1033件中 91 - 100件表示
  • 日本車輛

    日本車輛から見た日本車輌製造日本車輌製造

    日本車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ケ110形蒸気機関車

    国鉄ケ110形蒸気機関車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    鉄道省が、改良工事用として1922年(大正11年)1月に日本車輌製造で2両(ケ110, ケ111。製造番号 52, 53)を製造した、車軸配置0-4-0(B)、公称6トン、飽和式2気筒単式のウェルタンク機関車である。本形式は、日本車輌製造が初めて鉄道省から受注した機関車として特筆される。国鉄ケ110形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄モト90形電車

    近鉄モト90形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1947年に大阪線向けのモト2710形として日本車輌で3両が製造された。改番時に本形式に編入されモト94 - 96となった。クレーンを設置して工事用として使用されていたが、1983年に名古屋線に転属して当時の養老線(現在の養老鉄道養老線)の車両を牽引するために改造された。近鉄モト90形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄シキ200形貨車

    国鉄シキ200形貨車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    初代のシキ200形は、1949年(昭和24年)10月-11月にシキ200 - 204の5両、さらに1951年(昭和26年)6月にシキ205・206の2両の合計7両が国鉄の車籍に編入された。しかし同年12月に7両すべてが一旦車籍から外れた。2代のシキ200形は1953年(昭和28年)2月にシキ200 - 205の6両が車籍編入された。さらにその後1964年(昭和39年)12月に、損耗したシキ200・204の補充としてシキ206・207が日本車輌製造支店で製造された。1964年に追加製造された2両は形態が異なっているが、それ以外の初代と2代の車両の形態は同じである。初代と2代の番号の対照は不明である。また初代は浅野造船所(1940年(昭和15年)に日本鋼管と合併)製である。国鉄シキ200形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄1285形蒸気機関車

    国鉄1285形蒸気機関車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    本形式は、地方私鉄用として好適であったようで、日本車輌製造(鉄道省1225形)や今村製作所で模倣機が製造されている。国鉄1285形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 西鉄築港線の電気機関車

    西鉄築港線の電気機関車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1?3は博多電気軌道が築港線の開業に合わせて製造した1911年(明治44年)日本車輌製の木造2軸電動貨車。車体は丸屋根で、側面中央部に開口部を設け、開口部の両側に窓を1枚ずつ配している。前面は3枚窓で、前面窓下に前照灯を設けている。台車はブリル21Eである。西鉄築港線の電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市交通局BLA形電車

    名古屋市交通局BLA形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    ドイツAEG製の電動機を輸入して完成された、当時としては画期的な大型車で、1927年3月から1928年3月にかけて、日本車輌製造・東洋車輌の2社によって10両が製造された。名古屋市交通局BLA形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市交通局1600形電車

    名古屋市交通局1600形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1600形は1950年12月に最初の15両が投入され、翌1951年9月までに合計76両が、日本車輌製造・新潟鐵工所・日立製作所・愛知富士産業の4社で製造された。名古屋市交通局1600形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市交通局1500形電車

    名古屋市交通局1500形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1500形は1949年12月に最初の10両が投入され、翌1950年年4月までに合計45両が、日本車輌製造・新潟鐵工所・帝国車輌・愛知富士産業の4社で製造された。名古屋市交通局1500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市交通局2000形電車 (軌道)

    名古屋市交通局2000形電車 (軌道)から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1956年12月?1958年5月にかけて総数29両が日本車輌製造と輸送機工業で製造された、名古屋市電の中では最後の新形式となる車両である。名古屋市交通局2000形電車 (軌道) フレッシュアイペディアより)

1033件中 91 - 100件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード