151件中 81 - 90件表示
  • ブレンダン・ジョーンズ

    ブレンダン・ジョーンズから見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    2000年4月20日に行われた「キリンオープン」で日本ツアーデビュー、翌2001年から本格的に参戦した。2001年には、ドライビングディスタンスで日本ツアー初の300ヤード超えての1位を獲得した。2002年に「フィリップモリス・チャンピオンシップ・ゴルフトーナメント」でツアー初優勝。2005年に、米ツアーに参戦するが、シード権が得られず、2006年には再び日本ツアーに復帰した。2007年にはツアー3勝を挙げ、賞金ランキングも自己最高の3位に入った。ブレンダン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンドカップゴルフ

    ダイヤモンドカップゴルフから見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    ダイヤモンドカップゴルフ(DIAMOND CUP GOLF)は日本ゴルフツアー機構公認のトーナメントで毎年5月下旬か6月初旬に開催されている。2012年大会は5月24日から27日までの4日間、千葉県木更津市のザ・カントリークラブ・ジャパンで開催された。ダイヤモンドカップゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • 日立3ツアーズ選手権

    日立3ツアーズ選手権から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    この大会は日本プロゴルフ協会、日本ゴルフツアー機構、日本女子プロゴルフ協会の日本のプロゴルフツアーを管轄する3団体の協力、日立製作所の特別協賛(2006年は一時撤退)を仰ぎ、3団体(男子レギュラーツアーチーム、男子シニアツアーチーム、女子ツアーチーム)の開催年度の賞金ランキング上位選手、並びに協会推薦選手など1団体に付き4人(他に補欠1名)が出場し、2日間36ホールを9ホールずつ4つのステージに分けて対戦(各ステージに付き総勝ち点6点ずつ、4日間合計24点ずつの得点制)する。それぞれのステージに於ける1位選手所属チームに3点、2位選手所属チームに2点、3位選手所属チームに1点(同点の場合は複数均等割り)を与え、4ステージ(36ホール)終了時の合計得点で優勝を決める。日立3ツアーズ選手権 フレッシュアイペディアより)

  • アジアパシフィック・パナソニックオープン

    アジアパシフィック・パナソニックオープンから見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    この大会はアジア太平洋ナンバーワンのプロゴルファー決定戦と位置づけている。なお、2008年は日本ゴルフツアー機構(JGTO)初の海外興行として、アジアンツアーと共催したパインバレー北京オープンも開催された(2009年も開催予定だったが中止となった)。アジアパシフィック・パナソニックオープン フレッシュアイペディアより)

  • 東建ホームメイトカップ

    東建ホームメイトカップから見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    東建ホームメイトカップ(Token Homemate Cup)はJAPANゴルフツアーの開幕戦で、毎年4月(3月中旬に行われた年もある)に行われている男子ゴルフトーナメントであり、その名の通り、東建コーポレーションの主催で行われている。東建ホームメイトカップ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルファー

    ゴルファーから見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    ザ・レジェンド・チャリティ プロアマゴルフトーナメント(主催:日本ゴルフツアー機構ゴルファー フレッシュアイペディアより)

  • 深堀圭一郎

    深堀圭一郎から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    2007年シーズンには、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の選手会長に就任。深堀圭一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ゴルフツアーの主な優勝者

    日本ゴルフツアーの主な優勝者から見た日本ゴルフツアー日本ゴルフツアー機構

    日本ゴルフツアーの主な優勝者(にほんゴルフツアーのおもなゆうしょうしゃ)、ここでは1973年から始まった日本ゴルフツアーで通算10勝以上あげているゴルファーをとりあげる。日本ゴルフツアーの公式サイトでは1985年以降の優勝についてしか記載されていないがここでは全てを取り上げる。日本ゴルフツアーの主な優勝者 フレッシュアイペディアより)

  • 額賀辰徳

    額賀辰徳から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    大学卒業後の2006年にプロ転向し、同年4月20日のつるやオープンでJGTOのレギュラーツアーデビュー。しかし、同年は出場5試合に全て予選落ち、2007年は4試合出場で、同年の最終出場となった9月のANAオープンで初の予選通過、賞金25万8000円を獲得した。2008年も出場4試合、予選通過は1試合(賞金126万円)にとどまったが、5月には自身初のメジャー大会となる日本プロゴルフ選手権出場を果たした。レギュラーツアーの出場は主催者推薦などに限られていたため、その間、下部ツアーのチャレンジツアーを主戦場としていた。2008年は4月にPRGR CUPで優勝するなど活躍し、ついにチャレンジツアー賞金ランキング6位となった。これにより、レギュラーツアー出場権を獲得、2009年はフル参戦している。2009年は6月21日まで、全6試合に出場、予選通過も3試合で賞金は225万9000円と成長著しい。額賀辰徳 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ日韓対抗戦

    ゴルフ日韓対抗戦から見た日本ゴルフツアー機構日本ゴルフツアー機構

    2004年、日本ゴルフツアー機構(JGTO)と韓国プロゴルフツアー(KGPT)が初めて「国別対抗戦」を行なうことで合意し、同年9月に韓国の江原道平昌郡の「ヨンピョン・バーチヒルズカントリークラブ」を会場に「ヨンピョン・バーチヒルズカップ日韓ゴルフ対抗戦」として2日間の日程で行なわれた。ゴルフ日韓対抗戦 フレッシュアイペディアより)

151件中 81 - 90件表示

「日本ゴルフツアー機構」のニューストピックワード