1033件中 101 - 110件表示
  • 名古屋市交通局800形電車 (軌道)

    名古屋市交通局800形電車 (軌道)から見た日本車輌製造日本車輌製造

    戦後、路面電車車両の近代化を目指して日本車輌製造が1956年7月にNippon sharyo・Simple・Light weightの頭文字を採ったNSL-1形として試験的に1両を製造、試運転を経て同年9月から港車庫所属となり営業運転に入った。名古屋市交通局800形電車 (軌道) フレッシュアイペディアより)

  • 福井鉄道120形電車

    福井鉄道120形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    モハ121-1・122-1は、1950年に日本車輌で製造された、福井鉄道の自社発注車である。後述の120-2と異なり、貫通扉がない、車両の運転席が路面電車のように真ん中に設置されている、といった特徴がある。福井鉄道120形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 常総筑波鉄道

    常総筑波鉄道から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1957年(昭和32年)7月1日 日本車輛製キハを購入し、常総線・取手 - 下館間の特急「しもだて」として運行開始。1959年(昭和34年)の東北線の電化により客が減少したため数年で打ち切り。常総筑波鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 片ボギー

    片ボギーから見た日本車輛製造日本車輌製造

    二軸車の乗り心地向上のための片ボギーは「前輪ボギー(式)」ともよばれる。日本車輛製造などの単端式ガソリンカーの一部に採用例があり、前位の遊軸(非動軸)を2軸ボギー台車に代えている。この遊軸の2軸ボギー台車化には乗り心地向上だけではなく曲線区間での追従性や転向性能の向上というメリットもあり、軌道状態の劣悪な線区では大きな効果を発揮する。片ボギー フレッシュアイペディアより)

  • 高松琴平電気鉄道12000形電車

    高松琴平電気鉄道12000形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    元々は富士身延鉄道のモハ100形とクハユニ300形である。それぞれ1927年(昭和2年)、1928年(昭和3年)に日本車輌製造で製造された。高松琴平電気鉄道12000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急96形電車

    阪急96形電車から見た日本車両製造日本車輌製造

    本形式の種車となった加越鉄道ナハフ101・102は、前述のとおり1929年に日本車両製造において製造された半鋼製ボギー客車である。阪急96形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 細川泉一郎

    細川泉一郎から見た日本車輛製造日本車輌製造

    細川 泉一郎(ほそかわ せんいちろう 1908年8月22日 - 2000年5月1日)は、元日本国有鉄道常務、技師。元日本車輛製造副社長。細川泉一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 車体装架カルダン駆動方式

    車体装架カルダン駆動方式から見た日本車輌製造日本車輌製造

    名古屋市交通局は戦前から路面電車の技術革新に積極的で、1950年代にはいち早く直角カルダン駆動方式や弾性車輪(ゴム挿入式)を採用していた。その一環として、日本車輌製造との共同開発で1956年に製作したのが、車体装架カルダン駆動方式の800型電車である。車体装架カルダン駆動方式 フレッシュアイペディアより)

  • 京王線中型車

    京王線中型車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    戦後はこれら焼失車の復旧が当初は元車体流用の応急復旧で、後に台枠のみ利用の車体新製で対応され、戦前の車両数を確保した。応急復旧は複数の中小工事会社による出張工事により行われたことで、元形式の違いに加えて各会社ごとの工事内容の差異が生じ、更に台枠利用復旧車は日本車両で全く新規設計されたものとなり、グループ全体でその形態差異は複雑を極めるものとなった。京王線中型車 フレッシュアイペディアより)

  • 特別職用車

    特別職用車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    もとは、1939年(昭和14年)に日本車輌製造本店で新製されたスロハ31574で、1941年の称号規程改正でスロハ32 25に改番されていたものである。戦後の1946年10月、連合軍専用客車として接収され、鷹取工機部で酒保車(販売車)スミ36 4(軍番号 2725、軍名称 GREAT FALLS)とされていた。特別職用車 フレッシュアイペディアより)

1033件中 101 - 110件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード