186件中 41 - 50件表示
  • KAZSIN

    KAZSINから見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    2008年には日本水泳連盟公式アンセムとして、アルバム「水夢 〜 Go for VICTORY」を手がける。日本選手権・国体など全国の水泳会場で使用される。KAZSIN フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県立敷島公園水泳場

    群馬県立敷島公園水泳場から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    群馬県立敷島公園水泳場は群馬県前橋市の敷島公園内にある日本水泳連盟公認の50m屋内水泳場。群馬県立敷島公園水泳場 フレッシュアイペディアより)

  • 恩田運動公園

    恩田運動公園から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    50mプールは山口県では数少ない日本水泳連盟公認プールで、自動審判時計装置が設置されており、徒歩プール・スタンドには500人収容可能。1963年の第18回国民体育大会では水泳競技の会場となった(2011年のおいでませ!山口国体では山口きらら博記念公園に新設される屋内プールが会場となる)。恩田運動公園 フレッシュアイペディアより)

  • 大分市営温水プール

    大分市営温水プールから見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    日本水泳連盟公認の25mプール(25m x 17m x 1.2m)と、10mの幼児用プール(10m x 5m x 0.65-0.7m)からなる。大プールは全8コースで、3コース分には水深を0.6m-1.8mに調整できる可動床システムが導入されている。また、1 - 2階合計で300人を収容する観覧席を備えている。大分市営温水プール フレッシュアイペディアより)

  • 西村 生津琉

    西村 生津琉から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    平成9年 第37回全国中学校選抜水泳競技大会で優勝。水泳競技の日本水泳連盟公認記録会、全国大会では夏の長水路で3連覇、春の短水路で優勝西村 生津琉 フレッシュアイペディアより)

  • 扇町プール

    扇町プールから見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    大阪プールの移転に伴う扇町公園整備事業に併せて2011年(平成23年)に全面リニューアルを行った。現在は日本水泳連盟公認の短水路(25m)8コースを保有する屋内プールと、夏季(7 - 8月)に限定オープンする屋外プールがある。コナミスポーツ&ライフが指定管理者となっている。扇町プール フレッシュアイペディアより)

  • 山梨県小瀬スポーツ公園

    山梨県小瀬スポーツ公園から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    長水路(50m)9レーン、短水路(25m)7レーンの日本水泳連盟公認屋外水泳場。幼児用プールも備えている。山梨県小瀬スポーツ公園 フレッシュアイペディアより)

  • 明治大学グリフィンズ

    明治大学グリフィンズから見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    松本瀧蔵 - アメリカンフットボール部創設者、ハーバードMBA、衆議院議員・内閣官房副長官、日本アメリカンフットボール協会会長・日本アメリカンフットボール殿堂表彰者、日本体育協会理事、日本社会人野球協会副会長、日本水泳連盟理事明治大学グリフィンズ フレッシュアイペディアより)

  • 全日本ユース (U15) 水球競技選手権大会

    全日本ユース (U15) 水球競技選手権大会から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    全日本ユース (U15) 水球競技選手権大会(ぜんにほんユース (U15) すいきゅうきょうぎせんしゅけんたいかい)は、日本水泳連盟が主催する15歳以下を対象とした水球大会である。毎年12月24日から27日まで岡山県倉敷市にて男子は倉敷市屋内水泳センター、女子は児島地区公園水泳場で開催されており、「桃太郎カップ」の通称を持つ。全日本ユース (U15) 水球競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ水泳

    マスターズ水泳から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    基本的には他の競泳競技大会と同様に、個人種目は自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライの4泳法と、これを個人で順に行う個人メドレーがあり、団体種目はフリーリレー・メドレーリレーがある。距離についても他の競泳競技大会と同様に、自由形では 50m・100m・200m・400m・800m・1500m 、平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライでは 50m・100m・200m 、個人メドレーでは 100m(短水路のみ)・200m・400m 、フリーリレーでは 4×50m・4×100m・4×200m 、メドレーリレーでは 4×50m・4×100m が行われる。ただし、自由形については短距離種目(50m・100m・200m)のみ行われ、長距離種目(400m・800m・1500m)については大会進行の都合上行われない場合が多く、別に長距離大会が設けられている。マスターズ水泳の特徴として、国際水泳連盟及び日本水泳連盟で認められている上記の種目以外にも、自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライでは 25m 、フリーリレー・メドレーリレーでは 4×25m が短水路大会において行われており、記録として認められている。その関係で、短水路大会では 200m 種目が行われない場合も多い。また、男女混合リレーが存在するのもマスターズ水泳の特徴と言える。マスターズ水泳 フレッシュアイペディアより)

186件中 41 - 50件表示

「日本水泳連盟」のニューストピックワード