1276件中 91 - 100件表示
  • 国鉄C12形蒸気機関車

    国鉄C12形蒸気機関車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    鉄道省(国鉄)向けとしては1932年(昭和7年)から1940年(昭和15年)まで、および1947年(昭和22年)に282両が製造されている。製造メーカーは川崎車輛、汽車製造会社、日立製作所、日本車輌製造、三菱重工業の5社である。火室は深く設計され焚火しやすく、38号機以降は、アーチ管を増設して伝熱面積を増加し、蒸発量を増やす改良が行なわれている。国鉄C12形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • アルミニウム合金製の鉄道車両

    アルミニウム合金製の鉄道車両から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1963年(昭和38年)には日本車輌製造本店が、押出材を用いる独自設計で北陸鉄道6010系電車を製造、高速電車としては山陽に次いで国内二例目となる。アルミニウム合金製の鉄道車両 フレッシュアイペディアより)

  • 淡路鉄道

    淡路鉄道から見た日本車輌製造日本車輌製造

    ハ7 - 11号 - 7号は1900年汽車会社製。8号は1903年日本車輌製。9号は1899年南海鉄道工場製。10号は1899年汽車会社製。11号は1900年汽車会社製。元揖斐川電気ハ29・37・38・32・33号。最大寸法長さ8193×幅2603×高さ3657mm。自重6.35t。定員50人。5ブロックごとの客室に分かれ、それぞれ両側に出入り口があった。1949年12月10日廃車。淡路鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 営団9000系電車

    営団9000系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    2000年(平成12年)9月26日の目黒 - 溜池山王間の開業用に、日本車輌製造で製造された。1999年(平成11年)10月に第16・17編成が、2000年(平成12年)4月から5月に第18 - 21編成が落成した。電動車は東芝製のIGBT素子による高耐圧・大容量の2レベルVVVFインバータ(1C2M・3300V/1200A・3群制御)を搭載している。 ただし、2・3次車の制御装置同様に4群構成としながら、3群を使用しており、将来の8両化時に4群制御化ができるよう配線準備がしてある。営団9000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾鉄路管理局EMU700型電車

    台湾鉄路管理局EMU700型電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    本形式は台湾高鐵700T型や同局のTEMU1000型(「太魯閣号」)に引き続き台湾の鉄道事業者が日本より導入した電車である。台鉄では台鉄捷運化による輸送量の増加に対応して本形式を導入した。最初の3編成(701F?703F)は日本車輌製造にて落成したが、704F以降は日本からの技術移転を受けて台湾車輌で内製する。台湾鉄路管理局EMU700型電車 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市交通局M100形電車

    札幌市交通局M100形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    親となる両運転台形のM100形・M101号と、子となる片運転台形のTc1形・Tc1号の1編成、計2両が日本車輌製造で製造された。「広報さっぽろ」や車内告知などでは「親子電車」と紹介されたが、現場では「エム・ティーシー(M・Tc)」と呼ばれていた。札幌市交通局M100形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 営団05系電車

    営団05系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    併せて台車はモノリンク式ボルスタレス方式で変更はないが、曲線通過性の向上や保守性の向上を目的に構造を変更したものとなった。なお、製造メーカーは異なるが、08系で採用した日本車輌製のND-730形と同一構造である(本系列は住友金属製のSS161・SS061形)。営団05系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 函館市交通局500形電車

    函館市交通局500形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    30両全車が日本車輌東京支店蕨工場で製造された。函館市交通局500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄3300系電車 (3代)

    名鉄3300系電車 (3代)から見た日本車輌製造日本車輌製造

    300系をベースとした日本車輌製造のブロック工法によるステンレス車体である。地下鉄直通用ではないため、300系の20m級4ドアから19m級3ドアに変更されている。名鉄3300系電車 (3代) フレッシュアイペディアより)

  • 台湾鉄路管理局DR2100型気動車

    台湾鉄路管理局DR2100型気動車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    この車両の前身は、台湾総督府鉄道が1931年(昭和6年)に日本車輌製造より購入したキハ100形気動車である。同時期に日本各地の鉄道に納入された、いわゆる“日車型ガソリンカー”の流れを組む機械式ガソリン動車であるが、全長は17m、客用扉は2箇所で、これに荷物室用扉を1つ持っていた。前面は、日車形特有の流線型ではなく、同時期に製造された国鉄キハ42000形気動車とよく似た半円形であるが、キハ42000形が半室運転台で6枚窓であるのに対し、キハ100形は中央運転台で、5枚窓であった。台湾鉄路管理局DR2100型気動車 フレッシュアイペディアより)

1276件中 91 - 100件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード