前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示
  • 鈴木 大地

    鈴木大地から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    現在は母校・順天堂大学に准教授として勤務し、スポーツ医科学の研究に取り組む傍ら、同水泳部監督を務めるだけでなく、日本オリンピック委員会アスリート委員会委員、世界オリンピアン協会 (WOA) 理事、日本オリンピアンズ協会 (OAJ) 理事、日本アンチドーピング機構理事、日本水泳連盟競泳理事、世界アンチ・ドーピング機構のアスリート委員会委員を務める。鈴木大地 フレッシュアイペディアより)

  • 古橋廣之進

    古橋廣之進から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    現役引退後は大同毛織に入社。その後、母校・日本大学の教授や日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会会長を歴任した。古橋廣之進 フレッシュアイペディアより)

  • 金子正子

    金子正子から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    1944年東京都生まれ。1967年に東京家政学院を卒業後、東京シンクロクラブのコーチに。1980年から日本水泳連盟シンクロ強化部長。1984年ロサンゼルスオリンピックから1996年アトランタオリンピックまで、ナショナルチームを率いて合計7個のメダルを獲得。シドニーオリンピック、アテネオリンピックでは日本選手団の本部役員を務めた。2008年の北京オリンピックでは、それまで日本代表コーチであった井村雅代が開催国中国の代表コーチに就任したため、日本選手団のチームリーダーを務めたが、チーム種目では5位に終わり五輪で初めてメダルを逃した。金子正子 フレッシュアイペディアより)

  • 石森昌治

    石森昌治から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    石森 昌治(いしもりまさはる、1952年3月26日 - )は、広島県出身の水泳指導者である。株式会社埼北スイミングスクール(埼玉スウィンスイミングスクール)取締役ヘッドコーチ。日本水泳連盟競泳委員・強化コーチ。石森昌治 フレッシュアイペディアより)

  • 福山市緑町公園屋内競技場

    福山市緑町公園屋内競技場から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    日本水泳連盟公認50mプール、9コース      福山市緑町公園屋内競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 西側よしみ

    西側よしみから見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    西側よしみ(にしがわ よしみ、1953年4月8日-)は、大阪府茨木市出身の元競泳選手。現在は茨城県守谷市在住。武庫川女子大学短期大学部卒業。オリンピックに3大会連続で出場した。現在は村山よしみの名前で日本水泳連盟理事・広報委員長、社団法人日本マスターズ水泳協会理事やトータル・オリンピック・レディス会幹事等を務める。西側よしみ フレッシュアイペディアより)

  • 藤田明

    藤田明から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    藤田 明(ふじた あきら、1908年1月1日 - 2001年5月29日)は、日本の水泳・水球選手。ロサンゼルス五輪(1932年)水球日本代表選手主将兼コーチ。元日本水泳連盟会長。実業家、元日本ゼオン専務、関東ゴム社長。早稲田大学商学部卒業。広島県広島市出身。藤田明 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピック日本選手団

    北京オリンピック日本選手団から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    第84回日本選手権競泳部門において、日本水泳連盟が定めた独自の選考基準タイム(派遣標準記録)を突破し決勝で2位以内に入った選手が自動的に選出された。なお、自由形リレーについては、上位4人の合計タイムが団体選考基準を突破したことでチームとして代表に選出となった。また、派遣標準記録を突破していなくても、他種目で出場権を得ている場合にはエントリーする場合がある(この項では標準記録を突破していない種目に関しては()にその種目を記載する)。北京オリンピック日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 木原光知子

    木原光知子から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    高校在学時に東京オリンピックに出場し「ミミ」の愛称で一躍アイドル選手となった。100m自由形が主であったが、400mや個人メドレーなどでもトップクラスのオールラウンダーであった。競技を引退後は東レの水着モデルを務めるなどタレントに転向。その後、東レ関連会社の役員や自らの水着ブランドや水泳教室を運営するなどビジネス界に進出。40歳を超えてからマスターズ競技に復活し日本記録を樹立している。また各種スポーツ団体や岡山県関連の理事・委員や日本水泳連盟理事(2005年 - )を務めるなどの多方面で活躍していた。木原光知子 フレッシュアイペディアより)

  • 山本化学工業

    山本化学工業から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    世間で話題となったSpeedo社のレーザーレーサー(LZR)を着用した海外の選手達の驚異的な新記録が続出したため、急遽日本水泳連盟日本水泳連盟の契約メーカー(アシックス・デサント・ミズノ)に対して異例の五輪用競泳水着の改良を求めた。当時、山本化学工業は急遽記者発表を行い、日本代表競泳選手の為に無償で契約メーカー3社に対して素材の提供を発表。その後、ミズノとデサントがこの素材を一部に使用した水着を発表した。(ただし実際に着用した選手はほとんどおらず)。山本化学工業 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示

「日本水泳連盟」のニューストピックワード