2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示
  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た銀行法

    4月30日 - 金融庁より銀行法に基づく報告命令を受ける日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た行政処分

    5月27日 - 金融庁より行政処分を受ける。これに伴い、社内取締役は執行役のみの肩書きとなり、取締役のすべてが社外からの起用となる 2日前の25日に武富士の債権を「富士クレジット」を迂回させ「譲渡担保」として譲受していた(12月に判明)日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た新たな形態の銀行

    日本振興銀行株式会社(にほんしんこうぎんこう、Incubator Bank of Japan, Limited)は、東京都千代田区神田美土代町に本店を置き、2003年(平成15年)に設立され、2004年(平成16年)開業、2010年(平成22年)9月10日に破綻した銀行。中小企業向けの融資、一般顧客の定期預金専門の銀行。金融庁の分類では、「新たな形態の銀行等」として位置付けられている。都市銀行と同じく、金融庁長官の監督を受ける、いわゆる本庁直轄銀行である。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た税務調査

    東京国税局の税務調査により、2008年度3月期から2010年度3月期までの2年間にわたり、約12億円の所得隠しを指摘されていたことが、2012年2月に発覚した。一部は経理ミスによる申告漏れとされたが、多くにおいて、関係企業に対し、資金移転を業務委託費名目で行っており、意図的な所得隠しに当たると認定された。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た法令

    2006年(平成18年)1月30日 - 日本振興銀行は「法令に違反する融資はしていない」ので、記事の訂正などを求めて朝日新聞社を提訴すると発表日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た全国銀行データ通信システム

    全国銀行協会には準会員として加盟しているが、日本国内に本店を置く多くの預金取扱金融機関が保有する日銀の当座預金(→準備預金制度)を開設しておらず、日銀ネット(→銀行のオンラインシステム)には接続していない。決済性預金である当座預金・普通預金を扱っていない関係からか、全銀システムにも非加盟である。日銀当座を通じた資金調達は事実上不能であることに加え、インターバンク市場にも参加していなかった。これにより、預金獲得と銀行株式の増資・出資によって資金・資本の調達を行い、貸出金の利息収入などで収益を得るビジネスモデルとなった。その後、大阪・神戸にも店舗を出店している。さらに店舗開設を急速に推し進め、2009年までに全国47都道府県全てに1店舗以上を設置し、105店舗を擁するまでに至った。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た保証

    当初は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の中小企業を対象に無担保で第三者保証不要の融資を主に手掛けていくが、一般の銀行に比べて高利(従来の銀行と商工ローンの中間の、年利5%~15%程度)とされる。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た譲渡担保

    5月27日 - 金融庁より行政処分を受ける。これに伴い、社内取締役は執行役のみの肩書きとなり、取締役のすべてが社外からの起用となる 2日前の25日に武富士の債権を「富士クレジット」を迂回させ「譲渡担保」として譲受していた(12月に判明)日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た自由民主党 (日本)

    その後、設立資金20億円出資者の設立発起人で社長に就任していた落合は、木村や平を含む役員らに銀行役員を解任され、木村を告発するなどゴタゴタが続いた。その後、平は銀行設立の経歴を利用して2005年(平成17年)9月11日総選挙の自民党公認候補選考に応募し、小泉チルドレンとして東京4区から出馬し初当選した。その後、2010年(平成22年)12月27日付で、小畠社長らとともに取締役を解任されている。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た債務超過

    2010年(平成22年)6月7日から一部業務停止命令を受け、7月に検査妨害の疑いで元役員が逮捕されたこともあり、定期預金の引き出しが続き、資産状況が悪化。9月の中間決算で1804億円の債務超過となる見込みとなったことから、9月10日午前6時から臨時取締役会を開催し、内閣総理大臣(金融庁)に対して預金保険法第74条第5項に該当する金融整理管財人による管理が必要な事態である旨の申し出を行うことを決議した。これを受けて同日、申し出を行い、金融庁が同行に対して金融整理管財人による業務財産管理命令、預金保険機構を金融整理管財人に選任、同日から3日間の業務停止命令を出した。振興銀は、同日中に東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行い、設立から6年余りで経営破綻した。日本の銀行破綻としては、創業前の2003年(平成15年)11月末に生じた足利銀行以降、およそ6年10か月ぶりであった。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示

「日本振興銀行」のニューストピックワード