571件中 61 - 70件表示
  • 鹿賀 丈史

    鹿賀丈史から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1983年に映画『疑惑』(松竹)、1984年に映画『麻雀放浪記』(角川・東映作品)、1987年に映画『キャバレー』(角川)で日本アカデミー賞助演男優賞を受賞した。鹿賀丈史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1970年(昭和45年)、映画『殺し屋人別帳』の主役としてデビューした。その鋭い顔立ちから数多くの反社会的な役柄で本領を発揮して、主としてアクション映画やヤクザ映画でスクリーン狭しと暴れまくったが、兄の渡とは違った雰囲気を持つことが却って災いして、アクションスターとしては物足りない中途半端な俳優として、デビュー当初に東映が抱いていた期待を裏切ることになった。しかし、その演技力は1978年(昭和53年)に『赤穂城断絶』、松竹映画『事件』で、ブルーリボン賞・日本アカデミー賞・キネマ旬報等助演男優賞を受賞したことで評価を一新し、同年は松竹映画『皇帝のいない八月』でも、狂気を湛えた元エリートの反乱分子を演じている。1979年(昭和54年)には松竹映画『震える舌』『神様のくれた赤ん坊』でキネマ旬報主演男優賞受賞した。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 吉行和子

    吉行和子から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    一方、1955年に津島恵子主演の映画『由起子』で映画デビューする。1959年に日活と契約し、同年の『にあんちゃん』『才女気質』の演技で毎日映画コンクール女優助演賞を受賞する。1978年に性愛を大胆に扱った大島渚監督の『愛の亡霊』に主演して(40歳を過ぎての出演には周囲の反対があった。)世間を驚かせ、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞した。さらに『折り梅』などで2002年毎日映画コンクール田中絹代賞を受賞した。吉行和子 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯 日菜子

    佐伯日菜子から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1994年、映画『毎日が夏休み』のオーディションに合格してデビュー。第18回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。佐伯日菜子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中好子

    田中好子から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1989年(平成元年)に公開された『黒い雨』で、主役・「高丸矢須子」役を演じ、日本アカデミー賞・ブルーリボン賞・キネマ旬報賞・毎日映画コンクール・報知映画賞などで主演女優賞を受賞。日本アカデミー賞などでは作品に対しても大賞を受賞し、第42回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上演された。また、原爆症の表現のため、入浴シーンで体の変化を表現する為に敢えてヌードを披露し話題を呼んだ。この頃から演技派女優としての地位を固め始める。田中好子 フレッシュアイペディアより)

  • 篠田正浩

    篠田正浩から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    少年時代(1990年、原作:藤子不二雄A)※日本アカデミー賞最優秀作品賞篠田正浩 フレッシュアイペディアより)

  • 忌野清志郎

    忌野清志郎から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    同年、映画『119』に音楽監督として参加し、翌1995年の第18回日本アカデミー賞で最優秀音楽賞を受賞。忌野清志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 宮藤 官九郎

    宮藤官九郎から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    GO(2001年、金城一紀原作) - 2002年読売文学賞(戯曲・シナリオ賞) 受賞作品、2002年日本アカデミー賞最優秀脚本賞 受賞作品宮藤官九郎 フレッシュアイペディアより)

  • 樋口真嗣

    樋口真嗣から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    1995年 - 『ガメラ 大怪獣空中決戦』で特技監督を務め、日本アカデミー賞特別賞を受賞。樋口真嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 緒形拳

    緒形拳から見た日本アカデミー賞日本アカデミー賞

    鬼畜 (1978年、松竹) - 主演 日本アカデミー賞最優秀主演男優賞ほか緒形拳 フレッシュアイペディアより)

571件中 61 - 70件表示

「日本アカデミー賞」のニューストピックワード