日本新薬野球部 ニュース&Wiki etc.

日本新薬硬式野球部(にっぽんしんやくこうしきやきゅうぶ、Nippon Shinyaku Baseball Team)は、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである。本拠地は京都府京都市、合宿所は京都府長岡京市にそれぞれ所在する。 (出典:Wikipedia)

「日本新薬野球部」Q&A

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「日本新薬硬式野球部」のつながり調べ

  • 吹石徳一

    吹石徳一から見た日本新薬硬式野球部

    南部高校から社会人野球の日本新薬を経て、1974年のドラフトで近鉄バファローズから4位で指名されプロ入り。背番号は25で、引退まで近鉄に在籍してこの背番号をつけていた。内野はどのポジションでもこなせる器用さがあったが、控えの俊足・堅守の内野手として、内野手にアクシデントがあった時に登場することのある選手であった。(吹石徳一 フレッシュアイペディアより)

  • 第81回都市対抗野球大会

    第81回都市対抗野球大会から見た日本新薬硬式野球部

    予選では、それまで本戦への出場を何度も阻まれてきたチームが次々と初出場を決めた。石巻市・日本製紙石巻、新潟市・バイタルネット、大和高田市・大和高田クラブ、福岡市・九州三菱自動車の4チームが初出場。初出場チームが4チームを数えるのは41年ぶり。一方で有力チームが予選敗退する波乱も起こり、前回大会の九州第1代表の沖縄電力が1次予選で敗退したのをはじめ、前回大会まで3年以上連続出場していたTDK、富士重工業、鷺宮製作所、セガサミー、JX-ENEOS(新日本石油ENEOSから改称)、パナソニックが2次予選で涙をのんだ。さいたま市・日本通運、京都市・日本新薬は危なげなく出場を決め、連続出場を10年の大台に乗せた。東海地区からは愛知県のチームが5チーム出場し、同一都道府県からの最多出場チーム数を記録した。(第81回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

「日本新薬硬式野球部」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「日本新薬野球部」のニューストピックワード