前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
219件中 1 - 10件表示
  • 日本サッカー協会

    日本サッカー協会から見た日本スポーツ協会日本スポーツ協会

    サッカーに関する上位組織としては国際サッカー連盟(FIFA)およびアジアサッカー連盟(AFC)にそれぞれ所属している。日本サッカー協会はアジアサッカー連盟(AFC)創設(1954年5月8日)メンバーであり、創設年の10月にAFCに加盟している。また、上位組織ではないが、周辺7協会と共に2002年5月28日に東アジアサッカー連盟(EAFF)を創設し、同時に加盟している。オリンピック競技ないしはスポーツの一つとして国際オリンピック委員会(IOC) - 公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)・公益財団法人日本スポーツ協会にも所属する。日本サッカー協会の下位組織としては日本国内を大きくブロックに分けた9地域(北海道・東北・関東・北信越・東海・関西・中国・四国・九州)のサッカー協会と、各都道府県毎に置かれた46の都府県(北海道は地域の協会も兼ねる)サッカー協会を有し、国内トップリーグであるJリーグの1部(J1)所属チームから、社会人、学生チームなどのアマチュアチームに至るまで、必ずいずれかの都道府県サッカー協会に所属するかたちとなっている。日本サッカー協会 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本弓道連盟

    全日本弓道連盟から見た日本体育協会日本スポーツ協会

    公益財団法人全日本弓道連盟(ぜんにっぽんきゅうどうれんめい)は、日本国内における弓道競技の大部分を統括する団体。内閣府所管の公益財団法人である。全国の地方連盟を加盟団体としている。全日本弓道連盟は日本武道協議会、日本体育協会、日本オリンピック委員会、国際弓道連盟に加盟している。略称は全弓連、または日弓連。(以下、本稿では全弓連と略す。)全日本弓道連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年東京オリンピック

    1964年東京オリンピックから見た日本体育協会日本スポーツ協会

    また国民の五輪への関心を高めるために、日本放送協会 (NHK)がオリンピック東京大会組織委員会、日本体育協会、東京都の後援で製作したのが以下の音頭と愛唱歌で、1963年6月23日に発表されてレコード会社各社から競作で吹き込み発売された。1964年東京オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 日本オリンピック委員会

    日本オリンピック委員会から見た日本スポーツ協会日本スポーツ協会

    JOCはIOCの日本での窓口として、また、日本におけるオリンピック・ムーブメントを推進する組織としてオリンピック競技大会やアジア大会などの国際総合競技大会への選手派遣事業を行う。1911年の大日本体育協会の設立と共に、長く日本体育協会(現:日本スポーツ協会)の一委員会であったが、1989年8月7日、財団法人日本オリンピック委員会として、独立した法人となった。2011年4月1日には公益財団法人へと移行した。日本オリンピック委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本スポーツチャンバラ協会

    日本スポーツチャンバラ協会から見た日本体育協会日本スポーツ協会

    公益社団法人日本スポーツチャンバラ協会(にっぽんスポーツチャンバラきょうかい、)は、日本におけるスポーツチャンバラ競技を統括し、指導員及び審判員養成講習会、競技会の開催を通じて、スポーツチャンバラを促進するために活動する公益法人。日本体育協会、日本レクリエーション協会、国際スポーツチャンバラ協会に加盟している。日本スポーツチャンバラ協会 フレッシュアイペディアより)

  • 少林寺拳法連盟

    少林寺拳法連盟から見た日本体育協会日本スポーツ協会

    一般財団法人少林寺拳法連盟(しょうりんじけんぽうれんめい)は、少林寺拳法グループを構成する5団体の一つ。日本国内における少林寺拳法を統括する団体である。特例民法法人から移行した一般財団法人で、旧所管は文部科学省スポーツ・青少年局競技スポーツ課。日本武道協議会、日本体育協会に加盟している。少林寺拳法連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアマチュア野球

