47件中 21 - 30件表示
  • 稲吉正樹

    稲吉正樹から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2006年、学習塾に次ぐ新たな展開を模索する中で、北海道を拠点に展開していた「EC英会話」を運営するイー・シーを買収し英会話事業に進出。2007年10月にはNOVAの経営破綻を受けて、同社の事業を譲受。当時の600校すべてを閉鎖した状態で引き継ぎ、半年で黒字化を実現させた。しかしその半年後、リーマン・ショックが発生。受講生の債権がのれん代と負債になってしまったためにM&Aで獲得した企業の有利子負債の短期借り換えが難しくなり、ジー・コミュニケーションを日本振興銀行のグループ企業であるフーディーズ他3社に売却、その資金を元手に「いなよしキャピタルパートナーズ」を創業する。すると今度は日本振興銀行が経営破綻したことから、NOVAに加えて英会話教室大手「GEOS」を引き受けていたジー・コミュニケーションの教育部門子会社「ジー・エデュケーション」を買い戻す。現在は(「ジー・エデュケーション」改め)NOVAホールディングスの代表として教育部門に特化した事業展開を行っている。稲吉正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 木村剛のGOGOトーク!

    木村剛のGOGOトーク!から見た日本振興銀行日本振興銀行

    放送開始時、日本振興銀行会長だった木村剛をメインパーソナリティとしたトーク番組。木村剛のGOGOトーク! フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤食品工業 (愛知県)

    佐藤食品工業 (愛知県)から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2005年(平成17年)からSFCGグループのT-ZONEキャピタルが株式を取得するようになり、増資などで出資比率が引き上げられて、2007年(平成19年)8月にSFCGグループが株式の過半数を取得する。しかし、2009年(平成21年)2月23日に株式会社SFCGが民事再生法の適用を申請。それに先立つ同月20日に、SFCGの子会社である株式会社TZCIが保有する当社株式(発行済み株式総数の50.5%)に対して、日本振興銀行が担保権を実行して親会社となった。なお日本振興銀行はその後株式を売却し、2009年6月には親会社からその他の関係会社になり、2010年(平成22年)1月25日に全保有株式を日産アセット株式会社に譲渡。日産アセットがその他の関係会社となった。さらに2012年(平成24年)1月12日に実施した自己株式取得に対し、日産アセットは全保有株式を売却し、同社との資本関係もなくなっている。佐藤食品工業 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • NEW ART

    NEW ARTから見た日本振興銀行日本振興銀行

    2010年(平成22年)10月5日 - 民事再生手続開始を申し立て。負債額は27億円。経営再建のために日本振興銀行の株を保有し中小企業振興ネットワークに加入したが、日本振興銀行が倒産、融資が受けられなくなったほか特別損失が発生し連鎖倒産となった。これを受けて大阪証券取引所は5日、ラ・パルレ 株式を11月6日付で上場廃止にすると発表した。10月5日から11月5日までは整理銘柄に指定される。NEW ART フレッシュアイペディアより)

  • ペイオフ (預金保護)

    ペイオフ (預金保護)から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2010年(平成22年)9月10日、日本振興銀行が経営破綻した。これにより、初のペイオフが発動した。ペイオフ (預金保護) フレッシュアイペディアより)

  • クロスシード

    クロスシードから見た日本振興銀行日本振興銀行

    しかし、2010年の日本振興銀行破綻に伴い多額の焦げ付きが発生。これを受けて2012年1月31日に貸金業を廃止し、同時に株式会社ネオラインホールディングスとの提携を解消し現在の社名に商号を変更。同時に手がける事業は債権回収のみとなった。クロスシード フレッシュアイペディアより)

  • ブルーホライゾン債権回収

    ブルーホライゾン債権回収から見た日本振興銀行日本振興銀行

    債権管理回収業に関する特別措置法改正に伴いニッシンの債権回収子会社「ニッシン債権回収」として2001年に設立された。バブル崩壊により金融機関が抱えていた不良債権を取扱うことで躍進し、2004年9月には東証マザーズ上場を果たす。しかし2006年1月シティズ判決によりグレーゾーン金利の過払金請求が増加。さらにサブプライムローン問題とリーマンショックにより業績と資金繰りが悪化した。2008年12月中小企業振興ネットワーク(ビービーネット、中小企業保証機構、日本振興銀行)の支援の下で経営再建を図るが、日本振興銀行が2010年9年に経営破綻に至ると貸付債権は整理回収機構に譲渡され、入札の結果フォートレスインベストメントのSPCであるブルーホライゾン合同会社がスポンサーに選定された。ブルーホライゾン債権回収 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の経済

    2012年の経済から見た日本振興銀行日本振興銀行

    イオン銀行がイオンコミュニティ銀行(旧日本振興銀行)を吸収合併。2012年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • ジー・コミュニケーション

    ジー・コミュニケーションから見た日本振興銀行日本振興銀行

    リーマン・ショックの煽りを受ける形で2009年(平成21年)10月に稲吉が保有する株式の大半を日本振興銀行のグループ会社であるフーディーズ他3社に売却。その後2010年(平成22年)8月には、親会社のフーディーズが日本振興銀行の検査忌避問題に絡み資金調達が厳しくなった影響を受け、保有する全株式を阪神酒販に売却することを発表した。しかしその後2010年(平成22年)12月に株式売却の中止が発表され、フーディーズが親会社に留まった。だが、2012年9月4日(平成24年)にフーディーズが破産開始決定手続きを受けたため、2013年2月にはジーコミの社長である杉本英雄が新たに設立したクックイノベンチャーが第三者割当増資を受け親会社となった。なおクックイノベンチャーには「業務スーパー」を展開する神戸物産が出資しており、同年5月には神戸物産も親会社となった。ジー・コミュニケーション フレッシュアイペディアより)

  • 南村博二

    南村博二から見た日本振興銀行日本振興銀行

    日本振興銀行の江上剛社長に請われ、再生担当の執行役経営監査部長を歴任し、日本最初の銀行ペイオフを処理。南村博二 フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「日本振興銀行」のニューストピックワード