前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1276件中 1 - 10件表示
  • 国鉄60系客車の新旧番号対照

    国鉄60系客車の新旧番号対照から見た日本車輌製造日本車輌製造

    日支 - 日本車輌製造東京支店国鉄60系客車の新旧番号対照 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハ04形気動車

    国鉄キハ04形気動車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    設計全般は鉄道省によるものだが、その構造・機構面での基本となったのは、これに先立って日本車輌製造(日車)本店が開発した、日本初の18 m級ガソリンカーである江若鉄道C4形(1931年製造)などの私鉄向け大型気動車であり、その影響は、4枚窓構成の前面窓、型鋼と薄板を多用して軽量化された車体、菱枠構造の軸バネ式台車、それに駆動メカニズムなどに、顕著に現れている。これらは日本車輌製造が1920年代末期から試行錯誤を繰り返した末に実用領域に到達したものであった。国鉄キハ04形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄70系客車の新旧番号対照

    国鉄70系客車の新旧番号対照から見た日本車輌製造日本車輌製造

    日支 - 日本車輌製造東京支店国鉄70系客車の新旧番号対照 フレッシュアイペディアより)

  • 西武モハ101形電車

    西武モハ101形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    雲仙鉄道が1936年(昭和11年)に日本車輌製造へ新製発注した、車体長9,800mmの小型四軸ボギー内燃動車(ガソリンカー)カハ22を前身とする。同車は1938年(昭和13年)8月の雲仙鉄道廃止に伴って篠山鉄道に原番号のまま譲渡され、さらに1944年(昭和19年)3月の篠山鉄道廃止に伴い(旧)西武鉄道が購入し、キハ101形101Bとして導入されたものである。同車の導入当時の(旧)西武鉄道においては既に同番号の車両(キハ101)が在籍したことから、元カハ22を「キハ101B」とし、既に在籍したキハ101については「キハ101A」と改称することによって両者を区分した。西武モハ101形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市交通局N3000形電車

    名古屋市交通局N3000形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    先頭車・中間車とも全長20,000mmで、車体幅は2,746mm、左右の車側灯間の幅は2,780mmである。なお、製造コスト削減のため、製造メーカーごとに車体構造が異なっている。N3101編成のアルミニウム合金製の車体は名古屋市営地下鉄の車両で初めてのダブルスキン構造(A-train)を、N3102編成以降のステンレス鋼製の車体は日車式ブロック工法(日車式SUSブロック構体)をそれぞれ採用した。正面はN3101編成のみ四隅に丸みを持たせた形状、N3102編成以降は四隅に折線を付けた形状で、非常用の片開き式プラグドアを運転台スペース確保のため、車体中心よりずらして配置している。車体は無塗装で、鶴舞線のラインカラーの青帯を配しているが、従来鶴舞線で運用されていた3000形・3050形と異なり、窓の上部にも青帯を配した。なおN3101編成のアルミ車体とN3102編成以降のステンレス車体の異差については入札結果によるものであり、現在、名古屋市交通局の地下鉄車両としては唯一アルミ車とステンレス車が混在する形式である。名古屋市交通局N3000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハ20系気動車

    国鉄キハ20系気動車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    キハ21形は北海道の酷寒地での防寒性能が不満足であったことから、酷寒地向けの耐寒仕様車として完全に新設計されたものである。1958年から製造開始され、北海道および東北地方に配置されていた。製造会社はキハ21形の帝車と新潟に加え、富士重工業(現・SUBARU)と日本車輌製造が加わっている。国鉄キハ20系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市交通局N1000形電車

    名古屋市交通局N1000形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    外観デザインはこれまでの丸みを帯びたものから直線を多用したものに変え、ステンレス製の車体は上飯田線7000形まで採用されていたビードプレス工法をやめ、名古屋市営地下鉄の車両で初めての日車式ブロック工法を採用した。名古屋市交通局N1000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局12-000形電車

    東京都交通局12-000形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    本形式は4次に亘って製造され、2009年(平成21年)4月時点では8両編成53本(424両)が在籍する。製造メーカーは日本車輌製造と日立製作所である。車体はアルミニウム合金製車体に大江戸線のラインカラーであるマゼンタ色(紫紅色)の濃淡2色の帯を巻く。東京都交通局12-000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東急車輛製造

    東急車輛製造から見た日本車輌製造日本車輌製造

    京急と都営浅草線を介して線路が繋がっている京成電鉄および北総鉄道の車両のうち、日本車輌製造において製造された車両についても一部の例外を除き、京急車の川崎重工業製造分と同様に一旦横浜製作所に入場して台車交換が行われ、同製作所で製造された車両も含め、京成車の牽引または自走にて出場した。東急車輛製造 フレッシュアイペディアより)

  • オールステンレス車両

    オールステンレス車両から見た日本車輌製造日本車輌製造

    なお、ステンレス板にビードを入れる加工を量産ラインで実施するには大形のロールプレス機が必要であり、これが可能な設備を備えるのは東急車輛製造(・総合車両製作所横浜事業所)・川崎重工業・日立製作所などの一部の工場に限られていた。現在は日本車輌製造のみがこの設備を備える。オールステンレス車両 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1276件中 1 - 10件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード