318件中 111 - 120件表示
  • 大日本百科事典

    大日本百科事典から見た国策パルプ工業日本製紙

    特抄コート紙 : 三菱製紙(株)、国策パルプ工業(株)(山陽国策パルプ(株))大日本百科事典 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本百科事典

    大日本百科事典から見た山陽国策パルプ日本製紙

    特抄コート紙 : 三菱製紙(株)、国策パルプ工業(株)(山陽国策パルプ(株))大日本百科事典 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙グループ本社

    日本製紙グループ本社から見た日本製紙日本製紙

    株式会社日本製紙グループ本社(にっぽんせいしグループほんしゃ、英文社名 Nippon Paper Group, Inc.)はかつて存在した日本製紙グループの持株会社。日本製紙グループ本社 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄230形蒸気機関車

    国鉄230形蒸気機関車から見た日本製紙日本製紙

    上記の他、樺太庁鉄道に保管転換されていた270は、南樺鉄道を経て、1941年に内地の東北振興パルプへ移りB391となったが、1942年6月にB381に改番され、1955年ごろまで使用された。国鉄230形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 宮島清次郎

    宮島清次郎から見た日本製紙日本製紙

    1930年代以降は幅広く経済界で活躍するようになり、1938年に朝日新聞や化繊業界が中心となって「国策パルプ」(日本製紙の前身の一つ)が設立されると、関係者筋から広く推されて社長に就任した。この仕事で、当時経営者として駆け出しの水野成夫・南喜一を見出し育てていった。1940年、60歳を期に日清紡社長を鷲尾勇平に引継ぎ、会長に就任する。宮島清次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 宮島清次郎

    宮島清次郎から見た国策パルプ日本製紙

    1930年代以降は幅広く経済界で活躍するようになり、1938年に朝日新聞や化繊業界が中心となって「国策パルプ」(日本製紙の前身の一つ)が設立されると、関係者筋から広く推されて社長に就任した。この仕事で、当時経営者として駆け出しの水野成夫・南喜一を見出し育てていった。1940年、60歳を期に日清紡社長を鷲尾勇平に引継ぎ、会長に就任する。宮島清次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三好基之

    三好基之から見た国策パルプ日本製紙

    鳥取県米子市道笑町出身。昭和16年(1941年)東京帝国大学法学部卒。1950年国策パルプ工業に入り、58年総務部副部長、同年サンケイ新聞社取締役。67年副社長となり、西武百貨店副社長を兼ねる。1979年三島製紙顧問に転じ、80年社長、86年相談役。三好基之 フレッシュアイペディアより)

  • 新生紙パルプ商事

    新生紙パルプ商事から見た日本製紙日本製紙

    新生紙パルプ商事株式会社(しんせいかみぱるぷしょうじ)は、紙・パルプを主に販売している商社である。業界3位。旧大昭和製紙の製品取り扱いが多かったことから日本製紙系。日本製紙、王子製紙、北越紀州製紙等の販売代理店である。新生紙パルプ商事 フレッシュアイペディアより)

  • 有恒社

    有恒社から見た日本製紙日本製紙

    江戸時代が終って明治時代に入り、日本でも工業化がその緒に就くと、欧米諸国から輸入した抄紙機を用いて洋紙を生産する製紙会社が現れ始めた。東京の抄紙会社(後の王子製紙)および三田製紙所、大阪の蓬莱社製紙部(後の中之島製紙)、京都のパピール・ファブリック、神戸の神戸製紙所(現・三菱製紙)などがそれである。これらの会社はいずれも1875年以降に操業を開始したのであるが、これに先立つ1874年に操業を開始したのが有恒社である。設立は1872年2月で、現在の大手メーカーである王子グループや日本製紙の起源である初代王子製紙の設立(1873年2月)よりも1年先立つ。工場建設には至らなかったが1871年に設立された日本初の製紙会社である洋法楮製商社に続く、2番目の製紙会社であった。有恒社 フレッシュアイペディアより)

  • 齊藤喜久蔵

    齊藤喜久蔵から見た日本製紙日本製紙

    齊藤 喜久蔵(さいとう きくぞう、1923年11月30日 - 2003年9月8日)は、日本の技術者・実業家。大昭和製紙社長・会長を務めた。齊藤喜久蔵 フレッシュアイペディアより)

318件中 111 - 120件表示

「日本製紙石巻野球部」のニューストピックワード