31件中 11 - 20件表示
  • 第84回都市対抗野球大会

    第84回都市対抗野球大会から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    予選では、昨年まで12年連続本戦に出場していた日本通運、日本新薬の2チームがいずれも姿を消した。一方、浜松市・ヤマハと狭山市・Hondaの2チームは連続出場を10年の大台に乗せた。近畿地区では兵庫県のチームがすべて予選敗退し、第1回大会から続いていた県勢の連続出場が83回で途絶えた。また、前シーズン途中に部内の不祥事で活動を自粛していた大阪市・大阪ガスは近畿地区最後の出場枠を獲得した。初出場チームはなかった。第84回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本新薬

    日本新薬から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    1955年創部の日本新薬硬式野球部は都市対抗野球の常連であり、梅田邦三内野手、吹石徳一内野手、橋本健太郎投手などのプロ野球選手を輩出している。日本新薬 フレッシュアイペディアより)

  • 梅田邦三

    梅田邦三から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    京都商業高校では、1963年、2年生の時に夏の甲子園に二塁手、一番打者として出場した。1回戦で松商学園に2-3で惜敗。翌年の夏は、京滋大会府予選準々決勝まで進出するが東山高に敗退した。高校卒業後、ノンプロの日本新薬に入社。1967年、1968年の都市対抗野球大会で活躍した。梅田邦三 フレッシュアイペディアより)

  • 土橋修

    土橋修から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    粉河高校、日本新薬(在籍中に、第35回都市対抗野球大会に出場した)を経て、に阪神タイガースに入団。179cmの長身を生かしたソツのない投法は高く評価されていた。土橋修 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    7月9日 - 【社会人】第78回都市対抗野球大会の予選がこの日全日程を終了し、8月24日から開かれる本大会に出場する32チームが出揃った。初出場は矢巾町・岩手21赤べこ野球軍団(東北第3代表)、東京都・セガサミー(東京第3代表)、熊本市・熊本ゴールデンラークス(九州第2代表)の3チーム。いずれも活動2年目にして大舞台への出場権を得た。最多出場は大阪市・日本生命(阪和第1代表)の49回目。最長連続出場はさいたま市・日本通運(南関東第1代表、34回目)と京都市・日本新薬(京滋奈代表、25回目)の7年連続。組み合わせ抽選会は21日に行われる。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部栄一

    長谷部栄一から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    旧制東山中学(現:東山高校)から、同志社大学に進学するも中退し、1950年に大阪タイガースに入団。三拍子そろった捕手として期待されたが、同年に故障し翌年には引退した。その後、社会人野球チーム日本新薬に監督兼選手として入団し、都市対抗野球大会に1957年の大会から1959年の大会まで3年連続で出場した。1961年からは監督に専念し、都市対抗野球に5回出場している。1988年からは、母校東山高校の野球部の監督を務め、1992年・1993年の春の甲子園に出場した。その後、佛教大学硬式野球部の総監督を務めた。2017年8月23日に膵臓癌のため死去。89歳。長谷部栄一 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田明

    堀田明から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    大学卒業後は、社会人野球の日本新薬に入社。1963年の都市対抗に積水化学の補強選手として出場。打撃の中心としてチームを引っ張り、決勝ではエース佐藤進を擁する富士製鐵室蘭を4-3で破り初優勝を飾る。堀田明 フレッシュアイペディアより)

  • 永易将之

    永易将之から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    大阪工大高(現・常翔学園高)から電電近畿(現・NTT西日本)に入社。1961年の大阪大会の日本新薬戦でノーヒットノーランを記録。1962年の第33回都市対抗野球大会の1回戦では21回3分の1を投げきった(22回裏1アウトで太田誠にサヨナラ本塁打を打たれ敗戦投手となった)。当時の270球は、今でも都市対抗野球の最多投球回数記録である。当初は速球を武器とするタフな本格派投手であり、オーバーハンドからの速球、切れ味の鋭いカーブは永易の名を高めた。永易将之 フレッシュアイペディアより)

  • 松本安司 (野球)

    松本安司 (野球)から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    とは西濃運輸、とはNTT東海の補強選手として都市対抗に出場。その後に社内の京都野球部に移籍し、コーチ兼任となった。に日本新薬の補強選手として都市対抗に出場し、10年連続出場の表彰を受けた。日産自動車九州との準々決勝では3安打4打点を挙げ、この試合で当時歴代4位にあたる都市対抗通算10本目の本塁打も放っている。同大会で優秀選手賞を受賞し、大会後に現役引退を発表した。松本安司 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 加藤貴之 (野球)

    加藤貴之 (野球)から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    は第70回JABA東京スポニチ大会で5回11安打6失点でノックアウトされるなど不調が続き、第86回都市対抗野球大会ではチームは本選出場を逃し、自身も補強選手に選ばれないなど苦しいシーズンとなったが、10月22日に行われたプロ野球ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズに2巡目で指名された。その後行われた第41回社会人野球日本選手権大会では2回戦の日本新薬戦で先発し、7回まで1失点に抑えていたが8回に3点を失い、後続も打たれ敗れた。加藤貴之 (野球) フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「日本新薬野球部」のニューストピックワード