118件中 51 - 60件表示
  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た銀行のオンラインシステム

    全国銀行協会には準会員として加盟しているが、日本国内に本店を置く多くの預金取扱金融機関が保有する日銀の当座預金(→準備預金制度)を開設しておらず、日銀ネット(→銀行のオンラインシステム)には接続していない。決済性預金である当座預金・普通預金を扱っていない関係からか、全銀システムにも非加盟である。日銀当座を通じた資金調達は事実上不能であることに加え、インターバンク市場にも参加していなかった。これにより、預金獲得と銀行株式の増資・出資によって資金・資本の調達を行い、貸出金の利息収入などで収益を得るビジネスモデルとなった。その後、大阪・神戸にも店舗を出店している。さらに店舗開設を急速に推し進め、2009年までに全国47都道府県全てに1店舗以上を設置し、105店舗を擁するまでに至った。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た継続企業の前提

    日本振興銀行株式の減損処理のため8億円の債務超過に陥り、貸金業免許を維持できない可能性が出たため、継続企業の前提に疑義が持たれていたが、2011年1月25日に民事再生法適用を申請を行い。後にジャパンファイナンシャルソリューションズへ商号変更。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見たJTインベストメント

    日本振興銀行破綻により多額の焦げ付きが発生し、過払い金関連の訴訟を多数起こされた。2012年1月31日にクロスシードに社名を変更してネオラインホールディングスを離脱していたものの、同年9月17日に債権者から破産を申し立てられ、2013年12月26日破産手続開始。2016年1月20日に破産手続結了。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た整理回収機構

    4月24日 - すべての執行役が辞職し、当社顧問で、元・整理回収機構執行役員の藤原繁朗が新たに代表執行役社長に就任。辞職した弓削代表執行役社長は、翌日付で第二日本承継銀行の取締役に転出。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見たiXIT

    2010年8月期決算で中小企業振興ネットワーク関係の保有株式の減損処理などにより大幅な赤字を出し経営再建に迫られる。循環取引による粉飾決算発覚もあり、2013年6月27日 負債額245億円で民事再生手続を申立て、同年7月4日に民事再生手続開始。セガ(後のセガゲームス)が民事再生スポンサーとなり、同年11月1日付でセガの子会社であるセガドリームへ全事業を譲渡し、セガドリームはインデックス(新会社、後にアトラス〈新社〉とインデックス〈2代目、後のiXIT〉へ会社分割)へ商号変更。旧:インデックスそのものは2014年4月30日に民事再生手続廃止決定を受け、2014年7月31日に破産手続開始。2016年8月3日に破産手続結了。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見たSMBCファイナンスサービス

    12月27日 - 東京地方裁判所による代替許可決定で小畠ら取締役全員を解任(小畠の社長職も解任となったが、代表執行役職は後述のように継続していた)。同日、宮内憲悟SMBCファイナンスサービス代表取締役会長ら3人が社外取締役に就任。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た協和銀行

    6月28日 - 英文社名を、 "Nippon Shinko Bank, Limited" から "Incubator Bank of Japan, Limited" に変更。木村が会長に、旧協和銀行出身の上村昌史が社長に就任日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た帝国データバンク

    信用調査機関(帝国データバンク、東京商工リサーチ)による倒産速報では、「日本振興銀行関連の倒産」として扱われる。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た千代田区

    日本振興銀行株式会社(にほんしんこうぎんこう、Incubator Bank of Japan, Limited)は、かつて存在した日本の銀行。清算法人としての本店所在地は東京都千代田区神田美土代町であった。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た預金保険機構

    2010年(平成22年)6月7日から一部業務停止命令を受け、7月に検査妨害の疑いで元役員が逮捕されたこともあり、定期預金の引き出しが続き、資産状況が悪化。9月の中間決算で1804億円の債務超過となる見込みとなったことから、9月10日午前6時から臨時取締役会を開催し、内閣総理大臣(金融庁)に対して預金保険法第74条第5項に該当する金融整理管財人による管理が必要な事態である旨の申し出を行うことを決議した。これを受けて同日、申し出を行い、金融庁が同行に対して金融整理管財人による業務財産管理命令、預金保険機構を金融整理管財人に選任、同日から3日間の業務停止命令を出した。振興銀は、同日中に東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行い、設立から6年余りで経営破綻した。日本の銀行破綻としては、創業前の2003年(平成15年)11月末に生じた足利銀行以降、およそ6年10か月ぶりであった。日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

118件中 51 - 60件表示

「日本振興銀行」のニューストピックワード