前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • 田中明 (野球)

    田中明 (野球)から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    翌も一光は都市対抗野球大会の出場を逃したが、西濃運輸に補強されて再び抑えを任される。しかし日本新薬との1回戦で7回途中から登板したものの、1?0で迎えた9回裏に先頭打者を四球で歩かせたのをきっかけに連続タイムリーを浴び、逆転サヨナラ負けを喫した。同年オフに一光を28歳で退部し他チームへの移籍も噂されたが、峰竜太が番組企画で結成した「ドラHOTリューターズ」に参加して茨城ゴールデンゴールズとの試合で登板した後はクラブチームなどでの登板はない。田中明 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 千葉剛

    千葉剛から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    東北高等学校では末永幸士投手(国士舘大学)と同期だったが、甲子園には出場できなかった。1966年第1次ドラフト会議で東映フライヤーズから5位指名を受けたが入団を拒否し、翌年日鉱日立へ入社。1968年の都市対抗に出場し、1回戦でリリーフとして登板するが日本新薬に敗れる。翌年はエースとして大会に出場するが、同じく1回戦で三菱重工名古屋に敗退。千葉剛 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会 (京都府勢)

    都市対抗野球大会 (京都府勢)から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    本大会では、京都市・積水化学が1963年(第34回大会)で優勝を遂げている。その他にも大丸(京都大丸、全大丸)や三菱自動車京都、日本新薬などのチームが本大会で活躍を見せている。2006年(第77回大会)には京都市外から初めて京田辺市・ニチダイが本大会に出場している。都市対抗野球大会 (京都府勢) フレッシュアイペディアより)

  • 中村泰広

    中村泰広から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    卒業後は日本IBM野洲に進んだ。日本IBM野洲としての都市対抗野球大会出場経験はないが、日本新薬の補強選手で1度出場し、1試合に登板。中村泰広 フレッシュアイペディアより)

  • 大城基志

    大城基志から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    2年目は、第66回JABA東京スポニチ大会の日本新薬戦では、8回途中を無失点に抑え9奪三振を記録する力投を見せた。チームは決勝進出を果たし、NTT西日本と対戦していたが、1回途中で東北地方太平洋沖地震が発生したためノーゲームとなり、両チームが優勝となった。同年の第82回都市対抗野球大会予選の2次予選には、第1代表決定戦に3番手として登板し、4安打無失点に抑え代表権獲得に貢献した。しかし夏以降調子を落とし、都市対抗1回戦でも先発を任されるも4回途中5失点と炎上し敗戦投手となった。大城基志 フレッシュアイペディアより)

  • 第81回都市対抗野球大会

    第81回都市対抗野球大会から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    予選では、それまで本戦への出場を何度も阻まれてきたチームが次々と初出場を決めた。石巻市・日本製紙石巻、新潟市・バイタルネット、大和高田市・大和高田クラブ、福岡市・九州三菱自動車の4チームが初出場。初出場チームが4チームを数えるのは41年ぶり。一方で有力チームが予選敗退する波乱も起こり、前回大会の九州第1代表の沖縄電力が1次予選で敗退したのをはじめ、前回大会まで3年以上連続出場していたTDK、富士重工業、鷺宮製作所、セガサミー、JX-ENEOS(新日本石油ENEOSから改称)、パナソニックが2次予選で涙をのんだ。さいたま市・日本通運、京都市・日本新薬は危なげなく出場を決め、連続出場を10年の大台に乗せた。東海地区からは愛知県のチームが5チーム出場し、同一都道府県からの最多出場チーム数を記録した。第81回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第42回社会人野球日本選手権大会

    第42回社会人野球日本選手権大会から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    クラブ選手権からは有力チームがそろった大会を制したビッグ開発ベースボールクラブが初めて本戦出場。沖縄県のチームが最終予選を経由せず本戦に出場したのは史上初。また対象大会からは日本新薬が初めて出場を決めた。前回大会を制した日本生命は最終予選を勝ち抜いて33度目の出場を決めた。第42回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • ニチダイ硬式野球部

    ニチダイ硬式野球部から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    、これまで京滋奈地区では日本新薬、ミキハウス(廃部)、日本IBM野洲(廃部)、三菱自動車京都(廃部)らに全国大会の出場を阻まれてきたが、同年の日本選手権近畿予選で、日本新薬らを撃破して全国大会初出場を果たした。ニチダイ硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田猛

    柴田猛から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    向陽高校では2年次の、県予選を勝ち抜いて春季近畿大会に出場。準決勝で浪商と対戦するが、尾崎行雄の控え投手であった藤崎正雄(近大?日本新薬)に抑えられて敗退。同年の夏の甲子園県予選でも準決勝に進出するが、後に本大会で準優勝の成績を残す桐蔭高に敗退。卒業後はに南海ホークスへテスト生として入団。当初は持ち前の俊足を生かすべく外野手として起用されるが、2年目のに捕手へ転向。6月5日の近鉄戦(日生)で一軍初出場。当時は野村克也が全盛期であり、柴田は高橋博士・元田昌義と共に野村の控え捕手であった。二軍では3割台を何度も記録し、打撃ベストテンに何度もランクイン。10月18日の東映戦(後楽園)で初スタメン出場を果たし、先発の泉嘉郎を完投勝利に導いたほか、柴田自身もプロ初打点を記録。野村がプレイングマネージャーに就任したからはブロックサインの解読を担当し、球界関係者から「サイン盗みの男」と呼ばれる。他球団から恐れられただけでなく、野村も一目を置く存在となる。同年4月12日のロッテ戦(東京)でプロ初安打を放ち、には4月29日のロッテ戦(大阪)でプロ初盗塁を記録。からはコーチ補佐を兼任し、その年のリーグ優勝に貢献。には怪我をした野村に代わり50試合に先発マスクを被るが、自身もファウルチップを右手に受ける大怪我をして戦線離脱。同僚の江本孟紀は「この時の怪我がなければ、ノムさんは正捕手の座を柴田に譲り、監督専任になっていただろう」と語っている。同年5月5日のロッテ戦(大阪)では水谷則博からプロ初本塁打を放っているが、翌日が新聞休刊日で記事にならなかった。からは選手専任となったが、に広島東洋カープへ金銭トレードで移籍。同年4月10日の巨人戦(後楽園)で移籍後初出場を果たし、翌日の試合では小林繁から移籍後初安打を放つ。10月10日の中日戦(ナゴヤ)が最後の出場となった。からはコーチ兼任となり、若手投手のアドバイザーとして活躍。引退。柴田猛 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤博正

    佐藤博正から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    札幌商業高校では3年生の時に、エースとして1973年夏の甲子園南北海道予選決勝に進み、夕張南高を完封し甲子園出場を決める。この予選では7試合62イニングで93奪三振を記録したが、これは夏の地方大会としては近藤重雄(1960年、110奪三振)、沢村栄治(1934年、97奪三振)に次ぐ記録であった。夏の選手権では、1回戦で京都商の小竹重行(同大?日本新薬)と投げ合い、延長11回0-1で惜敗。サイドハンドの技巧派で、コーナーにストレート、小さなカーブをうまく投げ分けた。佐藤博正 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「日本新薬野球部」のニューストピックワード