250件中 51 - 60件表示
  • 日本紙通商

    日本紙通商から見た日本製紙日本製紙

    日本紙通商株式会社(にっぽんかみつうしょう、英称:NP Trading Co., Ltd.) は、日本製紙グループの卸売業者である。グループの代理店(一次卸)として主に紙・パルプやその関連製品の販売を行っている。日本紙通商 フレッシュアイペディアより)

  • 本牧埠頭駅

    本牧埠頭駅から見た日本製紙日本製紙

    主な取扱品目は、石巻港駅発送の日本製紙石巻工場製の印刷紙や、新潟貨物ターミナル駅発送の北越紀州製紙新潟工場製の高級洋紙である。なお、北越製紙の高級洋紙は以前は専用貨物列車に連結されて当駅を発着していたが、輸送の適正化から2007年3月18日のダイヤ改正を期に高速貨物列車で当駅に発着するようになり、輸送の速達化が図られている。また、2006年8月末まで二本木駅から日本曹達家畜飼料添加物「DLメチオニン」が当駅まで輸送されていた。本牧埠頭駅 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄230形蒸気機関車

    国鉄230形蒸気機関車から見た日本製紙日本製紙

    上記の他、樺太庁鉄道に保管転換されていた270は、南樺鉄道を経て、1941年に内地の東北振興パルプへ移りB391となったが、1942年6月にB381に改番され、1955年ごろまで使用された。国鉄230形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • トラック&フィールド

    トラック&フィールドから見た大昭和製紙日本製紙

    かつては東京急行電鉄、リッカー、大昭和製紙、八幡製鐵をはじめトラック&フィールドを抱える実業団も存在したが、現在では長距離中心の実業団が大勢を占め、トラック&フィールドも強化している実業団は富士通、スズキ(富士通とスズキは駅伝にも取り組んでいる)、三洋信販などごく一部だけで、大多数の選手は単独の所属かクラブチームなどの所属になる。昨今の特色としてこのクラブチームや専門学校などが全日本実業団対抗陸上競技選手権大会や各地区のそれに出場してくることが多く、実業団システムに代わる新しい形態として注目されている。また単独所属で指導者不在の場合には出身高校や大学で指導を仰ぐ選手も増えてきている。トラック&フィールド フレッシュアイペディアより)

  • セントプレイスシティ

    セントプレイスシティから見た十条製紙日本製紙

    元々日本製紙(旧十条製紙)の工場が位置していたが、様々な原因で取り壊された。この地域は製紙工場などが多数存在していたため、大規模な土地を確保することができた。セントプレイスシティ フレッシュアイペディアより)

  • セントプレイスシティ

    セントプレイスシティから見た日本製紙日本製紙

    元々日本製紙(旧十条製紙)の工場が位置していたが、様々な原因で取り壊された。この地域は製紙工場などが多数存在していたため、大規模な土地を確保することができた。セントプレイスシティ フレッシュアイペディアより)

  • 北王子線

    北王子線から見た日本製紙日本製紙

    倉庫として使用され続けた十條製紙(旧・王子製紙、現・日本製紙)十條工場へ向かう北王子線のみ残されている。北王子線 フレッシュアイペディアより)

  • 豊浦町 (小松島市)

    豊浦町 (小松島市)から見た日本製紙日本製紙

    小松島市の中心部に位置し、南は赤石町、東は和田津開町に接続、北は小松島湾に臨んでいる。全域が日本製紙小松島工場の敷地であり、住民の全員が社宅住まいであったが、2008年9月30日に工場は閉鎖しており、現在は誰も住んでおらず、廃墟の状態である。地形は平均標高5mくらいである。豊浦町 (小松島市) フレッシュアイペディアより)

  • 港北駅

    港北駅から見た日本製紙日本製紙

    1980年頃から日本製紙勇払工場で生産された紙製品が、当駅で有蓋貨車に積み込まれ飯田町駅へ輸送されていた。その後1994年(平成6年)にコンテナによる輸送に置き換わり、発駅も苫小牧駅に変更になり廃止になった。港北駅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田津開町

    和田津開町から見た日本製紙日本製紙

    昭和43年11月1日、国策パルプ(現日本製紙)の立地に伴い、その大部分の地域が接収されて豊浦町に編入された。産業は農業で、ほとんどは兼業農家である。和田津開町 フレッシュアイペディアより)

250件中 51 - 60件表示

「日本製紙石巻野球部」のニューストピックワード