297件中 81 - 90件表示
  • 鈴木房重

    鈴木房重から見た日本体育協会日本体育協会

    その後、1936年ベルリンオリンピックのマラソンの日本代表となる。このとき、選考レースの記録が低調だったことから代表候補が出場枠の3人に絞り込まれず、鈴木のほか、孫基禎・南昇龍・塩飽玉男の4人を候補に選び、ベルリンの現地で直前予選をおこなって代表を決めることになった。マラソン代表は本番から1ヶ月以上前の6月17日にベルリン入りしてトレーニングに入ったが、鈴木はその1週間後に高熱を発して10日ほど入院し、それで体調をすっかり崩してしまう。7月22日の現地予選(30km)では途中棄権に終わり、マラソン代表の選から漏れて急遽10000mに回ることになった。マラソンコーチを務めた佐藤秀三郎によると、鈴木は食事や気候の変化に弱く、育ちのよさと真面目さが目立ちすぎたという。10000mに村社と共にエントリーしたが記録は残っていない。大日本体育協会によるベルリン五輪の公式報告書の10000m競走の項目には「マラソンの出場にもれた鈴木は不馴なトラック競技によく健闘したと云えよう」と記されている。『日本陸上競技連盟七十年史』によると、栃木陸上競技協会のオリンピック代表選手としてその名が残されている。鈴木房重 フレッシュアイペディアより)

  • 羽田運動場

    羽田運動場から見た大日本体育協会日本体育協会

    1911年(明治44年)には、ストックホルムオリンピックの予選会会場に使用するため、それまで自転車練習場だった場所が400mトラックと競技場に改修される。これは、大日本体育協会の大森兵蔵総務理事が、毎年競技会を開くことを条件に京浜電鉄に認めさせたものであった(ただし、実際にはその後競技会は行われていない)。この予選会では、三島弥彦と金栗四三の2人が代表として選出された。羽田運動場 フレッシュアイペディアより)

  • アスレティックトレーナー

    アスレティックトレーナーから見た日本体育協会日本体育協会

    日本では、アスレティックトレーナーは国家資格ではなく団体の認定資格であり、資格としての法規制はない。国内の認定組織は、日本体育協会とジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の2種類が存在する。ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会は柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士、作業療法士向けの認定資格である。一方、柔道整復師や理学療法士といった国家資格とともに日本体育協会認定資格を取得する人もいる。こうした流れにより、高齢者など一般患者のリハビリへの応用も徐々に行われている。アスレティックトレーナー フレッシュアイペディアより)

  • 似島学園

    似島学園から見た日本体育協会日本体育協会

    学園創設者・森芳麿は、日本サッカー協会特別顧問・森健兒、元サッカー日本代表監督・森孝慈の実父。戦時中、日本体育協会の職員として広島市内に勤務していたが、原爆投下の直前、東京に転勤。原爆に遭わなかったことで「生かされた命を、身寄りのない原爆孤児に捧げる」と決意し同学園を設立した。しかし1956年、公金流用の嫌疑で勾留されたことを恥じ、釈放後「公職の立場にあって子供たちに済まない」と自ら命を絶った。似島学園 フレッシュアイペディアより)

  • スイミングスクール

    スイミングスクールから見た日本体育協会日本体育協会

    これらの教育に携わる者について法律的な制限はないが、日本体育協会の認定する資格として「水泳教師」「水泳上級教師」、日本スイミングクラブ協会が認定する資格として「水泳インストラクター」資格がある。この他にも事故発生時の対応のために救急法の講習を受けた者などが望ましい。スイミングスクール フレッシュアイペディアより)

  • 古川彰治

    古川彰治から見た日本体育協会日本体育協会

    近畿大学法学部法律学科卒業、プロテニスプレーヤーとして、兵庫県を中心にテニススクールの運営や指導にあたる。テニススクールの運営・管理会社である株式会社古川テニス企画代表取締役、株式会社コアスポーツコーポレーション代表取締役社長。財団法人日本テニス協会普及委員、関西テニス協会理事、兵庫県テニス協会元副理事長、宝塚市テニス協会理事長を勤める。財団法人日本体育協会公認テニスマスター教師、JPTAプロフェッショナル1、ミズノ株式会社テニスアドバイザリープロスタッフ。古川彰治 フレッシュアイペディアより)

  • ミズノスポーツメントール賞

    ミズノスポーツメントール賞から見た日本体育協会日本体育協会

    ミズノスポーツメントール賞は、ミズノスポーツ振興会・日本体育協会・日本オリンピック委員会の共催によるスポーツ指導者への表彰制度である。ミズノスポーツメントール賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本セーリング連盟

    日本セーリング連盟から見た日本体育協会日本体育協会

    財団法人日本セーリング連盟(にほんセーリングれんめい)は、日本におけるセーリングを統括する団体である。日本オリンピック委員会、日本体育協会加盟団体。日本セーリング連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 学生スポーツ

    学生スポーツから見た日本体育協会日本体育協会

    一方、競技の歴史が比較的浅い新しいスポーツ競技や競技人口が少ないスポーツは、報道メディアなどでの紹介が契機で普及が始まったものが多く、そういう場合は参加者・競技者の年齢や所属に拘らない競技として広まる傾向にあるので、運営組織は最初から全国的あるいはかなり広範囲を対象にしたものになり、そこが主導で競技の普及を進める場合が多い。このケースでは、学生固有の独立した組織は未整備に近い状態になる場合が多く、各地域・都道府県の協会・連盟内部に「学生部」や「学生委員会」が置かれてそこが運営主体となる。また競技の歴史が古い種目のものでも、体協に早い時期から加盟して、その下で普及を進めた競技の運営団体も、同様に全国的には地域毎運営が主体の完全ピラミッド型の形態になっている傾向が強い。(例:水泳、体操、武道系の競技など。)学生スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 全日本なぎなた連盟

    全日本なぎなた連盟から見た日本体育協会日本体育協会

    財団法人全日本なぎなた連盟(ぜんにほんなぎなたれんめい)は、日本国内におけるなぎなたの統括団体。文部科学省スポーツ・青少年局競技スポーツ課所管の財団法人である。日本武道協議会、日本体育協会、国際なぎなた連盟に加盟している。全日本なぎなた連盟 フレッシュアイペディアより)

297件中 81 - 90件表示

「日本体育協会」のニューストピックワード