47件中 11 - 20件表示
  • アトラス (ゲーム会社)

    アトラス (ゲーム会社)から見た日本振興銀行日本振興銀行

    インデックスは、旧社を吸収合併直後に、取引銀行であった日本振興銀行の経営破綻により経営が悪化。旧社時代からの子会社であったロッソインデックス株式の一部売却などを行ったが、旧社を吸収合併後した後の2011年8月期並びに2012年8月期の決算において、2期連続の最終赤字となり、かつ純資産においても債務超過に陥った。2013年6月27日に民事再生手続を申請し、同年7月5日に民事再生手続開始決定を受け、同年9月18日に民事再生スポンサーとなったセガに同年11月1日付でアトラスブランドを譲渡することを発表した(後述)。アトラス (ゲーム会社) フレッシュアイペディアより)

  • 新たな形態の銀行

    新たな形態の銀行から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2005年7月25日付で、フルキャストホールディングス(当時は、持株会社化する前のフルキャスト旧法人)の完全子会社として、銀行設立準備会社「株式会社フルキャストパートナーズ」の設立を発表。若年層向けの個人向けサービスや中小企業・ベンチャー企業向け融資を主力とした銀行設立の構想を発表し、翌年度中の開業を目指していた。業態としてはインターネット専業銀行とする銀行と日本振興銀行や新銀行東京のような中小企業融資主体銀行の中間に位置するものを構想していた。開業に当たり、銀行法上の主要株主は持たず、フルキャストグループとのパートナー企業によるコンソシアム型で株主を集める方針としてきたが、2006年1月23日付で、既存の銀行の収益回復などの要因もあり、予定した銀行の収益基盤の確立に不確実性が増したことと、個人向け事業については当時のフルキャストファイナンス(後のフォーメイト)の事業によってある程度カバー可能であったことを理由に、結果的には頓挫。すでに貸金業を営んでおり個人向けの事業についてはその予定の一部に重複する事業を手がける、フルキャストファイナンスへ金融関連の業務を一本化した。このため、2006年6月1日付で、フルキャストパートナーズは、実体ある事業のないまま設立から1年もたたない段階でフルキャストファイナンスへ吸収合併された。その後2010年6月、フルキャストホールディングス傘下から離れ債権もフルキャストグループ外に売却されたフォーメイトは、破産宣告を受け経営破綻をしている。新たな形態の銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 竹中平蔵

    竹中平蔵から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2001年(平成13年)の第1次小泉内閣と、2002年(平成14年)の第1次小泉内閣第1次改造内閣で経済財政政策担当大臣。金融担当大臣も兼任する。2003年(平成15年)、第1次小泉内閣第2次改造内閣においても留任、内閣府特命担当大臣として金融・経済財政政策を担当。2004年(平成16年)7月、第20回参議院議員通常選挙に自民党比例代表で立候補し70万票を獲得しトップ当選(史上唯一人の現職民間人閣僚たる新人参院候補)。同年9月、第2次小泉改造内閣において、参議院議員として内閣府特命担当大臣(経済財政政策)・郵政民営化担当に就任。小泉内閣の経済閣僚として、日本経済の「聖域なき構造改革」の断行を標榜する。日本振興銀行に異例の速さで銀行業免許付与。2005年(平成17年)9月、第3次小泉内閣においても役職はそのまま留任。同年10月、第3次小泉改造内閣においては総務大臣兼郵政民営化担当大臣に就任。NHKの完全民営化にも乗り出したが、首相の小泉純一郎が民営化に否定的な見解を示した為、頓挫する。2006年(平成18年)9月15日、任期を4年近く残し政界引退を表明。同年9月28日、参議院本会議で辞職許可(これに伴い神取忍が比例繰上当選)。同年11月1日、自民党党紀委員会において9月29日に提出していた離党届が了承された。さらに同日、慶應義塾大学に復帰することが明らかにされた。竹中平蔵 フレッシュアイペディアより)

  • インデックス・ホールディングス

    インデックス・ホールディングスから見た日本振興銀行日本振興銀行

    かつては企業買収や第三者増資割り当てなどによる資本参加を積極的に行っていたが、同業他社の台頭や、取引銀行であった日本振興銀行が破綻した2010年以降は経営難に陥り、経済誌などの「倒産危険ランキング」では常に上位にランクインし、かつ現金前払い取引以外はインデックスと取引停止にする企業も増えていた。インデックス・ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 登石郁朗

    登石郁朗から見た日本振興銀行日本振興銀行

    日本振興銀行の検査妨害事件(2月14日)登石郁朗 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興清算

    日本振興清算から見た日本振興銀行日本振興銀行

    日本振興清算 フレッシュアイペディアより)

  • 河内悠紀

    河内悠紀から見た日本振興銀行日本振興銀行

    退官後は弁護士登録し、住友倉庫監査役等を務める。2010年日本振興銀行特別調査委員会委員長。2012年株式会社東日本大震災事業者再生支援機構社外監査役。河内悠紀 フレッシュアイペディアより)

  • NISグループ

    NISグループから見た日本振興銀行日本振興銀行

    2010年12月31日 - 日本振興銀行の経営破綻で債務超過となり、貸金業法で定める純資産要件を満たさなくなることから、貸金業を廃止NISグループ フレッシュアイペディアより)

  • イチバン

    イチバンから見た日本振興銀行日本振興銀行

    日本振興銀行の一社提供番組であったが、同行の行政処分に伴い、途中からCMの放映を取りやめた。イチバン フレッシュアイペディアより)

  • 承継銀行

    承継銀行から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2010年9月10日に、日本振興銀行が破綻したことを受け、日本振興銀行との間で事業譲渡の基本合意書を締結。他の引き受け先が無い場合2011年4月25日に同行から事業譲渡を受けるとしていた。しかし、イオン銀行が引受先として名乗りを上げ、2011年12月26日に同行に売却され、イオンコミュニティ銀行となった。承継銀行 フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示

「日本振興銀行」のニューストピックワード