196件中 111 - 120件表示
  • VanaH

    VanaHから見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント - 2008年より特別協賛。毎年8月最終週に福岡県・芥屋ゴルフ倶楽部で開催される日本ゴルフツアー機構(JGTO)公認の男子プロゴルフトーナメント。VanaH フレッシュアイペディアより)

  • 手嶋多一

    手嶋多一から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    手嶋 多一(てしま たいち、1968年10月16日 - )は、福岡県田川市出身のプロゴルファーである。日本ゴルフツアーで「8勝」を挙げているが、その中には2001年の日本オープン選手権、2014年の日本プロゴルフ選手権が含まれている。手嶋多一 フレッシュアイペディアより)

  • ANAオープンゴルフトーナメント

    ANAオープンゴルフトーナメントから見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    ANAオープンゴルフトーナメント(エイエヌエイ オープンゴルフトーナメント)は毎年9月第3週に行われる全日本空輸(ANA)の主催、日本ゴルフツアー機構(JGTO)公認の男子プロゴルフトーナメントの1つであり、北海道北広島市にある札幌ゴルフ倶楽部輪厚(わっつ)コースを舞台にして行われている。2017年現在、賞金総額1億1000万円、優勝賞金2200万円。ANAオープンゴルフトーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 二木ゴルフ

    二木ゴルフから見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    二木ゴルフがアメ横に1号店を創業した1973年(昭和48年)は、日本にゴルフブームが根づき始めた時期と重なっている。この年は尾崎将司がマスターズで自己最高の8位入賞を果たし、青木功が日本ゴルフツアーで6勝を挙げている。日本ゴルフツアーにおける賞金ランキング制度も、この年から始まった。マスターズの衛星放送中継が開始されたのも同じ時期にあたる。それらの影響で、アマチュアゴルファーも大幅に増え始めたが、現在に比べるとゴルフを始めるハードルはまだ高かった。そうした早い時期にアメ横で開店した二木ゴルフは、日本におけるゴルフ用品普及に大きく貢献したといえよう。二木ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ 最近の出来事 2010年12月

    スポーツ 最近の出来事 2010年12月から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    (ゴルフ)日本シリーズ最終日が5日行われ、藤田寛之が15アンダーで初優勝。5位になった金庚泰が約1億8110万円で、初の日本男子ツアー賞金王に輝いた。日刊スポーツスポーツ 最近の出来事 2010年12月 フレッシュアイペディアより)

  • プロゴルファー

    プロゴルファーから見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    男子のプロゴルファーは、トーナメントに出場するツアープロは日本ゴルフツアー機構(JGTO)が、ティーチングプロに関しては日本プロゴルフ協会(JPGA)がそれぞれ管轄している。プロゴルファー フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎直道

    尾崎直道から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    1984年に静岡オープンで初優勝。1991年と1999年に日本ゴルフツアーの賞金王(賞金ランキング1位)になった。尾崎直道 フレッシュアイペディアより)

  • 額賀辰徳

    額賀辰徳から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    大学卒業後の2006年にプロ転向し、同年4月20日のつるやオープンでJGTOのレギュラーツアーデビュー。しかし、同年は出場5試合に全て予選落ち、2007年は4試合出場で、同年の最終出場となった9月のANAオープンで初の予選通過、賞金25万8000円を獲得した。2008年も出場4試合、予選通過は1試合(賞金126万円)にとどまったが、5月には自身初のメジャー大会となる日本プロゴルフ選手権出場を果たした。レギュラーツアーの出場は主催者推薦などに限られていたため、その間、下部ツアーのチャレンジツアーを主戦場としていた。2008年は4月にPRGR CUPで優勝するなど活躍し、ついにチャレンジツアー賞金ランキング6位となった。これにより、レギュラーツアー出場権を獲得、2009年はフル参戦している。2009年は6月21日まで、全6試合に出場、予選通過も3試合で賞金は225万9000円と成長著しい。額賀辰徳 フレッシュアイペディアより)

  • 上野忠美

    上野忠美から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    上野 忠美選手のプロフィール(日本ゴルフツアー機構上野忠美 フレッシュアイペディアより)

  • カミロ・ビジェガス

    カミロ・ビジェガスから見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    2007年3月の「ホンダ・クラシック」で、ビジェガスは3人の選手によるプレーオフに進出したが、ここではマーク・ウィルソン(アメリカ)に敗れてツアー初優勝を逃した。この年はJGTOツアーのコカ・コーラ東海クラシックで優勝があり、国際トーナメントで初優勝を挙げている。2008年にビジェガスはさらなる躍進を遂げ、フェデックスカップ・プレーオフ第3戦のBMW選手権でコロンビア人初のPGAツアー優勝を果たすと、最終戦のPGAツアー選手権でもセルヒオ・ガルシア(スペイン)とのプレーオフを制した。この2大会連続優勝により、ビジェガスはコロンビア人選手として史上初の世界ランキングトップ10入りも達成した。メジャー大会の成績は、現時点では2008年全米プロゴルフ選手権の4位タイが自己最高成績である。カミロ・ビジェガス フレッシュアイペディアより)

196件中 111 - 120件表示

「日本ゴルフツアー機構」のニューストピックワード