47件中 31 - 40件表示
  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2006年(平成18年)のキャンペーンで集めた預金のうち、2009年(平成21年)には3年定期 (1.5%) が満期を迎えた。5月現在の金利は0.25%(300万未満)であるため、高金利を求める預金者は、2009年(平成21年)5月現在でもなお3年で1.5%の金利を提示している日本振興銀行に流れた。(ただし、日本振興銀は2010年9月に破綻し、初のペイオフ発動となった)。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 中小企業振興ネットワーク

    中小企業振興ネットワークから見た日本振興銀行日本振興銀行

    中小企業振興ネットワーク(ちゅしょうきぎょうしんこうネットワーク)とは、日本振興銀行の取引関連企業で構成されていた企業グループ。中小企業振興ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 高崎市

    高崎市から見た日本振興銀行日本振興銀行

    日本振興銀行(2011年に大宮支店に統合)高崎市 フレッシュアイペディアより)

  • レジャラン

    レジャランから見た日本振興銀行日本振興銀行

    株式会社アトラス(旧社)は、1989年8月に初のアミューズメント施設として『アトラスシティ 明大前店』を開店して以降、「ムー大陸」、「ゲームパニック」などのブランドでアミューズメント施設を展開し、2007年にはマーベラスエンターテイメント(後のマーベラス)からアミューズメント施設事業を分社化したマッドの全株式を取得してアミューズメント施設事業を拡大した。アトラスは2009年9月に、2008年8月に発表された中期経営計画に基づき、アミューズメント事業を分社化することを発表し、同年12月1日にアミューズメント施設事業を手掛ける新会社株式会社NEWSをアトラスから会社分割で設立した。同時にNEWS株式の86%を、アトラス(旧社)の親会社であるインデックス(旧法人)の取引銀行であった日本振興銀行の関連企業である中小企業レジャー機構(後のエフエルワイ)へ譲渡し、アトラスは20年間続けてきたアミューズメント施設事業から撤退した。レジャラン フレッシュアイペディアより)

  • 畑中龍太郎

    畑中龍太郎から見た日本振興銀行日本振興銀行

    東京都立日比谷高等学校、東京大学法学部を経て、1976年大蔵省入省。国税庁名古屋国税局調査査察部、大蔵省大臣官房調査企画課を経て、1981年から外務省在アルゼンチン日本国大使館二等書記官。大蔵省銀行局、大蔵省理財局を経て、1988年大蔵省主税局税制第二課課長補佐。1992年石川県企画開発部長、1993年石川県総務部長、1994年プリンストン大学客員研究員。預金保険機構総務部長兼特別業務部副部長を経て、1998年大蔵省金融企画局信用課長。大蔵省理財局国債課長を経て、2002年財務省大臣官房総務課長。大蔵大臣官房文書課長を経て、2004年財務省近畿財務局長、2005年金融庁総務企画局審議官(企画担当)、2007年金融庁検査局長、2009年同監督局長に就き、東日本大震災後には金融システム維持に奔走し、また日本振興銀行に対してペイオフを初適用した。畑中龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田市

    秋田市から見た日本振興銀行日本振興銀行

    (日本振興銀行秋田店)→跡地に新設された第二日本承継銀行(後のイオンコミュニティ銀行)秋田店が譲受し、継承。秋田市 フレッシュアイペディアより)

  • 日本青年会議所

    日本青年会議所から見た日本振興銀行日本振興銀行

    また、2003年度東京JC理事長であった平将明も銀行設立計画に賛同し、さらにJC会員約90人から1億円が集められた。同年8月20日に予備免許申請が金融庁に受理され、同日夕刻、落合、木村、平の3人が「日本振興銀行設立」記者会見を行った。以降、新聞や雑誌など多くのメディアが「東京JCが新銀行をつくる」と報道した。2日後の8月22日、平は「公益法人は営利企業の設立はできない。個人の立場で記者会見に臨んだ」と東京JCメルマガを通じて見解を明らかにし、一部の報道は事実に反するとした。日本青年会議所 フレッシュアイペディアより)

  • 平将明

    平将明から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2004年、木村剛の発言がきっかけとなり設立した日本振興銀行で発起人の1人となるが、同行は買い取った債権を回収できず2010年に経営破綻。翌年に同行から損害賠償請求権を譲り受けた整理回収機構が、旧経営陣7人に50億円の賠償を求めて提訴。裁判の過程で元取締役3人は責任を認め訴訟が終結、平を含む社外取締役の3人とは和解が成立した。ちなみに、会長であった木村には2016年の東京地裁の判決で注意義務違反による損害が認定され、約37億円の賠償命令が下されている。平将明 フレッシュアイペディアより)

  • 富山大学人間発達科学部附属中学校

    富山大学人間発達科学部附属中学校から見た日本振興銀行日本振興銀行

    木村剛(経済評論家、作家、元日本振興銀行会長、富山中部高校へ進学)富山大学人間発達科学部附属中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 9月10日

    9月10日から見た日本振興銀行日本振興銀行

    2010年 - 日本振興銀行が経営破綻。戦後初のペイオフが発動。9月10日 フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「日本振興銀行」のニューストピックワード