151件中 41 - 50件表示
  • 久保谷健一

    久保谷健一から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    明治大学卒業。身長174cm、体重70kg。2009年の全英オープンで27位に入った。これまでに日本ゴルフツアーで5勝を挙げており、2003年に1年間アメリカPGAツアーに参戦した経験も持っている。PGAツアーでの最高順位は、での13位タイ。久保谷健一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ゴルフツアー選手権

    日本ゴルフツアー選手権から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    日本ゴルフツアー選手権(にほんゴルフツアーせんしゅけん)とは日本ゴルフツアー機構が主催する日本のメジャーゴルフトーナメント大会である。2000年に創設された。メジャートーナメントでは最も新しく創設された大会である。2012年現在、賞金総額1億5000万円、優勝賞金3000万円。日本ゴルフツアー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • アコーディア・ゴルフ

    アコーディア・ゴルフから見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    男子ツアー(JGTOツアー)アコーディア・ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • 星野豪史

    星野豪史から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    2010年6月キッズゴルフ株式会社の発起人として名を連ね、エクゼクティブプロデューサーに就任。トップジュニア育成だけでなくゴルフ界の底辺拡大に向け積極的な活動を始める。社団法人日本ゴルフツアー機構ツアープレーヤー。星野豪史 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋茂雄Invitational セガサミーカップゴルフトーナメント

    長嶋茂雄Invitational セガサミーカップゴルフトーナメントから見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    長嶋茂雄Invitational セガサミーカップゴルフトーナメント(ながしましげおインヴィテーショナル-)は、2005年から始まった日本ゴルフツアー機構(JGTO)の公認、セガサミーグループの主催により、北海道千歳市にあるザ・ノースカントリーゴルフクラブで開催されている男子プロゴルフトーナメントである。長嶋茂雄Invitational セガサミーカップゴルフトーナメント フレッシュアイペディアより)

  • すし石垣

    すし石垣から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    日本のプロとしてデビューする前から、アメリカのミニツアーやアジアンツアーで活動していた。その時「Satoshi(さとし)」では正しく発音し難いということから、アジアツアーで活躍のアンディー・和田選手の勧めで「Sushi(すし)石垣」としてエントリー。Sushiという名前には、「すしは日本を代表する食べ物。ぼくも日本だけで終わりたくない」という石垣の心意気がこめられている。1998年に日本ゴルフツアー機構(JGTO)のクォリファイングトーナメントを受験し出場優先順位を獲得、当初は本名で出場。その後ツアーで登録名の変更が議論されたが、2002年に「すし石垣」として日本ツアーでも出場できることになった。すし石垣 フレッシュアイペディアより)

  • 松山英樹

    松山英樹から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    2011年にはマスターズに出場、予選を通過し、日本人としては初めてローアマチュアを獲得した。同年11月には、三井住友VISA太平洋マスターズで倉本昌弘、石川遼に次ぐ3人目のアマチュアでの日本ツアー優勝を果たした。松山英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 中村寅吉

    中村寅吉から見たJGTO日本ゴルフツアー機構

    JGTOゴルフトーナメント功労賞(2001年)中村寅吉 フレッシュアイペディアより)

  • 林由郎

    林由郎から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    1994年に文部大臣スポーツ功労者顕彰、2002年に千葉県我孫子市より我孫子市民文化スポーツ栄誉賞、2003年に日本ゴルフツアー機構よりゴルフトーナメント功労賞を受賞した。、2012年に第1回日本プロゴルフ殿堂顕彰者。林由郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松村道央

    松村道央から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    2006年にプロに転向し、2007年より日本ゴルフツアー機構(JGTO)ツアーに参加を始める。松村道央 フレッシュアイペディアより)

151件中 41 - 50件表示

「日本ゴルフツアー機構」のニューストピックワード