186件中 61 - 70件表示
  • 林務

    林務から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    1936年、東京生まれ。1959年、明治大学商学部卒業。明治大学水泳部の監督を務めた他、アトランタオリンピック競泳競技監督、 ドーハ・アジア大会日本選手団団長、アテネオリンピック日本選手団副団長などを務めた。また、日本オリンピック委員会副会長、日本水泳連盟副会長などに就任した。林務 フレッシュアイペディアより)

  • 浜口喜博

    浜口喜博から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    1952年ヘルシンキオリンピック男子800m自由形リレー銀メダリスト。引退後は俳優に転向するも、その後は日本水泳連盟役員を歴任、死去時は顧問を務めていた。浜口喜博 フレッシュアイペディアより)

  • 石森昌治

    石森昌治から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    石森 昌治(いしもり まさはる、1952年3月26日 - )は、広島県出身の水泳指導者である。株式会社埼北スイミングスクール(埼玉スウィンスイミングスクール)取締役ヘッドコーチ。日本水泳連盟競泳委員・強化コーチ。石森昌治 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スイミングセンター

    東京スイミングセンターから見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    1966年11月に日本水泳連盟が奈良県内で全国コーチ研修会を開催した際、日本水泳連盟名誉会長田畑政治と日本水泳連盟会長の奥野良ら関係者が天理教2代真柱中山正善(東京スイミングセンター(以下、TSC)設立者)と会い懇談した。 懇談の場で田畑氏は、「水泳日本の再建には、選手強化に使えるプールが東京に必要だ」と中山氏に訴え、中山氏は田畑氏に水泳日本復活の為に協力する事を約束した。 このような経緯で設立が決まり、1968年6月豊島区駒込にTSCが誕生した。なお、中山正善2代真柱はTSC誕生前年の1967年11月14日に他界している。東京スイミングセンター フレッシュアイペディアより)

  • 帯広の森市民プール

    帯広の森市民プールから見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    日本水泳連盟公認50 m競泳プール帯広の森市民プール フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市立桃園市民プール

    北九州市立桃園市民プールから見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    施設は屋外・室内の両方を備える。屋外は、日本水泳連盟公認コースではないものの長水路・短水路の両方を備えた本格的なもので、かつては大会などで賑わっていたであろうことを偲ばせる階段状の観客席が今も残されている。ほかには幼児用プールもあり、後述の室内で代替できる長水路を除き市内の他の屋外プール同様夏期のみの営業となっている。北九州市立桃園市民プール フレッシュアイペディアより)

  • 尾道中学校・高等学校

    尾道中学校・高等学校から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    石森昌治(水泳指導者、埼玉スウィンスイミングスクール取締役ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員・強化コーチ)尾道中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 小池禮三

    小池禮三から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    日本水泳連盟顧問を務めた。小池禮三 フレッシュアイペディアより)

  • 遊佐正憲

    遊佐正憲から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    第二次世界大戦後に日本水泳連盟技術指導委員となり、自由型短距離選手の強化を担当した。遊佐正憲 フレッシュアイペディアより)

  • 高石勝男

    高石勝男から見た日本水泳連盟日本水泳連盟

    1964年の第18回夏季オリンピック東京大会では水泳日本代表総監督を務めた。また、日本水泳連盟会長などを歴任し、紫綬褒章を受章。高石勝男 フレッシュアイペディアより)

186件中 61 - 70件表示

「日本水泳連盟」のニューストピックワード