1276件中 111 - 120件表示
  • 名古屋市営地下鉄

    名古屋市営地下鉄から見た日本車輌製造日本車輌製造

    製造会社は日本車輌製造と日立製作所の2社であるが、2007年度から導入された東山線N1000形や2012年度以降に導入された鶴舞線N3000形、2010年度導入済みの桜通線6050形はいわゆる「日車式ブロック工法」を採用するなど、ここ数年は日本車輌での製造が主流になりつつあった。一方で、日立製作所はアルミニウム合金車体の車両「A-train」工法に特化して、ステンレス車体の車両の製作を行わなくなってきているものの、2011年10月に落成されたN3000形第1編成は、日立製作所にて「A-train」工法で製造された。名古屋市営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄24系客車

    国鉄24系客車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1973年に登場した車両。日本車輌製造・富士重工業・新潟鐵工所で10両 (1 - 10) が製造され、当初はマヤ24形として落成した。機関室にはインタークーラーターボ付きディーゼル機関DMF31Z-G形 (430ps/1200rpm) と発電機DM95形 (300kVA) を組み合わせた発電装置を2基搭載し、三相交流60Hz/440Vの電力を全車に供給できるようになっている。台車はコイルバネ式のTR54C形を使用している。国鉄24系客車 フレッシュアイペディアより)

  • 北総鉄道7500形電車

    北総鉄道7500形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    北総鉄道7500形は老朽化が進行した7000形を置き換える目的で製造されたものである。北総鉄道の親会社である京成電鉄が保有する3000形(2代)に準じた、日本車輌製造が開発したステンレス鋼ブロック構体を用いた18m級3扉構造の「京成グループ標準車体」を採用し、主要機器や内装についても京成3000形(2代)と同一仕様とした。なお、京成本体を除いた京成グループ内での採用は新京成電鉄のN800形(2005年)に続き2例目。北総鉄道7500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線500系電車

    新幹線500系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1996年1月に1編成、1997年7月から1998年12月にかけて8編成の全9編成・144両が川崎重工業(旧1 - 6号車)・近畿車輛(旧7・8号車)・日立製作所笠戸事業所(旧9・10・13 - 16号車)・日本車輌製造(旧11・12号車)の各社が製造した。新製時はすべて16両で組成され、編成記号はW。3次に分けて製造された(W1:第1次車(量産先行車)、W2 - W6:第2次車、W7 - W9:第3次車)。1997年3月22日のダイヤ改正で営業運転を開始し、山陽新幹線区間での営業最高速度は300km/hを実現した。当初新大阪駅 - 博多駅間の「のぞみ」に投入され、最短2時間17分となった。新幹線500系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車輛製造

    日本車輛製造から見た日本車輌製造日本車輌製造

    日本車輛製造 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車両製造

    日本車両製造から見た日本車輌製造日本車輌製造

    日本車両製造 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車両

    日本車両から見た日本車輌製造日本車輌製造

    日本車両 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車輌

    日本車輌から見た日本車輌製造日本車輌製造

    日本車輌 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車輛

    日本車輛から見た日本車輌製造日本車輌製造

    日本車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄モト90形電車

    近鉄モト90形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1947年に大阪線向けのモト2710形として日本車輌で3両が製造された。改番時に本形式に編入されモト94 - 96となった。クレーンを設置して工事用として使用されていたが、1983年に名古屋線に転属して当時の養老線(現在の養老鉄道養老線)の車両を牽引するために改造された。近鉄モト90形電車 フレッシュアイペディアより)

1276件中 111 - 120件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード