318件中 101 - 110件表示
  • クリネックス

    クリネックスから見た十條製紙日本製紙

    日本では、1963年に、KC社と十條製紙の合弁で設立された十條キンバリーから日本で初めてティッシュペーパーを発売。それまでは「ちり紙」市場がほとんどだったが、瞬く間に売れて普及に至る。その後、1993年に、十條製紙と山陽国策パルプ(スコッティの発売元である山陽スコットの親会社)が合併して日本製紙となり、1996年、十條キンバリーもクレシア(1993年山陽スコットから社名変更、2006年日本製紙クレシアに社名変更)と合併した。現在、クリネックスは、スコッティと共に日本製紙クレシアから発売されている。クリネックス フレッシュアイペディアより)

  • 王子区

    王子区から見た日本製紙日本製紙

    明治時代に入ると、のちに王子区となる範囲が浦和県(現・埼玉県)に属した。1871年には東京府に編入され、王子村と周辺の村々が合併して王子村となり、旧王子村が大字王子として新設された村の中心となった。1875年になると、台地東の低地(現王子駅の東側)に日本で最初の洋紙工場(旧王子製紙、王子ホールディングスおよび日本製紙の前身)が操業を開始した。翌年には印刷局がその隣接地に印刷所を設立し、石神井川・隅田川に沿った一帯の低地(現・北区王子、北区豊島)に工場が建設され始める。王子区 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県立勿来高等学校

    福島県立勿来高等学校から見た日本製紙日本製紙

    学校のすぐ南を蛭田川が流れている。また北には日本製紙勿来工場、また茨城県道・福島県道10号日立いわき線を隔てた反対側にはいわき市立勿来第一中学校がある。福島県立勿来高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 北王子線

    北王子線から見た日本製紙日本製紙

    以後は倉庫として使用され続けた十條製紙(旧・王子製紙、現・日本製紙)十條工場へ向かう北王子線のみ残されていた。北王子線 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の政治

    1993年の政治から見た大昭和製紙日本製紙

    東京地検特捜部、斉藤了英・大昭和製紙前名誉会長を贈賄容疑で東京地裁に起訴。本間俊太郎前宮城県知事を追起訴する。1993年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 堀船

    堀船から見た日本製紙日本製紙

    東京都北区の南東部東端部、荒川区および足立区との区境に位置する。町域北東を隅田川を挟んで対岸に足立区宮城と相対し、南東を荒川区西尾久、南を上中里および栄町、西を石神井川を挟んで王子、北を同じく石神井川を挟んで豊島と相対する。町域内を明治通りが北西から南東に通る。町域内には住宅地とともに中小の工場が多数立地している。かつて、キリンビールの東京都内で唯一の生産拠点であった東京工場が所在していたが、1998年8月に取手工場(茨城県取手市)と栃木工場(栃木県塩谷郡高根沢町。2010年閉鎖)に生産ラインを統合する形で操業を停止・閉鎖した。同工場は1957年、東洋紡績王子工場の跡地に建設され、横浜工場(神奈川県横浜市鶴見区)と共に関東地方の製造拠点の一つであった。工場跡地はその後、読売新聞・朝日新聞・日刊スポーツなどの3社合同による新聞の印刷工場と日本製紙の新聞用紙保管倉庫が建設されている。堀船 フレッシュアイペディアより)

  • 本牧埠頭駅

    本牧埠頭駅から見た日本製紙日本製紙

    主な取扱品目は、石巻港駅発送の日本製紙石巻工場製の印刷紙や、新潟貨物ターミナル駅発送の北越紀州製紙新潟工場製の高級洋紙である。なお、北越製紙の高級洋紙は以前は専用貨物列車に連結されて当駅を発着していたが、輸送の適正化から2007年3月18日のダイヤ改正を期に高速貨物列車で当駅に発着するようになり、輸送の速達化が図られている。また、2006年8月末まで二本木駅から日本曹達家畜飼料添加物「DLメチオニン」が当駅まで輸送されていた。本牧埠頭駅 フレッシュアイペディアより)

  • 安場末喜

    安場末喜から見た山陽パルプ日本製紙

    四男 安場保国(山陽パルプ副社長)安場末喜 フレッシュアイペディアより)

  • アサヒ紙工

    アサヒ紙工から見た大昭和製紙日本製紙

    1975年 大昭和製紙株式会社と資本提携。アサヒ紙工 フレッシュアイペディアより)

  • 木村八重子

    木村八重子から見た日本製紙日本製紙

    日本製紙クレシア ポイズ(2013年)木村八重子 フレッシュアイペディアより)

318件中 101 - 110件表示

「日本製紙石巻野球部」のニューストピックワード