297件中 11 - 20件表示
  • 少林寺拳法連盟

    少林寺拳法連盟から見た日本体育協会日本体育協会

    一般財団法人少林寺拳法連盟(しょうりんじけんぽうれんめい)は、少林寺拳法グループを構成する5団体の一つ。日本国内における少林寺拳法を統括する団体である。特例民法法人から移行した一般財団法人で、旧所管は文部科学省スポーツ・青少年局競技スポーツ課。日本武道協議会、日本体育協会に加盟している。少林寺拳法連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本バスケットボール協会

    日本バスケットボール協会から見た日本体育協会日本体育協会

    1945年 日本籠球協会として再発足、日本体育協会に加盟日本バスケットボール協会 フレッシュアイペディアより)

  • 山口久太

    山口久太から見た日本体育協会日本体育協会

    山口 久太(やまぐち ひさた、1911年 - 1993年)は、日本の教育者。元日本体育協会副会長、八千代松陰中学校・高等学校創立者。山口久太 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アンチ・ドーピング機構

    日本アンチ・ドーピング機構から見た日本体育協会日本体育協会

    世界の反ドーピング運動の流れを汲んで、日本オリンピック委員会(JOC)、日本体育協会(JASA)、日本プロスポーツ協会(JPSA)を中心にして、2001年(平成13年)創立された。日本アンチ・ドーピング機構 フレッシュアイペディアより)

  • 安西孝之

    安西孝之から見た日本体育協会日本体育協会

    1991年4月:財団法人日本体育協会監事に就任。安西孝之 フレッシュアイペディアより)

  • 八田一朗

    八田一朗から見た日本体育協会日本体育協会

    早大在学中の1929年、所属した柔道部がアメリカ遠征を行うがレスリングに敗北。負けたことで1931年、八田は同志数名と大学にレスリング部を創設した。これが日本のレスリングの始まりである。レスリング部創設に時間がかかったのは、柔道家でありながらレスリングを重要視するなど、船来かぶれの異端者と周囲の迫害が激しかったためである。当時、八田は体育協会から派遣されて嘉納治五郎の秘書をしていたが、嘉納からは「レスリングを始めるのもよいが、五十年かかるよ」と言われたという。八田は嘉納の言葉を宝物のように心にとどめた。八田の晩年の弟子・松浪健四郎は、「生まれ故郷の柔道界に敵対心を持ち続けることで、己の闘志を鼓舞させ、不退転の決意を持続させることができたのではないか」と述べている。八田一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 野津謙

    野津謙から見た日本体育協会日本体育協会

    1925年(大正14年)大日本体育協会理事、1927年(昭和2年)最年少の29歳で専務理事となり、1928年(昭和3年)アムステルダムオリンピック、1932年(昭和7年)ロサンゼルスオリンピックに日本選手団・本部役員として連続参加。この間欧州の医業も見学。小児科に於ける日本の予防医学の遅れを痛感。またアムステルダム五輪期間中、当時アムステルダムに事務所のあった国際蹴球連盟(FIFA)を岸清一大日本体育協会会長と共に訪れ、大日本蹴球協会のFIFA加盟を申請。1929年(昭和4年)、第18回FIFA総会で正式に加盟承認。当時の加盟国の数は39カ国だった。同年、大日本蹴球協会の理事改選で新田純興ら大学系理事と、それまで協会を牛耳っていた師範系幹部の追い落としを計り、以降、大学勢が協会の主導権を握る。野津謙 フレッシュアイペディアより)

  • 第24回国民体育大会

    第24回国民体育大会から見た日本体育協会日本体育協会

    7月6日 - 日本体育協会が国体委員会総会で、第24回国体開催地を長崎県に内定。第24回国民体育大会 フレッシュアイペディアより)

  • 多田徳雄

    多田徳雄から見た大日本体育協会日本体育協会

    1927年第8回極東選手権の予選会は大日本体育協会(日本体育協会)が行うと発表した。このため、多田(関西排球協会代表理事)は、体協の薬師寺主事に統括団体設立の意思あることを述べ、とりあえず全日本予選を大阪で開催すること、この大会を日本体育協会主催で関西排球協会後援として一任することを上京して直接交渉した。その結果、関東、東海、関西の3地区で予選を行い、その決勝を大阪で行うことを決めた。このときに統括団体の必要が切実に考えられ、多田は薬師寺体協主事、柳田享、坂本郵次の3氏と会合し、統括機関の設立を協議することにした。これによって大日本排球協会(日本バレーボール協会)暫定会則が起草され、その後も折衝を重ねて1927年7月、大日本排球協会創立に発展させた。会長・副会長は欠員として多田は筆頭理事となり、大日本体育協会協会に加盟、神戸に本部を置いた。同年、大日本体育協会の改組・新発足ではバレーボール界、唯一の理事に就任している。多田徳雄 フレッシュアイペディアより)

  • 多田徳雄

    多田徳雄から見た日本体育協会日本体育協会

    1927年第8回極東選手権の予選会は大日本体育協会(日本体育協会)が行うと発表した。このため、多田(関西排球協会代表理事)は、体協の薬師寺主事に統括団体設立の意思あることを述べ、とりあえず全日本予選を大阪で開催すること、この大会を日本体育協会主催で関西排球協会後援として一任することを上京して直接交渉した。その結果、関東、東海、関西の3地区で予選を行い、その決勝を大阪で行うことを決めた。このときに統括団体の必要が切実に考えられ、多田は薬師寺体協主事、柳田享、坂本郵次の3氏と会合し、統括機関の設立を協議することにした。これによって大日本排球協会(日本バレーボール協会)暫定会則が起草され、その後も折衝を重ねて1927年7月、大日本排球協会創立に発展させた。会長・副会長は欠員として多田は筆頭理事となり、大日本体育協会協会に加盟、神戸に本部を置いた。同年、大日本体育協会の改組・新発足ではバレーボール界、唯一の理事に就任している。多田徳雄 フレッシュアイペディアより)

297件中 11 - 20件表示

「日本体育協会」のニューストピックワード