318件中 91 - 100件表示
  • 和田津開町

    和田津開町から見た日本製紙日本製紙

    昭和43年11月1日、国策パルプ(現日本製紙)の立地に伴い、その大部分の地域が接収されて豊浦町に編入された。産業は農業で、ほとんどは兼業農家である。和田津開町 フレッシュアイペディアより)

  • スコッティ

    スコッティから見た日本製紙日本製紙

    スコッティ (scottie) は、日本製紙グループの日本製紙クレシアが発売しているティッシュペーパー、トイレットペーパーなどの商品名。クリネックスとともに日本製紙を代表するブランドである。スコッティ フレッシュアイペディアより)

  • 篠原茂

    篠原茂から見た日本製紙日本製紙

    結局、7月から鷺巣に請われて再びピープロに戻り、プロデューサーとしてピープロ作品全般の制作進行を取りまとめた。『宇宙猿人ゴリ』は当初「公害」がテーマで、大昭和製紙のヘドロ垂れ流し現場をそのまま撮影してクレームをつけられたが、映像の自粛程度で済んだという。「交通公害」テーマの怪獣「クルマニクラス」は公募デザインによる怪獣だが、愛知県警の「交通安全キャンペーン」に採用され、垂れ幕などにこの怪獣の絵が使われた。篠田はこれを『スペクトルマン』で最も印象に残った出来事に挙げている。第52話に登場する怪獣「マウントドラゴン」は、実物大になる怪獣の模型を実際にトレーラーに載せて公道でロケを行ったものの、撮影許可がなかなか下りなかった。そこで芦田を通じて政治家に頼んでなんとか撮影が実現したという。篠原茂 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤知一郎

    斉藤知一郎から見た大昭和製紙日本製紙

    昭和13年(1938年)、自らが社長を務める昭和製紙、昭和産業、駿富製紙の3社と、五弟・信吉が社長の岳陽製紙に大正工業を加えた5社を合併して、大昭和製紙(現・日本製紙)を設立、会長に就任。昭和18年(1943年)、社長となった。斉藤知一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉製紙所

    小倉製紙所から見た日本製紙日本製紙

    小倉工場はその後太平洋戦争中も稼動し、戦後1949年8月の王子製紙解体に際しては十條製紙(現・日本製紙)へと継承された。しばらく十條製紙によって操業を続けたが、八代工場(熊本県八代市、日本製紙八代工場として操業中)への設備移設に伴い、1966年11月20日に閉鎖された。小倉製紙所 フレッシュアイペディアより)

  • 牛朱別川

    牛朱別川から見た日本製紙日本製紙

    本流合流点から約3.6km上流にある日本製紙工業用水取水堰の水は製紙プラント用の工業用水として利水される。牛朱別川 フレッシュアイペディアより)

  • 前田製紙

    前田製紙から見た日本製紙日本製紙

    1916年(大正5年)樺太工業系の北海道興業(大川平三郎)が日本橋倶楽部の創立総会にて発足。1919年(大正8年)樺太工業が富士製紙と合併し、第四工場全焼から7年後の1920年(大正9年)、富士製紙の手によって、釧路の西、釧路郡鳥取村(現・釧路市鳥取南)に釧路工場が操業を開始した。釧路における製紙業の拠点は天寧から鳥取へ移った。同工場は王子製紙(初代)を経て十條製紙に継承され、現在でも日本製紙の基幹工場 釧路工場として操業を続けている。前田製紙 フレッシュアイペディアより)

  • ウェアーハウザー

    ウェアーハウザーから見た日本製紙日本製紙

    1976年:日本製紙との間で木材生産を目的とした合弁事業を開始。ウェアーハウザー フレッシュアイペディアより)

  • 篠田弘作

    篠田弘作から見た日本製紙日本製紙

    富山県富山市に、篠田信宣の二男として生まれる。1900年の富山大火による自宅の焼失、信宣の死去など不幸が相次ぎ、1908年に一家は樺太へ移住、貧困の中で少年時代を過ごした。その後商店の小僧、小学校教諭などを経て、1927年早稲田大学専門部政治経済科を卒業、東京朝日新聞記者となる。山形支局長、千葉支局長を歴任し、1940年経済部長丹波秀伯の強引な勧めにより、水野成夫・南喜一が経営していた「大日本再生製紙」(日本製紙の前身の一つ)に入社する。理事兼札幌支店長として渡道し、同社勇払工場(苫小牧市)の建設を指揮した。篠田弘作 フレッシュアイペディアより)

  • クリネックス

    クリネックスから見た日本製紙日本製紙

    日本では、1963年に、KC社と十條製紙の合弁で設立された十條キンバリーから日本で初めてティッシュペーパーを発売。それまでは「ちり紙」市場がほとんどだったが、瞬く間に売れて普及に至る。その後、1993年に、十條製紙と山陽国策パルプ(スコッティの発売元である山陽スコットの親会社)が合併して日本製紙となり、1996年、十條キンバリーもクレシア(1993年山陽スコットから社名変更、2006年日本製紙クレシアに社名変更)と合併した。現在、クリネックスは、スコッティと共に日本製紙クレシアから発売されている。クリネックス フレッシュアイペディアより)

318件中 91 - 100件表示

「日本製紙石巻野球部」のニューストピックワード