103件中 31 - 40件表示
  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た金融庁長官

    日本振興銀行株式会社(にほんしんこうぎんこう、Incubator Bank of Japan, Limited)は、東京都千代田区神田美土代町に本店を置き、2003年(平成15年)に設立され、2004年(平成16年)開業、2010年(平成22年)9月10日に破綻した銀行。中小企業向けの融資、一般顧客の定期預金専門の銀行。金融庁の分類では、「新たな形態の銀行等」として位置付けられている。都市銀行と同じく、金融庁長官の監督を受ける、いわゆる本庁直轄銀行である。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見たペイオフ (預金保護)

    政府と預金保険機構は、預金保険法に基づき、預金の払い戻し保証額を元本1000万円とその利子までとする定額保護、いわゆる「ペイオフ」を1971年の制度創設後初めて発動。振興銀はペイオフを意識した預金の募集を行っており、5800億円程の預金のほとんどがペイオフ限度以下の預金で、該当するのは3560人の100億円程度、預金者全体の約3%にとどまる見通しである。当局者は預金保険制度を悪用したモラル・ハザードであると問題視していた。その一方で、老後のマンション購入資金の貯蓄用途にと4000万円余りを預金し、破綻翌日に店舗に出向き、報道機関の取材を受けた個人も存在していた。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た新聞

    また、2003年度東京JC理事長の平将明も銀行設立計画に賛同し、さらにJC会員約90人から1億円が集められた。同年8月20日に予備免許申請が金融庁に受理され、同日夕刻、落合、木村、平の3人が「日本振興銀行設立」記者会見を行った。以降、新聞や雑誌など多くのメディアで「東京JCが新銀行をつくる」と事実に反する報道がされることとなり、東京JC事務局にはOBからの苦情や一般からの問合せが殺到した。2日後の8月22日、平は「公益法人は営利企業の設立はできない。個人の立場で記者会見に臨んだ」と東京JCメルマガを通じて見解を明らかにした。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た事業再構築

    実質上メインバンクとしていたが事業売却等の事業再構築が必要となった。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た経営破綻

    2010年(平成22年)9月10日に自力再建を断念し、金融庁に破綻申請と東京地方裁判所に民事再生法を申請し、経営破綻した。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た融資

    日本振興銀行株式会社(にほんしんこうぎんこう、Incubator Bank of Japan, Limited)は、東京都千代田区神田美土代町に本店を置き、2003年(平成15年)に設立され、2004年(平成16年)開業、2010年(平成22年)9月10日に破綻した銀行。中小企業向けの融資、一般顧客の定期預金専門の銀行。金融庁の分類では、「新たな形態の銀行等」として位置付けられている。都市銀行と同じく、金融庁長官の監督を受ける、いわゆる本庁直轄銀行である。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た銀行間取引市場

    全国銀行協会には準会員として加盟しているが、日本国内に本店を置く多くの預金取扱金融機関が保有する日銀の当座預金(→準備預金制度)を開設しておらず、日銀ネット(→銀行のオンラインシステム)には接続していない。決済性預金である当座預金・普通預金を扱っていない関係からか、全銀システムにも非加盟である。日銀当座を通じた資金調達は事実上不能であることに加え、インターバンク市場にも参加していなかった。これにより、預金獲得と銀行株式の増資・出資によって資金・資本の調達を行い、貸出金の利息収入などで収益を得るビジネスモデルとなった。その後、大阪・神戸にも店舗を出店している。さらに店舗開設を急速に推し進め、2009年までに全国47都道府県全てに1店舗以上を設置し、105店舗を擁するまでに至った。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た当座預金

    全国銀行協会には準会員として加盟しているが、日本国内に本店を置く多くの預金取扱金融機関が保有する日銀の当座預金(→準備預金制度)を開設しておらず、日銀ネット(→銀行のオンラインシステム)には接続していない。決済性預金である当座預金・普通預金を扱っていない関係からか、全銀システムにも非加盟である。日銀当座を通じた資金調達は事実上不能であることに加え、インターバンク市場にも参加していなかった。これにより、預金獲得と銀行株式の増資・出資によって資金・資本の調達を行い、貸出金の利息収入などで収益を得るビジネスモデルとなった。その後、大阪・神戸にも店舗を出店している。さらに店舗開設を急速に推し進め、2009年までに全国47都道府県全てに1店舗以上を設置し、105店舗を擁するまでに至った。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た利子

    政府と預金保険機構は、預金保険法に基づき、預金の払い戻し保証額を元本1000万円とその利子までとする定額保護、いわゆる「ペイオフ」を1971年の制度創設後初めて発動。振興銀はペイオフを意識した預金の募集を行っており、5800億円程の預金のほとんどがペイオフ限度以下の預金で、該当するのは3560人の100億円程度、預金者全体の約3%にとどまる見通しである。当局者は預金保険制度を悪用したモラル・ハザードであると問題視していた。その一方で、老後のマンション購入資金の貯蓄用途にと4000万円余りを預金し、破綻翌日に店舗に出向き、報道機関の取材を受けた個人も存在していた。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た自殺

    7月31日 - 社外取締役の赤坂俊哉(弁護士、当時51歳)が東京都目黒区の自宅で死亡。銀行側は死因は心筋梗塞であると主張、警察当局の自殺とする発表に真っ向から対立。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

103件中 31 - 40件表示

「日本振興銀行」のニューストピックワード