318件中 61 - 70件表示
  • 長安口ダム

    長安口ダムから見た日本製紙日本製紙

    洪水調節については先述の通りジェーン台風を基準に100年に1度の確率の洪水を対象に、ダム地点における計画高水流量を毎秒6,400トンから毎秒5,400立方メートル(毎秒1,000立方メートルのカット)へと低減させる。毎秒5,400立方メートルを最大で放流することから、強力な水圧に耐えられる水門を六門備えている。不特定利水については阿南市・小松島市・那賀郡那賀川町・那賀郡羽ノ浦町の農地7,300ヘクタールに対して、最大で毎秒30立方メートルの慣行水利権分の農業用水を補給するほか、王子製紙と日本製紙が持つ既得工業用水利権分の用水も補給する。長安口ダム フレッシュアイペディアより)

  • 長安口ダム

    長安口ダムから見た山陽国策パルプ日本製紙

    利水については、那賀川沿岸の農地と阿南市に建設された神崎製紙・山陽国策パルプの製紙工場がそれぞれ慣行水利権を保持していた。だが渇水時には取水量が不足するため、安定した用水補給が求められた。さらに当時徳島県は小松島港や橘港などの港と広大な土地を利用して一大工業地帯を建設する計画を立てていた。那賀川は急流にして水量が豊富であることから水力発電の有力な候補地として注目され、電源開発を行うことで工業地帯への電力供給を目指した。長安口ダム フレッシュアイペディアより)

  • 日東石膏

    日東石膏から見た十條製紙日本製紙

    独立後、石膏原石が搬入される名古屋港の隣に新しく築地工場が建設された。戦後、GHQ向けの粉末石膏材料の需要が急増したため、1947年に粉末材料と石膏ボードの生産を始めた。このために翌1948年3月には名古屋市中川区に中川工場が作られている。防火・耐火性や吸音性などに優れた製品が生産されるようになり、1962年3月10日には日東化学と合弁で青森県八戸市に日東石膏ボード株式会社を、1964年5月2日には日本合同肥料、三菱商事、十條製紙と合弁で日本石膏ボード株式会社を設立している。日東石膏 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部製紙所

    阿部製紙所から見た日本製紙日本製紙

    1993年(平成5年)に十條製紙と山陽国策パルプが合併して発足した現在の日本製紙とは直接的な関係はない。阿部製紙所 フレッシュアイペディアより)

  • 北上製紙

    北上製紙から見た日本製紙日本製紙

    北上製紙株式会社(きたかみせいし、英文社名 KITAKAMI PAPER CO,Ltd )は、岩手県一関市に本社を置く、日本製紙グループの製紙業者である。北上製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県道174号富士停車場線

    静岡県道174号富士停車場線から見た日本製紙日本製紙

    日本製紙 富士工場(富士製造部)静岡県道174号富士停車場線 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県道175号鷹岡富士停車場線

    静岡県道175号鷹岡富士停車場線から見た日本製紙日本製紙

    日本製紙 富士工場(富士製造部)静岡県道175号鷹岡富士停車場線 フレッシュアイペディアより)

  • 勇払川

    勇払川から見た日本製紙日本製紙

    また勇払川下流にある日本製紙勇払工場で製紙プラント用の工業用水として利水される。勇払川 フレッシュアイペディアより)

  • 川淵由香里

    川淵由香里から見た日本製紙日本製紙

    日本製紙グループ (ダイエットママ、ナレーション)川淵由香里 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽パルプ

    山陽パルプから見た日本製紙日本製紙

    山陽パルプ フレッシュアイペディアより)

318件中 61 - 70件表示

「日本製紙石巻野球部」のニューストピックワード