイペディアより)

  • 中村 獅童

    中村獅童 (2代目)から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1996年『狐狸狐狸ばなし』おそめ役で歌舞伎座賞を、翌年には「歌舞伎の見方」解説にて国立劇場特別賞を受賞。20代半ばより、歌舞伎と平行して野田秀樹や大人計画などのオーディションを受け始めるが、落選が続く。しかし映画『ピンポン』で準主役の「ドラゴン」の役を射止め、日本アカデミー賞、ゴールデン・アロー賞(映画新人賞)、ブルーリボン賞、日本映画批評家大賞、毎日映画コンクールの各新人賞5冠を受賞。2002年公開、29歳であった。以降、多数の映画やドラマに出演することとなる。歌舞伎においても、2003年に『義経千本桜』『毛抜』にて初の主演を務める。またこの頃、タレントの篠原ともえとの交際が報道される。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 馬場和夫

    馬場和夫から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    馬場 和夫(ばば かずお、1922年10月10日 - )は日本アカデミー賞協会事務局長、日本映画のプロデューサー。東京都出身。馬場和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 北林谷栄

    北林谷栄から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1947年、宇野重吉や滝沢修らと民衆芸術劇場を設立。1950年には劇団民藝創立に加わり、以後舞台のみならず、映画やテレビドラマなど幅広いジャンルで活躍し、劇団民藝を代表する演技派の名女優として紀伊國屋演劇賞、ブルーリボン賞、日本アカデミー賞など数々の賞を受ける。北林谷栄 フレッシュアイペディアより)

  • 宮川 一朗太

    宮川一朗太から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    武蔵中学校・高等学校卒業。早稲田大学第一文学部に推薦入学したが、中退(この後、武蔵高等学校では早稲田大学への推薦枠が一時期なくなってしまったが、当時武蔵高等学校は東大進学率全国第2位の絶頂期であり、推薦で早稲田大学へ行こうという生徒は皆無であった。なお、八木亜希子は早稲田大学の同級生である)。東京芸術学院第1期生。1982年に上映された映画『家族ゲーム』のオーディションに合格し、主人公・沼田茂之の役で主演デビューを果たし、日本アカデミー賞優秀新人賞受賞。宮川一朗太 フレッシュアイペディアより)

  • 宮沢りえ

    宮沢りえから見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1989年、初主演映画『ぼくらの七日間戦争』で日本アカデミー賞新人賞を受賞。小室哲哉楽曲提供による『ドリームラッシュ』で歌手デビューし、音楽番組『ザ・ベストテン』の最終回にランクインした(出演はなし)。カレンダーでは大胆なふんどしルックが話題を呼ぶ。宮沢りえ フレッシュアイペディアより)

  • 篠原敬介

    篠原敬介から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    ピアノの森(劇場用映画 日本アカデミー賞優秀作品賞受賞)篠原敬介 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口史靖

    矢口史靖から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    フジテレビ、アルタミラピクチャーズと共に制作した『ウォーターボーイズ』(2001年)では、“男子シンクロナイズドスイミング部”というユニークな題材をもとにし、大ヒットを記録。第25回日本アカデミー賞には優秀脚本賞、優秀監督賞にノミネートされる。矢口史靖 フレッシュアイペディアより)

  • 一青窈

    一青窈から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    その後、小学生の時から書きためていた詩がレコード会社の目に留まり、2002年、「もらい泣き」でデビュー。同曲がヒットし、ファーストアルバム『月天心』で大ブレイク。数々の音楽賞や新人賞を受賞する。2003年、第54回NHK紅白歌合戦に初出場。2004年、「ハナミズキ」が大ヒット。映画『珈琲時光』主演で女優デビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2006年、初のベストアルバムを発表。一青窈 フレッシュアイペディアより)

571件中 41 - 50件表示

「日本アカデミー賞」のニューストピックワード