250件中 81 - 90件表示
  • 安場保吉

    安場保吉から見た山陽パルプ日本製紙

    安場 保吉(やすば やすきち、1930年5月21日 - 2005年4月13日)は、日本の経済学者。大阪大学名誉教授。専門は経済発展論、比較経済史。Ph.D.(ジョンズ・ホプキンズ大学)(1961年)。東京都出身。父は元山陽パルプ副社長の安場保国、父方の曾祖父は安場保和(後藤新平の岳父)、母方の祖父は満州国最高法院長の井野英一(元農林大臣・拓務大臣・法務大臣の井野碩哉の兄)。安場保吉 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道留萌高等学校

    北海道留萌高等学校から見た日本製紙日本製紙

    ※OBに酒井司一塁手(元大昭和製紙富士)、本山拓生投手(日本製紙石巻)など北海道留萌高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 八代港

    八代港から見た日本製紙日本製紙

    大正11年 内務省指定港湾 同年十条製紙 現日本製紙が進出。八代港 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙クレシア

    日本製紙クレシアから見た日本製紙日本製紙

    2008年(平成20年)4月1日 - 日本製紙から日本製紙グループ本社へ親会社を変更。日本製紙クレシア フレッシュアイペディアより)

  • 常葉学園富士短期大学

    常葉学園富士短期大学から見た日本製紙日本製紙

    国際教養科:ジェイティービー・トヨタカローラ東海・日本製紙・日本食品化工・日本軽金属など一般企業への就職者が多いものとなっていた。常葉学園富士短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 田子の浦港

    田子の浦港から見た日本製紙日本製紙

    富士市の中心より少し東に位置する。鉄道駅では吉原駅に近く、東海道本線が田子の浦港に架かる橋(沼川橋)を通る。田子江川、潤井川、小潤井川、和田川、沼川が流入している。港の周辺は、古くから製紙の町として発展してきた富士市ということもあって日本製紙・王子製紙・三島製紙などの製紙工場が多く、その他 倉庫(埠頭倉庫)、運輸業、食品加工工場(日本食品化工など)も集中する。南側には石油埠頭があり、ジャパンエナジー、新日本石油、出光興産などの油槽所がある。西側には周辺で最大の旭化成の工場がある。東側寄りには貯木場もある。田子の浦港 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県道175号鷹岡富士停車場線

    静岡県道175号鷹岡富士停車場線から見た日本製紙日本製紙

    日本製紙 富士工場(富士製造部)静岡県道175号鷹岡富士停車場線 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県道181号富士停車場伝法線

    静岡県道181号富士停車場伝法線から見た日本製紙日本製紙

    日本製紙 富士工場(富士製造部)静岡県道181号富士停車場伝法線 フレッシュアイペディアより)

  • 桜田武

    桜田武から見た日本製紙日本製紙

    池田首相時代に「財界四天王」と呼ばれた桜田と小林中、水野成夫、永野重雄の関係の始まりは、永野と桜田は同郷で六高?東大を通じて柔道部仲間。水野も一高と六高の柔道の試合で対戦経験があり、宮島が国策パルプで、元共産党員の水野と南喜一を使おうとして桜田に首実検をさせたとき、すぐに意気投合した。小林は戦後の経済同友会を通じてのもので、それ以外の関係、小林-水野、小林-永野、水野-永野も経済同友会を通じてのもの。そしてこの4人に近いグループが鹿内信隆、今里広記、五島昇、小坂徳三郎である。桜田武 フレッシュアイペディアより)

  • 牛朱別川

    牛朱別川から見た日本製紙日本製紙

    本流合流点から約3.6km上流にある日本製紙工業用水取水堰の水は製紙プラント用の工業用水として利水される。牛朱別川 フレッシュアイペディアより)

250件中 81 - 90件表示

「日本製紙石巻野球部」のニューストピックワード