23件中 11 - 20件表示
  • 吹石徳一

    吹石徳一から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    南部高校から社会人野球の日本新薬を経て、1974年のドラフトで近鉄バファローズから4位で指名されプロ入り。背番号は25で、引退まで近鉄に在籍してこの背番号をつけていた。内野はどのポジションでもこなせる器用さがあったが、控えの俊足・堅守の内野手として、内野手にアクシデントがあった時に登場することのある選手であった。吹石徳一 フレッシュアイペディアより)

  • 梅田邦三

    梅田邦三から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    高校卒業後、ノンプロの日本新薬を経て、1968年にドラフト9位指名で読売ジャイアンツへ入団。ここでは出番にあまり恵まれず、1971年に広野功・浜村孝両内野手との交換トレードで、高橋明・田中章両投手と共に西鉄ライオンズへ移籍した。梅田邦三 フレッシュアイペディアより)

  • 田中明 (野球)

    田中明 (野球)から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    翌も一光は都市対抗野球大会の出場を逃したが、西濃運輸に補強されて再び抑えを任される。しかし日本新薬との1回戦で7回途中から登板したものの、1?0で迎えた9回裏に先頭打者を四球で歩かせたのをきっかけに連続タイムリーを浴び、逆転サヨナラ負けを喫した。同年オフに一光を28歳で退部し他チームへの移籍も噂されたが、峰竜太が番組企画で結成した「ドラHOTリューターズ」に参加して茨城ゴールデンゴールズとの試合で登板した後はクラブチームなどでの登板はない。田中明 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 大城基志

    大城基志から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    2年目は、第66回JABA東京スポニチ大会の日本新薬戦では、8回途中を無失点に抑え9奪三振を記録する力投を見せた。チームは決勝進出を果たし、NTT西日本と対戦していたが、1回途中で東北地方太平洋沖地震が発生したためノーゲームとなり、両チームが優勝となった。同年の第82回都市対抗野球大会予選の2次予選には、第1代表決定戦に3番手として登板し、4安打無失点に抑え代表権獲得に貢献した。しかし夏以降調子を落とし、都市対抗1回戦でも先発を任されるも4回途中5失点と炎上し敗戦投手となった。大城基志 フレッシュアイペディアより)

  • 糸井嘉男

    糸井嘉男から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    京都府与謝郡与謝野町出身。学生時代は投手。田中雅彦(ロッテ)、中村真人(楽天)らと同期だった近畿大学では期待されながら、1年秋から先発を務めていた同学年でエースの野村宏之(元オリックス)や、1学年下の貴志款八(現:日本新薬)の陰に隠れ3年春まで関西学生野球連盟のリーグ戦出場がなかった。3年時の秋にリーグ戦デビュー。4年時にエースを任され、春季リーグ戦は5勝無敗(完封勝利2)の大活躍で最優秀選手、最優秀投手、ベストナインの3タイトルを獲得した。通算9勝1敗。秋、日本ハムに自由獲得枠で投手として入団。背番号は26。糸井嘉男 フレッシュアイペディアより)

  • 第79回都市対抗野球大会

    第79回都市対抗野球大会から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    京滋奈 京都市・日本新薬(8年連続26回目)第79回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本新薬

    日本新薬から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    1955年創部の日本新薬硬式野球部は都市対抗野球の常連であり、梅田邦三内野手、吹石徳一内野手、橋本健太郎投手などのプロ野球選手を輩出している。日本新薬 フレッシュアイペディアより)

  • JABA岡山大会

    JABA岡山大会から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    第32回(1988年) 日本新薬JABA岡山大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    7月12日 - 第77回都市対抗野球大会の予選が終了し、出場32チームが出揃った。最多出場回数は大阪市・日本生命(阪和第3代表)で48回目、初出場チームは京田辺市・ニチダイ(京滋奈第1代表)の1チームのみ。最長連続出場はさいたま市・日本通運(南関東第3代表)、京都市・日本新薬(京滋奈第2代表)の6年連続(日本通運は33回目、日本新薬は24回目の出場)、最長ブランク出場は東京都・明治安田生命(東京第3代表)の24年ぶり(2回目)。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た日本新薬硬式野球部日本新薬硬式野球部

    7月9日 - 第78回都市対抗野球大会の予選がこの日全日程を終了し、8月24日から開かれる本大会に出場する32チームが出揃った。初出場は矢巾町・岩手21赤べこ野球軍団(東北第3代表)、東京都・セガサミー(東京第3代表)、熊本市・熊本ゴールデンラークス(九州第2代表)の3チーム。いずれも活動2年目にして大舞台への出場権を得た。最多出場は大阪市・日本生命(阪和第1代表)の49回目。最長連続出場はさいたま市・日本通運(南関東第1代表、34回目)と京都市・日本新薬(京滋奈代表、25回目)の7年連続。組み合わせ抽選会は21日に行われる。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

23件中 11 - 20件表示

「日本新薬野球部」のニューストピックワード