144件中 41 - 50件表示
  • 日本製紙

    日本製紙から見た王子 (東京都北区)

    もともと、十條製紙は1949年(昭和24年)に過度経済力集中排除法によって旧王子製紙が3社に分割された内の1社である(他2社は苫小牧製紙、本州製紙)。1968年(昭和43年)に3社の再合併が発表されたものの実現には至らず、1996年(平成8年)新王子製紙(苫小牧製紙から改称した王子製紙と神崎製紙が合併)と本州製紙が合併、王子製紙が発足し、十條製紙だけが異なる道を歩むことになった。なお、3社分割時に十條製紙が旧王子製紙の創業地である王子工場(1943年閉鎖)跡も引き継いだため、日本製紙の登記上の本店所在地は現在も東京都北区王子である。日本製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙

    日本製紙から見たパルプ

    1920年(大正9年)7月操業開始。新聞用紙、印刷出版用紙、外販用パルプを製造。日本製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙

    日本製紙から見たアイスホッケー

    アイスホッケーのアジアリーグ所属チーム・「日本製紙クレインズ」を釧路工場にもつ。日本製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙

    日本製紙から見た貨物自動車

    輸送方式の変更(トラック輸送への転換など)によって1970年代後半から1990年代前半にかけて多くが廃止・撤去されたが、2008年(平成20年)3月現在でも5工場で使用されている。以下は現存する工場の一覧で、括弧内は路線が接続する路線名および駅名である。日本製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙

    日本製紙から見た短距離走

    1948年(昭和23年)に創部された大昭和製紙陸上競技部は、小掛照二(三段跳)、室伏重信(ハンマー投げ)、鈴木章介(十種競技)、井上恭一郎(棒高跳)、福光久代(走高跳)等、オリンピック代表に数々の選手を送り出し、また川崎清貴(円盤投)や小野富美子(女子短距離走)等、日本陸上競技選手権大会優勝者を輩出した。日本製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙

    日本製紙から見た三段跳

    1948年(昭和23年)に創部された大昭和製紙陸上競技部は、小掛照二(三段跳)、室伏重信(ハンマー投げ)、鈴木章介(十種競技)、井上恭一郎(棒高跳)、福光久代(走高跳)等、オリンピック代表に数々の選手を送り出し、また川崎清貴(円盤投)や小野富美子(女子短距離走)等、日本陸上競技選手権大会優勝者を輩出した。日本製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙

    日本製紙から見たオリンピック陸上競技

    1948年(昭和23年)に創部された大昭和製紙陸上競技部は、小掛照二(三段跳)、室伏重信(ハンマー投げ)、鈴木章介(十種競技)、井上恭一郎(棒高跳)、福光久代(走高跳)等、オリンピック代表に数々の選手を送り出し、また川崎清貴(円盤投)や小野富美子(女子短距離走)等、日本陸上競技選手権大会優勝者を輩出した。日本製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙

    日本製紙から見た棒高跳

    1948年(昭和23年)に創部された大昭和製紙陸上競技部は、小掛照二(三段跳)、室伏重信(ハンマー投げ)、鈴木章介(十種競技)、井上恭一郎(棒高跳)、福光久代(走高跳)等、オリンピック代表に数々の選手を送り出し、また川崎清貴(円盤投)や小野富美子(女子短距離走)等、日本陸上競技選手権大会優勝者を輩出した。日本製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙

    日本製紙から見た円盤投

    1948年(昭和23年)に創部された大昭和製紙陸上競技部は、小掛照二(三段跳)、室伏重信(ハンマー投げ)、鈴木章介(十種競技)、井上恭一郎(棒高跳)、福光久代(走高跳)等、オリンピック代表に数々の選手を送り出し、また川崎清貴(円盤投)や小野富美子(女子短距離走)等、日本陸上競技選手権大会優勝者を輩出した。日本製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙

    日本製紙から見た走高跳

    1948年(昭和23年)に創部された大昭和製紙陸上競技部は、小掛照二(三段跳)、室伏重信(ハンマー投げ)、鈴木章介(十種競技)、井上恭一郎(棒高跳)、福光久代(走高跳)等、オリンピック代表に数々の選手を送り出し、また川崎清貴(円盤投)や小野富美子(女子短距離走)等、日本陸上競技選手権大会優勝者を輩出した。日本製紙 フレッシュアイペディアより)

144件中 41 - 50件表示

「日本製紙石巻野球部」のニューストピックワード