前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • 第81回都市対抗野球大会

    第81回都市対抗野球大会から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    予選では、それまで本戦への出場を何度も阻まれてきたチームが次々と初出場を決めた。石巻市・日本製紙石巻、新潟市・バイタルネット、大和高田市・大和高田クラブ、福岡市・九州三菱自動車の4チームが初出場。初出場チームが4チームを数えるのは41年ぶり。一方で有力チームが予選敗退する波乱も起こり、前回大会の九州第1代表の沖縄電力が1次予選で敗退したのをはじめ、前回大会まで3年以上連続出場していたTDK、富士重工業、鷺宮製作所、セガサミー、JX-ENEOS(新日本石油ENEOSから改称)、パナソニックが2次予選で涙をのんだ。さいたま市・日本通運、京都市・日本新薬は危なげなく出場を決め、連続出場を10年の大台に乗せた。東海地区からは愛知県のチームが5チーム出場し、同一都道府県からの最多出場チーム数を記録した。第81回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • ニチダイ硬式野球部

    ニチダイ硬式野球部から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    1997年、金型製造業中堅のニチダイが野球部を創設。京滋奈地区では日本新薬、ミキハウス(廃部)、日本IBM野洲(休部)、三菱自動車京都(廃部後、三菱自動車京都ダイヤフェニックスとして再興)らに全国大会の出場を阻まれてきた。ニチダイ硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 松本安司 (野球)

    松本安司 (野球)から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    とは西濃運輸、とはNTT東海の補強選手として都市対抗に出場。その後に社内の京都野球部に移籍し、コーチ兼任となった。に日本新薬の補強選手として都市対抗に出場し、10年連続出場の表彰を受けた。日産自動車九州との準々決勝では3安打4打点を挙げ、この試合で当時歴代4位にあたる都市対抗通算10本目の本塁打も放っている。同大会で優秀選手賞を受賞し、大会後に現役引退を発表した。松本安司 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部栄一

    長谷部栄一から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    旧制東山中学(現:東山高校)から、同志社大学に進学するも中退し、1950年に大阪タイガースに入団。三拍子そろった捕手として期待されたが、同年に故障し翌年には引退した。その後、社会人野球チーム日本新薬に監督兼選手として入団し、都市対抗野球大会に1957年の大会から1959年の大会まで3年連続で出場した。1961年からは監督に専念し、都市対抗野球に5回出場している。1988年からは、母校東山高校の野球部の監督を務め、1992年・1993年の春の甲子園に出場した。その後、佛教大学硬式野球部の総監督を務めた。長谷部栄一 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田明

    堀田明から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    興國商では1958年に第30回選抜高等学校野球大会に出場。関西大学から日本新薬を経て1964年に読売ジャイアンツへ入団。しかし、出場機会に恵まれず1966年に引退。堀田明 フレッシュアイペディアより)

  • 中村泰広

    中村泰広から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    卒業後は日本IBM野洲に進む。日本IBM野洲としての都市対抗野球大会出場経験はないが、日本新薬の補強選手で1度出場し、1試合に登板している。中村泰広 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会 (京都府勢)

    都市対抗野球大会 (京都府勢)から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    本大会では、京都市・積水化学が1963年(第34回大会)で優勝を遂げている。その他にも大丸(京都大丸、全大丸)や三菱自動車京都、日本新薬などのチームが本大会で活躍を見せている。2006年(第77回大会)には京都市外から初めて京田辺市・ニチダイが本大会に出場している。都市対抗野球大会 (京都府勢) フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤幸男

    伊藤幸男から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    1960年に大鉄高等学校(現:阪南大学高等学校)で選抜高等学校野球大会に出場。高校の1期下に土井正博がいる。積水化学に進み、1962年の第33回都市対抗野球大会では日本新薬の補強選手として準々決勝まで進出。同年、近鉄バファローズに入団する。本格派投手として期待されるが結果を残せず、1967年オフに阪神タイガースに移籍。1969年には8勝をあげ、一躍右のエース候補となる。翌年も先発として活躍するが、故障もあり好調を維持できなかった。1973年オフに引退。巨人戦に強く、連続完封も記録した。スライダー、カーブ、少し落ちる球など多彩な変化球を持つ。伊藤幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 永易将之

    永易将之から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    大阪工大高(現・常翔学園高)から電電近畿(現・NTT西日本)に入社。1961年の大阪大会の日本新薬戦でノーヒットノーランを記録。1962年の第33回都市対抗野球大会の1回戦では21回3分の1を投げきった(22回裏1アウトで太田誠にサヨナラ本塁打を打たれ敗戦投手となった)。当時の270球は、今でも都市対抗野球の最多投球回数記録である。当初は速球を武器とするタフな本格派投手であり、オーバーハンドからの速球、切れ味の鋭いカーブは永易の名を高めた。永易将之 フレッシュアイペディアより)

  • 第83回都市対抗野球大会

    第83回都市対抗野球大会から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    近畿第4 京都市・日本新薬(12年連続30回目)第83回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示

「日本新薬野球部」のニューストピックワード