56件中 31 - 40件表示
  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見たブロンズ像

    各賞は以下の通り(2015年現在)。正賞には彫刻家流政之デザインによるブロンズ像(トロフィー)が贈られる。最優秀賞ブロンズと優秀賞ブロンズがあり流政之制作の「映画神像」が元になったデザインである。この像は有楽町マリオン9Fロビーに恒久展示され授賞式時にステージに設置される。このほか正賞およびその他の賞に対し賞状、賞金が贈られる(正賞個人賞12部門に最優秀賞30万円・優秀賞20万円、新人俳優賞・協会特別賞・岡田茂賞10万円)。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見た礼服

    会場は1998年以降、東京都港区高輪のグランドプリンスホテル新高輪国際館パミールが恒例となっている。この授賞式の入場チケットは一般客にも販売され、2015年現在、授賞式後の映画にちなんだメニューのフランス料理コースディナーを含め4万円の料金である。観客にはセミフォーマルでの来場が求められ、小学生以下は入場不可となっている。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見た日本アカデミー賞話題賞のオールナイトニッポン

    日本アカデミー賞は、放映権を有する日本テレビが第1回(1978年(昭和53年))から一貫してその模様を中継している。当初は地上波で生中継していたが、その後、録画と生放送の組み合わせによる放送となっている。第3回(1980年(昭和55年))の「オールナイトニッポン話題賞」の設立後は、『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)が特別番組を組んで授賞式の模様を深夜に録音で中継している(第34回以降は『オールナイトニッポンGOLD』枠で放送)。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見たオールナイトニッポン

    日本アカデミー賞は、放映権を有する日本テレビが第1回(1978年(昭和53年))から一貫してその模様を中継している。当初は地上波で生中継していたが、その後、録画と生放送の組み合わせによる放送となっている。第3回(1980年(昭和55年))の「オールナイトニッポン話題賞」の設立後は、『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)が特別番組を組んで授賞式の模様を深夜に録音で中継している(第34回以降は『オールナイトニッポンGOLD』枠で放送)。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見た映画評論家

    『水曜ロードショー』の解説を務めていた映画評論家の水野晴郎は「映画の素晴らしさをさらに盛り上げる祭典」と同賞を発案。水野は松竹・東宝・東映のトップや日本テレビのプロデューサーへ持ち掛けて準備を進めていた。途中から電通が仕切ることになり、同社の入江雄三と岡田茂の尽力が、映画各界の幅広い賛同・参加を得る。アメリカ合衆国のアカデミー賞を模し、暖簾分けとして設立され、3か月間で第1回開催にこぎつけた。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見たザテレビジョンドラマアカデミー賞

    ザテレビジョンドラマアカデミー賞(日本のテレビドラマに関する賞)日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見た影武者 (映画)

    第4回(1980年(昭和55年))の『影武者』(1980年(昭和55年))での優秀賞受賞を「権威のない賞は認められない」(表向きの理由は「スケジュールの都合」)として辞退、同作品の出演俳優、スタッフもその意向を尊重して全員ノミネート辞退。授賞式司会の山城新伍がその対応を「すでに権威がある賞は受け取るくせに、これから映画人が育てていこうとしている賞は『権威が無いからいらない』なんて言う人物が受賞しなくてよかった」と批判。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見たホタル (映画)

    第25回(2002年(平成14年))、『ホタル』での優秀主演男優賞を、「後輩の俳優に道を譲りたい」として辞退。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見たフランス

    運営費の主要財源は、各映画会社の分担金や授賞式の放映権料である。同趣旨の映画賞に、英国アカデミー賞がある。フランスのセザール賞もアカデミー賞を参考に創設されたものだが、暖簾分けの形式は採っていない。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見た港区 (東京都)

    会場は1998年以降、東京都港区高輪のグランドプリンスホテル新高輪国際館パミールが恒例となっている。この授賞式の入場チケットは一般客にも販売され、2015年現在、授賞式後の映画にちなんだメニューのフランス料理コースディナーを含め4万円の料金である。観客にはセミフォーマルでの来場が求められ、小学生以下は入場不可となっている。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示

「日本アカデミー賞」のニューストピックワード