42件中 21 - 30件表示
  • 日本振興清算

    日本振興清算から見た日本振興銀行日本振興銀行

    日本振興清算 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2006年(平成18年)のキャンペーンで集めた預金のうち、2009年(平成21年)には3年定期(1.5%)が満期を迎えた。5月現在の金利は0.25%(300万未満)であるため、高金利を求める預金者は、2009年(平成21年)5月現在でもなお3年で1.5%の金利を提示している日本振興銀行に流れた。(ただし、日本振興銀は2010年9月に破綻し、初のペイオフ発動となった)。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 富山大学人間発達科学部附属中学校

    富山大学人間発達科学部附属中学校から見た日本振興銀行日本振興銀行

    木村剛(経済評論家、作家、元日本振興銀行会長、富山中部高校へ進学)富山大学人間発達科学部附属中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 全国銀行データ通信システム

    全国銀行データ通信システムから見た日本振興銀行日本振興銀行

    参加している金融機関は銀行だけでなく、信用金庫、信用協同組合、農業協同組合等を含めたすべての民間金融機関(日本振興銀行などを除く。2009年1月現在)と日本銀行である。全国銀行データ通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 平将明

    平将明から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2003年度東京JC理事長の平も銀行設立計画に賛同し、さらにJC会員約90人から資金が集められた。同年8月20日に予備免許申請が金融庁に受理され、同日夕刻、落合、木村、平の3人が「日本振興銀行設立」記者会見を行った。以降、新聞や雑誌など多くのメディアで、「東京JCが新銀行をつくる」と事実に反する報道がされることとなり、東京JC事務局にはOBからの苦情や一般からの問合せが殺到した。8月22日、平は「公益法人は営利企業の設立はできない。個人の立場で記者会見に臨んだ」と東京JCメルマガを通じて見解を明らかにした。平将明 フレッシュアイペディアより)

  • ジー・コミュニケーション

    ジー・コミュニケーションから見た日本振興銀行日本振興銀行

    元々は創業者である稲吉正樹がオーナーだったが、2009年(平成21年)10月に自らの保有する株式の大半をフーディーズ他3社に売却。その後2010年(平成22年)8月には、親会社のフーディーズが自身の親会社である日本振興銀行の検査忌避問題に絡み資金調達が厳しくなった影響を受け、保有する全株式を阪神酒販に売却することを発表した。しかしその後2010年(平成22年)12月に株式売却の中止が発表されており、2011年(平成23年)4月現在は依然フーディーズが親会社となっている。だが、2012年9月4日(平成24年)にフーディーズが破産開始決定手続きを受けたため、今後の経営状況は不透明である。ジー・コミュニケーション フレッシュアイペディアより)

  • ラ・パルレ

    ラ・パルレから見た日本振興銀行日本振興銀行

    2010年(平成22年)10月5日 - 民事再生手続開始を申し立て。負債額は27億円。経営再建のために日本振興銀行の株を保有し中小企業振興ネットワークに加入したが、日本振興銀行が倒産、融資が受けられなくなったほか特別損失が発生し連鎖倒産となった。これを受けて大阪証券取引所は5日、ラ・パルレ 株式を11月6日付で上場廃止にすると発表した。10月5日から11月5日までは整理銘柄に指定される。ラ・パルレ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤食品工業 (愛知県)

    佐藤食品工業 (愛知県)から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2005年(平成17年)からSFCGグループのT-ZONEキャピタルが株式を取得するようになり、増資などで出資比率が引き上げられて、SFCGグループが株式の過半数を取得する。2009年(平成21年)2月19日に、インテグラルグループと資本・業務提携契約を締結。同グループSPCのICoベータ株式会社が実施する株式公開買い付けに、会社として賛同する旨を表明した。しかし、2009年(平成21年)2月23日に株式会社SFCGが民事再生法の適用を申請したことに伴い、翌24日に、SFCGの子会社である株式会社TZCIが保有する佐藤食品工業株式(発行済み株式総数の50.5%)に対して、日本振興銀行が担保権を実行し、株式を取得して、筆頭株主となったことにより、日本振興銀行が上場を維持する意向であるため、公開買い付け賛同の方針を撤回した。佐藤食品工業 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2010年(平成22年)5月25日 - 債権を「富士クレジット」に譲渡。この債権は富士クレジットから日本振興銀行に「譲渡担保」の形でそのまま譲渡がされていたことが判明。振興銀は2日後の27日に業務停止処分となっている。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • NISグループ

    NISグループから見た日本振興銀行日本振興銀行

    2010年12月31日 - 日本振興銀行の経営破綻で債務超過となり、貸金業法で定める純資産要件を満たさなくなることから、貸金業を廃止。NISグループ フレッシュアイペディアより)

42件中 21 - 30件表示

「日本振興銀行」のニューストピックワード