318件中 11 - 20件表示
  • 白老川

    白老川から見た日本製紙日本製紙

    河口から約6km上流までは大型の連接ブロック護岸で造成されており、河口から約3km上流にある日本製紙工業用水取水堰の水は製紙プラント用の工業用水として利水される。白老川 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙ケミカル

    日本製紙ケミカルから見た日本製紙日本製紙

    2012年10月1日、親会社の日本製紙に吸収合併され、同社のケミカル事業本部となった。日本製紙ケミカル フレッシュアイペディアより)

  • ヴィガしらおい

    ヴィガしらおいから見た日本製紙日本製紙

    チームの前身は、大昭和製紙が保有していた企業チームの大昭和製紙北海道硬式野球部。ヴィガしらおい フレッシュアイペディアより)

  • 岩畔豪雄

    岩畔豪雄から見た大日本再生製紙日本製紙

    近衛内閣のために各界の人材を集めて「国策研究会」を編成し、そこで総合的に国策を論じた「総合国策十年計画」を策定。これは内閣の基本原案となる。この中に国策としてパルプ自給をはかるという項目が含まれており、これが南喜一と水野成夫が持ち込んだ米糠を媒体に使い、新聞紙からインキを抜いて再生紙を作るというアイデアの採用、軍用の製紙会社・国策パルプ(1938年設立、1940年大日本再生製紙)設立に至る。当時の製紙業界は海軍に近い王子製紙が独占し、陸軍は王子に対し好感情を持っていなかった。また王子製紙の大口の得意先は、毎日新聞と読売新聞であったため、新会社設立にあたり、岩畔の命を受けて動いたのが、朝日新聞の経済部長だった丹波秀伯で、1938年日清紡績社長・宮島清次郎を社長に迎えて国策パルプを設立させた。朝日新聞も自社の息のかかった製紙会社を望んでいた。南の持ち込んだアイデアは結局、線維素のパーセンテージが足らず実際には採用されなかったが、憲兵隊の指揮もしていた岩畔は転向した南と水野を非常に買っており、元共産党員だからという周囲の反対をはねつけ、二人に国策パルプの全額出資で別会社・大日本再生製紙を作らせた。これはまだ二人が海のものとも山のものとも分からなかったからであるが、南と水野を最初に見出したのは岩畔である。大日本再生製紙の実務は、この二人と丹波が連れてきた篠田弘作を加えた三名で主に行う。鹿内信隆はこの時の陸軍の担当事務官(需品本廠監督官)。太平洋戦争開戦後に岩畔がインド独立工作に関わるため、岩畔は同工作に水野を招いている。岩畔豪雄 フレッシュアイペディアより)

  • 倉持長次

    倉持長次から見た日本製紙日本製紙

    倉持 長次(くらもち ちょうじ、大正13年(1924年)12月17日 - 平成17年(2005年)8月7日)は、日本の実業家。元日本製紙会長。漫画家のくらもちふさこと倉持知子は娘。倉持長次 フレッシュアイペディアより)

  • 勇払

    勇払から見た日本製紙日本製紙

    勇払は苫小牧市の南東に位置する。勇払平野にあたり、北で沼ノ端、北東で柏原、東で弁天、西の苫小牧港南側で真砂町、苫小牧港北側で晴海町、北西の道路上の一点で柳町、北西でこの他明野元町・拓勇西町と隣接する。太平洋に面する。苫小牧港や工業地帯に近接するため、労働者のための下宿、旅館などが30近くある。サーフィンスポットとしても有名。ただし沖合いのある地点から急に深くなるため注意を要し、また漂着物が多い。町の東側を勇払川が流れている。入植の歴史もあり、かつては栄えていたが、市の行政機関の移転や掘り込み港湾の苫小牧港の存在により市内中心部への接続が難しくなり、現在は小規模な市街地にとどまっている。一方で、トヨタ自動車・日本製紙・アイシン北海道などの工場が連なる経済的には重要な区域である。勇払 フレッシュアイペディアより)

  • 比奈駅

    比奈駅から見た日本製紙日本製紙

    1951年(昭和26年)12月20日 - 岳南鉄道の駅として開業。同時に大昭和製紙吉永工場専用線が運行開始。比奈駅 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙旭川硬式野球部

    日本製紙旭川硬式野球部から見た日本製紙日本製紙

    山陽国策パルプの旭川事業所で『山陽国策パルプ旭川硬式野球部』として発足。日本製紙旭川硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙釧路工場

    日本製紙釧路工場から見た日本製紙日本製紙

    日本製紙釧路工場は、北海道釧路市にある日本製紙の製紙工場である。日本製紙釧路工場 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タム4900形貨車

    国鉄タム4900形貨車から見た日本製紙日本製紙

    落成時の所有者は三井金属鉱業、東洋紡績であった。三井金属鉱業所有全車は1964年(昭和39年)12月28日に東洋紡績へ名義変更された。東洋紡績所有車4両(タム4918 - タム4921)は1968年(昭和43年)4月9日に興国人絹パルプ(社名はその後「興人」へ変更)へ、また18両(タム4900 - タム4917)は同年5月6日に十条製紙へ名義変更された。国鉄タム4900形貨車 フレッシュアイペディアより)

318件中 11 - 20件表示

「日本製紙石巻野球部」のニューストピックワード