131件中 51 - 60件表示
  • 宮田健吾

    宮田健吾から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    財団法人日本水泳連盟競技担当宮田健吾 フレッシュアイペディアより)

  • レーザー・レーサー

    レーザー・レーサーから見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    2008年5月時点で、ミズノに代わりゴールドウイン社がSPEEDOとのライセンス契約を行い日本で商品展開することとなった。しかし、日本水泳連盟はゴールドウインとは契約しておらず、そのままでは北京オリンピックにおいて日本代表選手がレーザー・レーサー(以下、この水着)を着用できないという状況にあった。そこで日本水連はまず、「契約した3社(ミズノ、デサント、アシックス)に今後も改良を求める」との立場をとり、公式大会などで選手に試用させて比較を行ったうえ、6月10日を期日にゴールドウイン社つまりSPEEDOのこの水着の使用を認めるかどうか決めることとした。これを受け、各社は5月30日に改良型の水着を発表した。果たして6月6日に行われた競泳のジャパンオープンにおいて、この水着を着た選手が日本記録を連発(北島康介は6月8日に世界記録を更新)、17の新記録のうち16がこの水着を着用した選手によって生まれた。この結果を受け日本水連は6月10日、この水着の使用を認める方針を発表した。レーザー・レーサー フレッシュアイペディアより)

  • 野瀬瞳

    野瀬瞳から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    野瀬が大学進学に舵を切った背景としては、過去の「千葉すず騒動」も微妙な影を落としている。アトランタオリンピック後日本水泳連盟は、大学生選手を選手団の主軸としており、現在の社会人・プロ選手の大半は大学卒業後も選手活動を継続しているケースが多い。野瀬瞳 フレッシュアイペディアより)

  • オープンウォータースイミングジャパンオープン

    オープンウォータースイミングジャパンオープンから見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    オープンウォータースイミングジャパンオープン(Open Water Swimming Japan Open)は、毎年7月に千葉県館山市の北条海岸で開催されるオープンウォータースイミングの全国大会である。主催は日本水泳連盟オープンウォータースイミングジャパンオープン フレッシュアイペディアより)

  • 田口信教

    田口信教から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    尾道高校卒業後、田口の才能を中央に流出させまいと広島県水泳連盟の関係者が、地元フジタ工業の藤田正明、藤田一暁に協力を要請。関係者の熱意により広島市に「フジタドルフィンクラブ」が設立され、広島商科大学(現・広島修道大学)に進学した田口は、このスイミングクラブで、コーチや仲間と精進を積み、足首を水面ギリギリまで沈める「新・田口キック」とフライングギリギリのロケットスタートを完成させ、同大3年在学中の1972年、ミュンヘンオリンピックに出場。100m平泳ぎでは優勝候補筆頭に上げられていたが、その重圧に潰されることなく準決勝でこの2年間はね返され続けた1分6秒の壁を破る1分5秒1の驚異的な世界記録をマーク。決勝では50mまでは7位だったが残り25mで前団をゴボウ抜き1分4秒9の世界新記録を樹立、金メダル獲得の偉業を成し遂げた。日本の競泳選手としては、1956年メルボルンオリンピックの古川勝(200m平泳ぎ)以来16年ぶりの金メダルであった。更に200m平泳ぎでも2分23秒9で銅メダルを獲得した。田口の金メダルは、同大会の女子バタフライ100mで金メダルを獲得した山田スイミングクラブ所属の青木まゆみと共に、日本水泳連盟の選手強化システムとはまったく関係のない、スイミングクラブ独自の方式で培養されたものであり、既成の水連システムに、痛烈な水しぶきを浴びせる結果となった。 田口はこの大会では200m平泳ぎでも銅メダルを獲得している。田口信教 フレッシュアイペディアより)

  • 田口正治

    田口正治から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    1961年に日本水泳連盟が東京オリンピックを目指す選手育成と強化指導体制の構築を図るべく、立ち上げた強化本部に入り、競泳強化委員長として東京オリンピックへ向けた競泳チームの指導と強化体制の指揮采配を振った。1964年の東京オリンピック本番では競泳チームヘッドコーチを務めた。田口正治 フレッシュアイペディアより)

  • 末弘厳太郎

    末弘厳太郎から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    また、日本水泳連盟(当時は大日本水上競技連盟)の発足に尽力し、1927年(昭和2年)には会長にも就任している。ベルリンオリンピックには水泳競技の役員として参加した。水泳選手のために「練習10則」を1939年(昭和14年)に制定したことでも知られる。末弘厳太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 恩田運動公園

    恩田運動公園から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    50mプールは山口県では数少ない日本水泳連盟公認プールで、自動審判時計装置が設置されており、徒歩プール・スタンドには500人収容可能。1963年の第18回国民体育大会では水泳競技の会場となった(2011年のおいでませ!山口国体では山口きらら博記念公園に新設される屋内プールが会場となる)。恩田運動公園 フレッシュアイペディアより)

  • 白石安男

    白石安男から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    近年の研究では、澤木啓祐(日本陸上競技連盟専務理事)との共同研究や、鈴木大地(日本水泳連盟常務理事・順天堂大学准教授)との共同研究において運動習慣、食生活、ストレスなど、保健衛生学に関連する多くの要因を取り入れた因果モデルを構造方程式(共分散構造分析)にて構築し、水泳や水中運動の健康づくりに対する寄与度を分析したり、白石安男 フレッシュアイペディアより)

  • 小池禮三

    小池禮三から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    日本水泳連盟顧問を務めた。小池禮三 フレッシュアイペディアより)

131件中 51 - 60件表示

「日本水泳連盟」のニューストピックワード