前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • イオンコミュニティ銀行

    イオンコミュニティ銀行から見た日本振興銀行日本振興銀行

    第二日本承継銀行として、預金保険機構により、2004年(平成16年)3月1日に設立され、2011年(平成23年)4月25日に日本振興銀行の受け皿として事業譲渡を受け業務を開始した。その後、イオン銀行に売却され、改名した。イオンコミュニティ銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 木村剛 (コンサルタント)

    木村剛 (コンサルタント)から見た日本振興銀行日本振興銀行

    元金融庁顧問。KPMGフィナンシャルサービスコンサルティング(現・株式会社フィナンシャル)株式会社社長、KFi株式会社代表取締役社長、ナレッジフォア株式会社代表取締役社長、日本振興銀行社長・会長を歴任した。木村剛 (コンサルタント) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の経済

    2010年の経済から見た日本振興銀行日本振興銀行

    警視庁が日本振興銀行を銀行法違反容疑で家宅捜索。2010年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • SFCG

    SFCGから見た日本振興銀行日本振興銀行

    親会社は、長らく創業者の大島健伸の資産管理会社である株式会社KEホールディングスや株式会社ケン・エンタープライズであった(出資構造は時々変更があった)。しかし、民事再生申立て(後述)に先立つ2009年2月18日に、日本振興銀行株式会社が、SFCGの債務の物上保証として、親会社の株式会社KEホールディングスが担保提供していたSFCG株(約11%相当)について、担保権を実行したため、同銀行が第2位の株主となり、株式会社KEホールディングスは親会社ではなく「その他関係会社」に該当することとなった(筆頭株主ではある)。外国人持株比率が2007年時点で22%であり、SFCGによれば「圧倒的な外国人持株比率」と主張している 。SFCG フレッシュアイペディアより)

  • 新たな形態の銀行

    新たな形態の銀行から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2005年7月25日付で、フルキャストホールディングス(当時は、持株会社化する前のフルキャスト旧法人)の完全子会社として、銀行設立準備会社「株式会社フルキャストパートナーズ」を設立を発表し、若年層向けの個人向けサービスや中小企業・ベンチャー企業向け融資を主力とした銀行設立の構想を発表し、2006年をめどに開業を目指していた(パートナーズ社の設立は、2005年8月15日)。したがって、業態としてはインターネット専業銀行と後述する日本振興銀行や新銀行東京のような中小企業融資主体銀行の中間に位置するものを構想していた。開業に当たり、銀行法上の主要株主は持たず、フルキャストグループとのパートナー企業によるコンソシアム型で株主を集める方針としてきたが、2006年1月23日付で、既存の銀行の収益回復などの要因もあり、予定した銀行の収益基盤の確立に不確実性が増したことと、個人向け事業については当時のフルキャストファイナンスの事業によってある程度カバー可能であったことを理由に、結果的には頓挫し、すでに貸金業を営んでおり個人向けの事業についてはその予定の一部に重複する事業を手がける、フルキャストファイナンス(後のフォーメイト)へ金融関連の業務を一本化することになった。このため、2006年6月1日付で、フルキャストパートナーズは、実体ある事業のないまま設立から1年もたたない段階でフルキャストファイナンスへ吸収合併されている。新たな形態の銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 江上 剛

    江上剛から見た日本振興銀行日本振興銀行

    江上 剛(えがみ ごう、1954年1月7日 - 、本名小畠晴喜(こはた はるき))は、兵庫県氷上郡山南町(現・丹波市)出身の日本の作家、コメンテーター、日本振興銀行元・取締役兼代表執行役社長。江上剛 フレッシュアイペディアより)

  • 預金保険機構

    預金保険機構から見た日本振興銀行日本振興銀行

    承継する金融機関への援助はペイオフコスト内の金額であり、それを越えた分は事業譲渡の契約にもよるが財産の状況によりカットされることがある。2002年の中部銀行の破綻までは金融危機に伴うペイオフ凍結下、もしくは預金保険の支出がペイオフコスト範囲内として処理されたため全額保護されたが、2010年の日本振興銀行の例ではペイオフコスト内の金額に限定された。預金保険機構 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚耕平

    大塚耕平から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2010年9月、日本振興銀行に対して日本で初めてペイオフを適用した。逮捕された日本振興銀行の木村剛元社長とは、日本銀行時代の同僚と言われている。大塚耕平 フレッシュアイペディアより)

  • カーチスホールディングス

    カーチスホールディングスから見た日本振興銀行日本振興銀行

    2009年2月17日、同じMAGねっと子会社の株式会社ジャスティス債権回収を、株式交換により完全子会社化する方針を発表したが、実質的存続性の喪失を理由に東京証券取引所が審査を開始する事態となった。その直後の2月25日に、SFCGの民事再生法の申請に伴い、MAGねっと保有の同社株式(51.36%のうち50.05%)について担保権の実行がなされ、日本振興銀行株式会社が親会社となった。そのため、株式会社ジャスティス債権回収に対する株式交換は中止となっている。カーチスホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンファイナンシャルソリューションズ

    ジャパンファイナンシャルソリューションズから見た日本振興銀行日本振興銀行

    2009年6月10日、代表取締役社長に日本振興銀行代表取締役社長の上村昌史が就任。ジャパンファイナンシャルソリューションズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「日本振興銀行」のニューストピックワード