    日本のアマチュア野球から見た日本体育協会日本スポーツ協会

    元々、日本では社会人・大学・高校・専門学校・少年・学童での野球は独自に発展した歴史があり、長い間、別々に運営されてきた経緯がある。このような事情から、同じ高校生対象でも、男子と女子が別で、女子の中でも硬式と軟式は管轄が別であったり、同じ硬式野球でも、大学と専門学校も上部組織が全く無関係であったり(後述一覧参照)、アマチュア野球と一言に言っても、実際には様々な団体が存在する。国際大会出場に関する日本オリンピック委員会(以下JOC)や日本体育協会(以下、体協)との関係も様々で、国体やアジア競技大会への参加には体協への加盟が必要だが、オリンピック出場にはJOCに加盟していれば可能となるため、その加盟情況も複雑になっている。先の全日本アマチュア野球連盟もJOCや国際野球連盟には加盟はしているが体協には加盟していない。日本のアマチュア野球 フレッシュアイペディアより)

  • 田畑政治

    田畑政治から見た日本体育協会日本スポーツ協会

    1939年には、日本水泳連盟(当時の名称は大日本水上競技連盟)会長・末弘厳太郎が大日本体育会(戦後の日本体育協会)理事長に就任したことから、会長を支えるべく新たに設けられた理事長に就任。戦後の1948年には日本水泳連盟の会長に就任、同年のロンドンオリンピック参加を断られた当時の日本代表(古橋廣之進・橋爪四郎ら)の実力を見せつけるべく、日本選手権の決勝をロンドン五輪と同日開催とするなどの策士ぶりを発揮、翌1949年の国際水泳連盟(FINA)復帰につなげるなど、大胆な組織運営を行った。田畑政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本サッカー協会ビル

    日本サッカー協会ビルから見た日本体育協会日本スポーツ協会

    1921年9月10日、大日本蹴球協會(現日本サッカー協会)が誕生し、東京府京橋区宗十郎町(現在の中央区西銀座付近)にあった大日本体育協会(現日本体育協会)第2代会長岸清一(日本スポーツ界発展に尽力し、日本の「近代スポーツの父」と呼ばれている)の法律事務所内体協事務所を間借りして活動を開始した。関東大震災では岸清一邸を借りるなど、岸清一からの間借りは10年に渡って続いた。その後、9年間は岸清一とは関わりのない場所を借りていたが、岸清一の遺言により100万円(現在の28億円程に当たる)が寄付され1940年に東京府神田駿河台に建設された岸記念体育会館に、1941年に移転した。以来、協会は53年間もの長きにわたり、岸記念体育会館の一室を間借りしていた(1964年に岸記念体育会館が新築に伴い移転した際も、一緒に移転した)。この53年間で1947年4月1日に大日本蹴球協會から日本蹴球協会へ名称変更、1942年4月には戦況悪化で大日本體育協會が財団法人大日本体育会に再編成され、他競技団体と共にその部会(蹴球部会)となり協会が一時消滅、1974年8月31日に財団法人になり、日本サッカー協会へ名称変更(協会誕生より53年間の任意団体状態から脱却)と一時消滅した時期も合わせ3回名称が変わり、さらに1993年5月15日には日本初のプロサッカーリーグJリーグが開幕した。初年度のJリーグブームにより、収入が増大したことにより、1994年に東京都渋谷区道玄坂のオフィスビル五島育英会ビル2階に移転した。さらに5年後の1999年には、同じ渋谷区道玄坂の渋谷野村ビル3階に移転した。このビルの年間賃料は1億円を超えていたという。日本サッカー協会ビル フレッシュアイペディアより)

  • 野津謙

    野津謙から見た日本体育協会日本スポーツ協会

    1925年(大正14年)大日本体育協会理事、1927年(昭和2年)最年少の29歳で専務理事となり、1928年(昭和3年)アムステルダムオリンピック、1932年(昭和7年)ロサンゼルスオリンピックに日本選手団・本部役員として連続参加。この間欧州の医業も見学。小児科に於ける日本の予防医学の遅れを痛感。またアムステルダム五輪期間中、当時アムステルダムに事務所のあった国際蹴球連盟(FIFA)を岸清一大日本体育協会会長と共に訪れ、大日本蹴球協会のFIFA加盟を申請。1929年(昭和4年)、第18回FIFA総会で正式に加盟承認。当時の加盟国の数は39カ国だった。同年、大日本蹴球協会の理事改選で新田純興ら大学系理事と、それまで協会を牛耳っていた師範系幹部の追い落としを計り、以降、大学勢が協会の主導権を握る。野津謙 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
219件中 1 - 10件表示

「日本体育協会」のニューストピックワード