57件中 41 - 50件表示
  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見たフラガール

    第30回(2006年(平成18年))『武士の一分』の木村拓哉が、「優秀賞のほかの皆さんと最優秀賞を競わせたくない」とのジャニーズ事務所の意向により優秀主演男優賞を辞退(明白な理由によるノミネート辞退は史上初)。また『フラガール』(製作・配給:シネカノン)が製作・配給とも独立系としては『ツィゴイネルワイゼン』(第4回)以来の最優秀作品賞を受賞した。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見た世界の中心で、愛をさけぶ

    第28回(2004年(平成16年))『世界の中心で、愛をさけぶ』出演の長澤まさみが、すべての部門中で史上最年少となる17歳での最優秀助演女優賞受賞。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見た映画賞

    日本アカデミー賞(にっぽんアカデミーしょう、にほんアカデミーしょう、Japan Academy Prize、Japan Academy Awards 、Japanese Academy Awards)とは、1978年(昭和53年)4月6日から毎年催されている日本の映画賞。主催:日本アカデミー賞協会。アメリカ合衆国のアカデミー賞を模し、暖簾分けとして設立された。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見た影武者 (映画)

    第4回(1980年(昭和55年)) 黒澤明が『影武者』(1980年(昭和55年))での優秀賞受賞を「権威のない賞は認められない」(表向きの理由は「スケジュールの都合」)として辞退、同作品の出演俳優、スタッフもその意向を尊重して全員ノミネート辞退。授賞式司会の山城新伍がその対応を「すでに権威がある賞は受け取るくせに、これから映画人が育てていこうとしている賞は『権威が無いからいらない』なんて言う人物が受賞しなくてよかった」と批判。最優秀作品賞は製作・配給が独立系の『ツィゴイネルワイゼン』が受賞した。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見たホタル (映画)

    第25回(2002年(平成14年))高倉健が『ホタル』での優秀主演男優賞を、「後輩の俳優に道を譲りたい」として辞退。また、25回目を記念して特別ゲストとしてアーノルド・シュワルツェネッガーが登場した。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見たフランス

    運営費の主要財源は、各映画会社の分担金や授賞式の放映権料である。同趣旨の映画賞に、英国アカデミー賞がある。フランスのセザール賞もアカデミー賞を参考に創設されたものだが、暖簾分けの形式は採っていない。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見たお葬式

    第8回(1984年(昭和59年)) 独立系製作の『お葬式』(配給:ATG 日本アート・シアター・ギルド)が最優秀作品賞受賞。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見た映画

    1977年(昭和52年)までは毎年11月に京都市民映画祭が開催されており、同映画祭は大映・東宝・松竹・日活・東映らの京都で製作された映画の中で、部門毎に優秀賞を贈呈し、全国的な賞として取り上げられていた。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見たステレオ放送

    第35回(2011年(平成23年))この回より日本テレビ系列の地上デジタル放送でステレオ放送を開始した。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アカデミー賞

    日本アカデミー賞から見た英国アカデミー賞

    運営費の主要財源は、各映画会社の分担金や授賞式の放映権料である。同趣旨の映画賞に、英国アカデミー賞がある。フランスのセザール賞もアカデミー賞を参考に創設されたものだが、暖簾分けの形式は採っていない。日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示

「日本アカデミー賞」のニューストピックワード