日本車輌製造 ニュース&Wiki etc.

日本車輌製造株式会社(にっぽんしゃりょうせいぞう、)は、鉄道車両、建設機械、特装車、橋梁、農業用プラントなど、特に「大型」と呼ばれる分野をメインに生産を行う大手企業である。1996年より日本車両の呼称を使用している。略称は「日車」。 (出典:Wikipedia)

「日本車輌製造」Q&A

  • Q&A

    日本でのボンバルディアは航空機メーカーとして有名ですよね?本業は鉄道車輌製造だと思い…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年12月3日 11:00

  • Q&A

    私は18卒の大学院生です。現在、就職したい企業などについて調べています。私は将来、新…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年8月14日 10:49

  • Q&A

    N700系は日本車輌とか川崎重工業や近畿車輛、等複数の車両メーカーで製造されてるけど…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年8月13日 20:06

「日本車輌製造」マーケット概況 / 関連情報

チャート

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「日本車輌製造」のつながり調べ

  • 武蔵野鉄道および(旧)西武鉄道の戦時譲受車

    武蔵野鉄道および(旧)西武鉄道の戦時譲受車から見た日本車輌製造

    長野電鉄の前身事業者である河東鉄道が開業に際して1922年(大正11年)に日本車輌製造東京支店において新製した、二重屋根(ダブルルーフ)構造を採用した全長15,983mmの木造車体を備える付随車サハ360形361・362を前身とする。同2両は蒸気機関車に牽引される客車フホハ1形1・2として落成したが、将来の電化を想定して車体設計その他を電車仕様とした電車形客車であり、窓配置はD2 2 2 2 2 2 2D(D:客用扉、各数値は側窓の枚数を表す)であった。1926年(大正15年)の電化に際して電動車化改造を実施しデハ1形1・2となったのち、1933年(昭和8年)に電装品を他形式へ供出して付随車化されたが、運転機器を持たない付随車に改造されたことによって運用頻度が低下し、1941年(昭和16年)10月に武蔵野鉄道へ譲渡され、RPC系自動加速制御仕様の電動車と編成する制御車サハ115形115・116として導入された。(武蔵野鉄道および(旧)西武鉄道の戦時譲受車 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神3301・3501形電車

    阪神3301・3501形電車から見た日本車輌製造

    3301形・3501形とも、1958年10月から1959年8月にかけて川崎車輛(現・川崎重工業車両カンパニー)、日本車輌製造、汽車製造で製造された。全車が電動車として製造され、3301形は急行の主に増結運用に向けて両運転台で製造され、3501形は基本編成向けとして奇数車が大阪向き、偶数車が神戸向きの片運転台車両として製造されたが、両形式とも単車走行可能であった。3501形は片運転台のため、実際に本線上を単車で営業運転することはなかったが、増結・解放が自在に行える点が特徴といえた。(阪神3301・3501形電車 フレッシュアイペディアより)

「日本車輌製造」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「日本車輌製造」
地図情報

「日本車輌製造」のニューストピックワード