318件中 21 - 30件表示
  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見た日本製紙日本製紙

    王子製紙 5 - 2 日本製紙クレインズ2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • サンスクエア

    サンスクエアから見た日本製紙日本製紙

    サンスクエアは、東京都北区王子にある複合レジャー施設である。ボウリング場やテニスコート、バッティングセンターなどのスポーツ施設のほか、飲食店やスーパーマーケット(東武ストア王子店)が入居する。運営は、日本製紙グループの日本製紙総合開発。サンスクエア フレッシュアイペディアより)

  • 齊藤了英

    齊藤了英から見た日本製紙日本製紙

    齊藤 了英(さいとう りょうえい、1916年(大正5年)4月17日 - 1996年(平成8年)3月30日)は、日本の実業家。大昭和製紙(現・日本製紙)名誉会長。「東海の暴れん坊」の異名をとった。大昭和製紙創立者斉藤知一郎の長男。齊藤了英 フレッシュアイペディアより)

  • 四国コカ・コーラボトリング

    四国コカ・コーラボトリングから見た日本製紙日本製紙

    日本製紙グループ。旧十條製紙の100%子会社だったが、旧山陽国策パルプとの合併の際に資金調達策として1993年(平成5年)に株式を上場した。しかし2009年(平成21年)10月1日付で株式交換により日本製紙グループ本社の完全子会社となり、同年9月25日に上場廃止となる。これに先立ち、同年6月18日付で日本製紙保有株式が日本製紙グループ本社に移され、日本製紙グループ本社の直接の子会社となった。2013年(平成25年)4月に日本製紙グループ本社が日本製紙に合併され、日本製紙の完全子会社であったが、2015年(平成27年)5月からコカ・コーラウエストの完全子会社になった。四国コカ・コーラボトリング フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙石巻硬式野球部

    日本製紙石巻硬式野球部から見た日本製紙日本製紙

    運営母体は、大手製紙会社の日本製紙日本製紙石巻硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 北王子駅

    北王子駅から見た日本製紙日本製紙

    専用線発着のコンテナ貨物 - 日本製紙専用線発着のものを取り扱う。北王子駅 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原駅

    吉原駅から見た日本製紙日本製紙

    駅東側にある日本製紙富士工場鈴川製造所(旧・鈴川工場)へ続く専用線があり、コンテナや有蓋車(ワム80000形貨車)を用いる製品輸送などが行われていた。有蓋車の発送先は新座貨物ターミナル駅だった。吉原駅 フレッシュアイペディアより)

  • 北越紀州製紙

    北越紀州製紙から見た日本製紙日本製紙

    王子製紙が北越製紙に対して経営統合を提案したうえで敵対的買収を試みるも、ホワイトナイトとして三菱商事及び日本製紙が登場し、失敗に終わった。王子製紙は、秘密裏に株式を買い集めて突如としてTOBを仕掛けるのではなく、まずは経営統合案を提示して友好的な買収を志向するという、「和洋折衷」的な手法を採ったものの、そのために、結果としては、北越製紙の経営陣に反撃の機会を与えることとなったと言われている。北越紀州製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子ホールディングス

    王子ホールディングスから見た日本製紙日本製紙

    王子ホールディングスは1949年(昭和24年)8月1日、過度経済力集中排除法に基づいて解体された王子製紙(初代、以下初代王子製紙)の後継会社の一つとして、苫小牧製紙株式会社(とまこまいせいし)の社名で設立された。社名のとおり、初代王子製紙が運営していた苫小牧工場(北海道苫小牧市、現・王子製紙苫小牧工場)を継承し、拠点とした。工場は1か所のみであるが、複数工場を継承した他の後継会社、十條製紙(現:日本製紙)・本州製紙よりも生産量は多く、生産量で発足時より国内トップの製紙会社であった(1949年の生産高シェアは17.2%)。当時の主力製品は新聞用紙である。王子ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 氷見線

    氷見線から見た日本製紙日本製紙

    能町駅の先で万葉線高岡軌道線と交差して中越パルプ工業の脇を進むと小矢部川を渡って工業地帯に入り、東亞合成高岡工場と、日本総合リサイクル(旧日本製紙伏木工場)を右手に見ながら進む。この先、直進方向には貨物ヤードが設けられているが、氷見線は貨物ヤードの方向から左へ分かれ、カーブを進んだところに伏木駅がある。氷見線 フレッシュアイペディアより)

318件中 21 - 30件表示

「日本製紙石巻野球部」のニューストピックワード