1276件中 101 - 110件表示
  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    2005年3月4日に日本車輌製造・日立製作所・川崎重工業により先行試作車(Z0編成)が完成し、JR東海浜松工場にて報道陣に公開された。同月10日未明に公式試運転として浜松駅 - 静岡駅間で初めて本線を走行し、4月4日から走行試験を開始し、7月16日には三島駅 - 浜松駅間での日中走行も実施した。同月24日には初めて東京駅 - 新大阪駅間を走行し、29日には山陽新幹線に乗り入れて博多駅まで走行、そして9月7日には速度向上試験で320km/hを記録した。この先行試作車による2年間の実験走行を経て、量産車(Z1編成以降とN編成)を投入することとなった。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄シキ1000形貨車

    国鉄シキ1000形貨車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    最高速度 65 km/h 以下・一般の貨物列車との併結不可など、構造上の理由から運用に制限の多い大物車の運用効率を向上するため、特に走行性能の向上に留意して開発された車両である。1975年(昭和50年)2月21日、3月4日に2両(シキ1000 - シキ1001)、1979年(昭和54年)6月5日に1両(シキ1002)の合計3両が日本車輌製造にて製作された。全長は24,400mmで自重は53 t である。国鉄シキ1000形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • KRLジャボタベック

    KRLジャボタベックから見た日本車輌製造日本車輌製造

    インドネシア初の国産電車として、2001年にPT INKAで4両編成の20 m級片側3扉の軽量ステンレス電車2編成が日本車両の技術支援で製造された。電装品は日本の東芝製のIGBT素子VVVFインバータ制御で、前面・側面・車内扉上部にLEDによる行先表示機が採用されるなど、新機軸が多数盛り込まれた。しかし、2003年の運用開始後故障が頻発して運用から離脱、2007年に改修されて環状線の運用に投入されたが利用実績が芳しくなくほどなく運転終了、其の後はジャカルタ・コタ駅 - マンガライ駅間のフィーダー運転に入ることが多かった。しかし、運用から外れ休車状態。KRLジャボタベック フレッシュアイペディアより)

  • 京都鉄道博物館

    京都鉄道博物館から見た日本車輌製造日本車輌製造

    ワム3500形有蓋車7055号車 - 1917年、日本車輌製造製。京都鉄道博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄C11形蒸気機関車

    国鉄C11形蒸気機関車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1932年から1947年(昭和22年)までの16年間に381両が汽車製造会社、川崎車輛、日立製作所、日本車輌製造の各社により生産された。生産時期によって1 - 4次までのバリエーションがある。C10形に比べると溶接部分が多く、ボイラーの過熱器がC10形と比較して2基増強され、除煙板(デフレクター)が装備されているなどの特徴がある。国鉄C11形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市交通局3000形電車

    横浜市交通局3000形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1972年(昭和47年)の開業時から使用している1000形の置き換え用として登場し、「Replace」(リプレイス 英語で「置き換える」という意味)の略称で、「3000R形」と呼称される。2004年(平成16年)3月30日に営業運転を開始し、2005年(平成17年)7月までに1000形と同じ両数の6両編成14本(第39 - 52編成・84両)が日本車輌製造で製造された。VVVFインバータ装置は3000N形と同一だが、当初から純電気ブレーキ機能を有している。これは後述する3000S形も同様である。横浜市交通局3000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市電

    札幌市電から見た日本車輌製造日本車輌製造

    M100形:1両(M101)1961年日本車輌製。親子電車の「親」。札幌市電 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハ58系気動車

    国鉄キハ58系気動車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    一般に「広義のキハ58系」として扱われるのは、北海道用の耐寒耐雪型「キハ56系」・信越本線用の空気バネ台車装備車「キハ57系」・本州以南向けの標準型である狭義の「キハ58系」の3系列である。これらの広義のキハ58系全体の製造両数1,823両は、日本のディーゼル動車としては史上最多で、一時は国鉄在籍気動車総数の3割を占めたこともあった。製造メーカーは、新潟鐵工所・富士重工業・日本車輌製造・帝國車輛工業・東急車輛製造の5社である。国鉄キハ58系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 小田急電鉄

    小田急電鉄から見た日本車輌製造日本車輌製造

    新宿省社連絡線:1944年(昭和19年)8月、小田原線下り線路と国鉄中央緩行線下り線路の間に作られた連絡線。戦時中は、国鉄から小田急への車輛貸し出しに使われた線路であった。戦後は深夜1回の貨車受け渡しのほか、1951年(昭和26年)2月に小田急で行われたカルダン駆動の電車の走行テストを相武台にて実施する試験車両が、この線路を通ったほか、機材輸送のため、国鉄大井工場 - 小田急経堂工場間に配給電車や日本車輌製造蕨工場にて作られた新造車の搬入もこの線路が使われた。その後、1960年(昭和35年)2月に1100形の4両を日立電鉄へ譲渡した際に使われたのを最後に、連絡線は使われなくなり、1963年(昭和38年)7月7日に撤去となった。小田急電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線300系電車

    新幹線300系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    日本車輌製造・日立製作所・川崎重工業・近畿車輛(JR東海所有編成のみ)に発注され、最終的にJ編成61本・976両とF編成9本・144両の合わせて70本・1,120両が製造されたが、J編成の中には500系の製造終了後に落成した編成もあるほか、J52以降の編成は700系の量産先行試作車であるC0→C1編成より後に落成。また、量産車第1号のJ2編成は、100系G編成のうち最終増備編成のG46編成より先に落成したが、G46編成が先に廃車になった。新幹線300系電車 フレッシュアイペディアより)

1276件中 101 - 110件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード