571件中 51 - 60件表示
  • 上原 多香子

    上原多香子から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1999年10月公開の映画「ドリームメーカー」のヒロインにも抜擢され、この映画で主演の辺土名一茶(ISSA)と共に、第23回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した。上原多香子 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋一茂

    長嶋一茂から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    スポーツキャスターと並行して俳優業も行い、2000年は『NHK朝の連続テレビ小説・オードリー』に出演し(時代劇の剣士役)、俳優としての地歩を固める。2002年は映画『ミスター・ルーキー』(日本アカデミー賞新人賞受賞)、2005年には『男たちの大和/YAMATO』、2004年は、TBSの『サラリーマン金太郎4』、テレビ朝日の『逮捕しちゃうぞ』、2005年の『NHK大河ドラマ・義経』等に出演。長嶋一茂 フレッシュアイペディアより)

  • 千住明

    千住明から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    わが心の銀河鉄道?宮沢賢治物語(1996年) 日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞千住明 フレッシュアイペディアより)

  • 柴咲コウ

    柴咲コウから見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    デビューは1998年に放送された番宣番組『倶楽部6』(TBS)。1999年放送の日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)の「ポンズ・ダブルホワイト」の「ファンデーションは使ってません」という台詞のCMでブレイク。以後は映画『バトル・ロワイアル』や『GO』での演技が評価され、数々のテレビドラマや映画に出演した。特に『GO』での演技は高く評価され、日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞、キネマ旬報ベスト・テン 最優秀助演女優賞をはじめ、その年の映画賞を総なめにし、女優としての地位を確立した。柴咲コウ フレッシュアイペディアより)

  • 少年時代

    少年時代から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1990年、東宝系にて篠田正浩監督で映画化され、日本アカデミー賞を受賞する。また井上陽水の大ヒット曲「少年時代」はこの映画の主題歌である。原作者である藤子不二雄Ⓐが、友人である井上陽水に曲を依頼した、という。少年時代 フレッシュアイペディアより)

  • 横山秀夫

    横山秀夫から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    半落ち(2004年1月10日公開、配給:東映、監督・脚本:佐々部清、主演:寺尾聰) - 第28回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞横山秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 窪塚 洋介

    窪塚洋介から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    同年、映画『GO』の主演を務め、最年少で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を得る。この映画自体、多くの映画賞を総ナメにする。窪塚洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 役所広司

    役所広司から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    映画では、伊丹十三監督作品の『タンポポ』などに出演。1988年(昭和63年)の日本・スイス合作映画『アナザー・ウェイ ―D機関情報―』(西村京太郎の小説『D機関情報』の映画化作品。山下耕作監督作品)の主人公・関谷海軍中佐役で映画初主演を果たす。『オーロラの下で』で初めて日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を獲得する。1995年(平成7年)、『KAMIKAZE TAXI』(原田眞人監督)で毎日映画コンクール主演男優賞を受賞。後にインタビューで「この賞が一番嬉しかった」と語る。役所広司 フレッシュアイペディアより)

  • 哀川 翔

    哀川翔から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    翌2005年の日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を受賞。哀川翔 フレッシュアイペディアより)

  • 西村 雅彦

    西村雅彦から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1997年に『ラジオの時間』により日本アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞。また、『ラジオの時間』・『マルタイの女』により、キネマ旬報賞助演男優賞、ブルーリボン賞助演男優賞、報知映画賞助演男優賞、日刊スポーツ映画大賞助演男優賞受賞。西村雅彦 フレッシュアイペディアより)

571件中 51 - 60件表示

「日本アカデミー賞」のニューストピックワード