297件中 21 - 30件表示
  • 前田豊

    前田豊から見た日本体育協会日本体育協会

    前田 豊(まえだ ゆたか、1915年9月25日 - 1997年1月11日)は、日本のバレーボール選手(日本代表)、指導者。バレーボール全日本男子監督、バレーボール全日本女子初代監督、日本バレーボール協会副会長、国際バレーボール連盟(FIVB)副会長、アジアバレーボール連盟会長。日本体育協会理事。日本文化出版創業・社長など多くの要職に就き“バレー界の天皇”とも言われた。前田豊 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田明

    藤田明から見た日本体育協会日本体育協会

    日本体育協会理事、日本オリンピック委員会(JOC)常任委員などの活動で水泳以外のアマチュアスポーツ界の発展にも寄与する。1976年モントリオールオリンピック日本選手団副団長を務めた。多忙の河野謙三団長に代わり全期間を選手村に滞在し実質団長役を務めた。1982年アジア競技大会日本選手団団長を務める。競技会があると全国津々浦々、まめに顔を出してプールサイドに陣取り、ストップウオッチを片手に一喜一憂する行動する会長として有名だったが、1980年のモスクワオリンピックでのボイコット問題時には、政治的介入にいち早く猛反発「泳いででも行く」と、あらゆる席で参加論の口火を切って主張し硬骨漢ぶりを見せ付けた。しかし同調するものが少数で、政府から体協に補助金を出さない、自衛隊や公務員の選手には旅券を出さない、等々の圧力をかけられ、河野謙三体協会長まで政府側に屈服して押し切られてしまった。藤田明 フレッシュアイペディアより)

  • 青木半治

    青木半治から見た日本体育協会日本体育協会

    青木 半治(あおき はんじ 1915年7月16日 - 2010年5月30日)は日本のスポーツ指導者、日本陸上競技連盟第5代会長。日本体育協会第11代会長。また国際陸上競技連盟とアジア陸上競技連盟でも役員を歴任し、副会長を務めた。後に終身名誉副会長。青木半治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本自転車競技連盟

    日本自転車競技連盟から見た日本体育協会日本体育協会

    1949年 - 日本自転車連盟が「日本自転車競技連盟 (JKR)」に改称、UCIに再加盟。日本体育協会規則により連盟はプロを統括できず(アマチュア規定)、UCIは一国一連盟の原則を採ったため、プロはUCIに加盟できなかった。日本自転車競技連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 八千代松陰中学校・高等学校

    八千代松陰中学校・高等学校から見た日本体育協会日本体育協会

    校名は幕末の思想・教育家、吉田松陰に由来。吉田松陰の松下村塾をモデルとし、地元の名士江口一雄(元衆議院議員)が土地を創立者山口久太(元日本体育協会副会長)に無償で提供した。略して「松陰」や「八千代松陰」と呼ばれる事が多く、生徒は「松陰生」と呼ばれている。体育教師で日本体育協会の副会長を務めた山口が文武両道を奨励した。桐蔭学園をモデルにしていた。質実剛健を重んじると共に、「さわやか」、「はつらつ」、「ひたむき」を松陰人間教育の3大柱にしている。創立30周年を迎えた進学校である。八千代松陰中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中村和彦 (発育発達学者)

    中村和彦 (発育発達学者)から見た日本体育協会日本体育協会

    他に、文部科学省中央教育審議会スポーツ・青少年分科会スポーツ振興に関する特別委員会委員、文部科学省小学校学習指導要領解説体育編作成協力者、日本体育協会ジュニアスポーツ指導員部会部会長、日本オリンピック委員会(JOC)ゴールドプラン専門委員会委員、NHK教育テレビ番組「からだであそぼ」「あさだ!からだ!」監修など。『子どものからだが危ない』(日本標準)など著書多数。中村和彦 (発育発達学者) フレッシュアイペディアより)

  • 少年野球

    少年野球から見た日本体育協会日本体育協会

    日本体育協会は少年スポーツについてスポーツを通じた心身の健全育成を第一目標としており、スポーツ少年団とその団員および家族などに、次のような社会活動へも積極的に参加するよう呼びかけている。少年野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本サッカー協会ビル

    日本サッカー協会ビルから見た日本体育協会日本体育協会

    1921年9月10日、大日本蹴球協會(現日本サッカー協会)が誕生し、東京府京橋区宗十郎町(現在の中央区西銀座付近)にあった大日本体育協会(現日本体育協会)第2代会長岸清一(日本スポーツ界発展に尽力し、日本の「近代スポーツの父」と呼ばれている)の法律事務所内体協事務所を間借りして活動を開始した。関東大震災では岸清一邸を借りるなど、岸清一からの間借りは10年に渡って続いた。その後、9年間は岸清一とは関わりのない場所を借りていたが、岸清一の遺言により100万円(現在の28億円程に当たる)が寄付され1940年に東京府神田駿河台に建設された岸記念体育会館に、1941年に移転した。以来、協会は53年間もの長きにわたり、岸記念体育会館の一室を間借りしていた(1964年に岸記念体育会館が新築に伴い移転した際も、一緒に移転した)。この53年間で1947年4月1日に大日本蹴球協會から日本蹴球協会へ名称変更、1942年4月には戦況悪化で大日本體育協會が財団法人大日本体育会に再編成され、他競技団体と共にその部会(蹴球部会)となり協会が一時消滅、1974年8月31日に財団法人になり、日本サッカー協会へ名称変更(協会誕生より53年間の任意団体状態から脱却)と一時消滅した時期も合わせ3回名称が変わり、さらに1993年5月15日には日本初のプロサッカーリーグJリーグが開幕した。初年度のJリーグブームにより、収入が増大したことにより、1994年に東京都渋谷区道玄坂のオフィスビル五島育英会ビル2階に移転した。さらに5年後の1999年には、同じ渋谷区道玄坂の渋谷野村ビル3階に移転した。このビルの年間賃料は1億円を超えていたという。日本サッカー協会ビル フレッシュアイペディアより)

  • 森孝慈

    森孝慈から見た日本体育協会日本体育協会

    実父は元教師・広島県庁および日本体育協会職員で、原爆被災後の広島市内の様に衝撃を受け、街をうろつく原爆孤児を引き取り、戦後広島湾・似島に似島学園を設立したことで知られる森芳麿。実兄は日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)創設へ大きな舵取り役を果たした森健兒。森孝慈 フレッシュアイペディアより)

  • 日本陸上競技連盟

    日本陸上競技連盟から見た大日本体育協会日本体育協会

    陸上競技の競技団体として1925年3月に創立総会を東京で開催し成立。1928年8月大日本体育協会に代わる日本国内統括団体として国際陸上競技連盟より承認を受ける。第二次世界大戦後、1945年12月に日本陸上競技連盟となる。陸上競技の普及・振興を主たる目的とし、日本陸上競技選手権大会など日本国内開催の競技会を主催、競技規則制定、指導者・審判員育成、用器具・施設の公認、日本記録公認と世界記録申請などを行っている。オリンピック・世界陸上競技選手権大会など国際大会の日本代表を選定し派遣する。日本陸上競技連盟 フレッシュアイペディアより)

297件中 21 - 30件表示