34件中 21 - 30件表示
  • 山極寿一

    山極寿一から見た日本モンキーセンター日本モンキーセンター

    東京都出身。国立市立国立第一中学校、都立国立高校を経て、京都大学理学部卒、同大学院理学研究科博士課程修了。理学博士(1987年)。カリソケ研究センター客員研究員、日本モンキーセンターリサーチフェロー、京都大学霊長類研究所助手、京都大学大学院理学研究科助教授を経て、同研究科教授。河合隼雄学芸賞選考委員などを務めている。山極寿一 フレッシュアイペディアより)

  • 伊谷純一郎

    伊谷純一郎から見た日本モンキーセンター日本モンキーセンター

    1951年4月 - 日本モンキーセンター専任研究員伊谷純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学霊長類研究所

    京都大学霊長類研究所から見た日本モンキーセンター日本モンキーセンター

    1965年7月 文部省学術奨励審議会学術研究体制分科会が文部大臣に対し、霊長類研究所を京都大学に全国共同利用研究所として附置し、愛知県犬山市の日本モンキーセンター隣接地に設置することを答申京都大学霊長類研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 人間動物園

    人間動物園から見た日本モンキーセンター日本モンキーセンター

    このような『人間も動物の仲間である』という動物観に基づいて行う人間の展示が、過去の人間動物園のように社会進化論の影響として批判・議論されることはない。例えば、日本モンキーセンターには人間が檻に入っているように撮影できる所があることが知られている。同施設の設立理由は人間動物園 フレッシュアイペディアより)

  • アライグマ

    アライグマから見た日本モンキーセンター日本モンキーセンター

    北米原産であるアライグマは日本には生息していなかったが、日本国内で初めての野外繁殖が確認されたのは1960年代のことである。始まりは愛知県犬山市にある日本モンキーセンターが1961年に飼育し始めたアライグマのうち12頭が翌年に脱走し、ほとんどが回収されたが2頭のオス(一部ではメスとの報告もある)が未回収となったことで、その翌年の1963年には付近の農家から「尻尾に縞模様のあるタヌキ」の目撃情報があった。その後、しばらく経過した1977年に犬山市と隣接する岐阜県可児市で住民がアライグマを捕獲し、野生化が正式に確認された。そのアライグマを捕獲した住人は、アライグマの繁殖を試み始め、1982年には30-40頭を野外へ放している。北海道でも1979年に恵庭市で飼育個体の約10頭が逃亡し、付近の酪農地帯に定着した。関東では鎌倉市の豊かな自然に一定数の繁殖が見られ、この地域ではタイワンリスに並んで最も見かけることの多い野生化動物であるが、天敵のいない限定的な自然条件が棲息に適しているとも言われ、市の公報でも被害や注意喚起が掲載されることがたびたびある。アライグマ フレッシュアイペディアより)

  • 犬山市立図書館

    犬山市立図書館から見た日本モンキーセンター日本モンキーセンター

    1993年3月、犬山市官林にある京都大学霊長類研究所から霊長類に関する文献の寄贈を受けた。これらの文献を中心に、同じく犬山市官林にある日本モンキーセンターからの寄贈書や、独自に購入した図書を合わせて、同年7月21日に霊長類に関する文献を集めた「サル文庫」を設置した。約750冊の蔵書を有する。サルに関連する文献を収集している図書館は全国的に見て珍しく、「サルに関する本は犬山市立図書館」と称されている。犬山市立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 渋沢敬三

    渋沢敬三から見た日本モンキーセンター日本モンキーセンター

    1956年(昭和31年) - 文化放送会長、KDD会長、日本モンキーセンター初代会長に就任。渋沢敬三 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た日本モンキーセンター日本モンキーセンター

    2014年7月2日には直後の名古屋場所に向けた験担ぎとして愛知県犬山市の日本モンキーセンターを訪れ、41歳になるニシローランドゴリラのタロウと2年ぶり3度目の対面を果たし、そのおりの中に育っている「奇跡のみかん」の枝を貰った。20年以上前にタロウのふんに混じっていた種が芽を出し、奇跡的に実を結んだ甘夏の枝であり、その確率は18粒(平均的な甘夏の種の数)×10個(一日に与える甘夏の数)×365日×30年(創設以来の年数)=197万1000粒に1つ(モンキーセンター計算)という。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 孫悟空

    孫悟空から見た日本モンキーセンター日本モンキーセンター

    中国西部の陝西省やチベットなどに生息するキンシコウを研究する日本モンキーセンター世界サル類動物園長の小寺重孝が、NHKの動物の生態を紹介するテレビ番組『ウォッチング』で、「美猴王」を名乗った孫悟空のモデルにふさわしい美しいサルであり、もしかしたらこれがモデルなのかもしれないと紹介した。後に『アサヒグラフ』1985年3月29日号にて、小寺重孝本人も勘違いと認めているが世間に広まったためひっこみがつかなくなっているという談話が掲載されている。『西遊記』そのものを研究している中国文学研究者は、作中描写から判断するとマカク属のアカゲザルである可能性が高いとする説を提唱しており、例えばニホンザルと異なり水泳を好むアカゲザルの生態などが巧みに『西遊記』の中に描写されていることなどを指摘している。孫悟空 フレッシュアイペディアより)

  • サル

    サルから見た日本モンキーセンター日本モンキーセンター

    日本モンキーセンター(愛知県犬山市に存在するサル類専門の動物園)サル フレッシュアイペディアより)

34件中 21 - 30件表示

「日本モンキーセンター」のニューストピックワード