318件中 81 - 90件表示
  • 増岡博之

    増岡博之から見た日本製紙日本製紙

    長女(大昭和製紙の創業者斉藤知一郎の孫で政治家の斉藤斗志二(元防衛庁長官)の妻)増岡博之 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙物流

    日本製紙物流から見た日本製紙日本製紙

    日本製紙物流株式会社(にっぽんせいしぶつりゅう、英文名称Nippon Paper Logistics CO.,LTD.)は、埼玉県草加市に本社を置く日本製紙の物流子会社。日本製紙の工場や都市部の消費地近くに物流拠点を設け、提携運送会社を通じて紙製品などの輸送を行っている。日本製紙物流 フレッシュアイペディアより)

  • 5・4制

    5・4制から見た大昭和製紙日本製紙

    旗振り役は、静岡県富士市選出の自由民主党所属衆議院議員斉藤斗志二。大昭和製紙の御曹司であり、日本青年会議所会頭でもあった斉藤斗志二は、臨時教育審議会委員を任され、まず5・4制の実現を目指そうとした。5・4制 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎三興

    高崎三興から見た日本製紙日本製紙

    1970年2月 - 高崎製紙・三井物産が主体となりレンゴー・十條製紙(現日本製紙)の協力を得て東北製紙株式会社(日本大昭和板紙秋田工場の前身)を設立。高崎三興 フレッシュアイペディアより)

  • 田宿信号所

    田宿信号所から見た大昭和製紙日本製紙

    富士市立今泉小学校東側の踏切の直ぐ北側に機回し線を兼ねた線路があり、信号所南側の興人富士工場への専用線と、西側の大昭和製紙・大二製紙への専用線が分岐していた。信号所建物は各引込線分岐点東側に存在する。左富士信号所とは対照的に、2009年(平成21年)現在でも施設はほぼそのままの形で残っており、線路の大半も剥されることなく残っている。田宿信号所 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県道169号吉永吉原停車場線

    静岡県道169号吉永吉原停車場線から見た日本製紙日本製紙

    日本製紙 富士工場(鈴川製造部)静岡県道169号吉永吉原停車場線 フレッシュアイペディアより)

  • 舘豊夫

    舘豊夫から見た日本製紙日本製紙

    舘豊夫は5人兄弟の末っ子で、3人の兄と1人の姉がいる。豊夫の兄・稲麻呂(香緑の三男)は大昭和製紙の創業者・齊藤知一郎の長女と結婚し、大昭和製紙の代理店・日昭物産(その後コミネ日昭を経て日本紙通商となる)の社長を務めた。稲麻呂の長女がトランスワールドインダストリー社長・渡辺紀久男に嫁いだが、紀久男の弟が岩崎忠雄の婿養子となったため、舘家は渡辺家を通じて三菱財閥の創業者・岩崎家と姻戚関係で結ばれた。また豊夫の姉・久楽子は元山下汽船常務・漆野寿一の弟・東吉(元一興産業社長)に嫁ぎ、東吉との間に1男1女をもうけた。舘豊夫 フレッシュアイペディアより)

  • 石巻港駅

    石巻港駅から見た日本製紙日本製紙

    日本製紙石巻工場の西端に位置し、同工場は当駅発着貨物の最大の荷主でもある。石巻港駅 フレッシュアイペディアより)

  • 太田裕哉

    太田裕哉から見た日本製紙日本製紙

    高校卒業後は日産自動車に入社。同社野球部在籍2年目の、第79回都市対抗野球大会で初登板を果たすも、3年目のに野球部の活動休止が決まり、翌から同僚の久古健太郎と共に日本製紙石巻に移籍。日本製紙石巻では主に中継ぎとしてチームを支えてきたが、3月11日に発生した東日本大震災の影響で石巻工場が被災。野球部も活動を休止し、工場の泥のかき出し作業などに追われ、また自身も親族を失った中で、ランニングや筋肉トレーニングを続けていた。太田裕哉 フレッシュアイペディアより)

  • 豊浦町 (小松島市)

    豊浦町 (小松島市)から見た日本製紙日本製紙

    小松島市の中心部に位置し、南は赤石町、東は和田津開町に接続、北は小松島湾に臨んでいる。全域が日本製紙小松島工場の敷地であり、住民の全員が社宅住まいであったが、2008年9月30日に工場は閉鎖しており、現在は誰も住んでおらず、廃墟の状態である。地形は平均標高5mくらいである。豊浦町 (小松島市) フレッシュアイペディアより)

318件中 81 - 90件表示

「日本製紙石巻野球部」のニューストピックワード