1276件中 11 - 20件表示
  • 東京都交通局10-000形電車

    東京都交通局10-000形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    台車は円筒案内式空気バネ付T-10,10A型で、多くは近畿車輛製シュリーレン式(同社形式KD-82,82A)だが、一部に日本車輌製造製(同ND-320)が存在する。東京都交通局10-000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見た日本車輌製造日本車輌製造

    また、2008年に日本車輌製造を株式公開買付け (TOB)によって連結子会社化した。東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 営団6000系電車

    営団6000系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    運転台前のフロントガラスは大形化して、上部に行先表示器、運行表示器も収めた。これにより運転士への広い視界確保や貫通扉を車掌台側に寄せることで運転台スペースを広くしている。このため前面デザインは非対称となり、正面の非常扉は非常用ステップを一体にした前倒し式である。このデザインと構造は日本車輌製造が考案したもので、その後に登場した地下鉄車両に影響を与えたといわれる。営団6000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 三重交通モ5400形電車

    三重交通モ5400形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    志摩地区の観光開発が進みつつあった1958年に、志摩線におけるサービス向上策の一環として、以下の1両が名古屋の日本車輌製造本店で製造された。三重交通モ5400形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ホキ2200形貨車

    国鉄ホキ2200形貨車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    物資別適合輸送の主旨に基づき、小麦・トウモロコシなどの輸入穀物をバラ積み輸送(バルキー輸送)する専用貨車として開発された車両である。1966年(昭和41年)から1974年(昭和49年)にかけて1,160両(ホキ2200 - ホキ2499, ホキ12200 - ホキ13059)が川崎車輌・川崎重工業・三菱重工業・日立製作所・日本車輌製造で製造された。国鉄ホキ2200形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 大連都市交通

    大連都市交通から見た日本車両日本車輌製造

    1909年の開業時に投入された車両。ただし、走り始めた時期は後述の11形よりも遅い。日本車両製のボギー車で、前後に扉のあるダブルルーフ車。開業時に7両、翌1910年に3両が投入され10両となった。うち2両は1911年に貨車へ改造されたが、1920年に復旧している。大連都市交通 フレッシュアイペディアより)

  • 西鉄300形電車 (鉄道)

    西鉄300形電車 (鉄道)から見た日本車輌製造日本車輌製造

    近畿車輛・汽車製造・日本車輌製造・川崎車輛(現・川崎重工業)の4社で製造された。塗色は大牟田線時代は当時の西鉄一般車標準色の上半分クリーム色、下半分マルーン色のツートンカラーだったが、宮地岳線に転属した車両については転属時に2000形と同じオキサイドイエローを基調にボンレッドの帯の塗色に改められた。2 - 3両が基本編成であり、座席は全車ロングシートで、定員は先頭車が120人、中間車が130人となっている。なお、時代の変化により数々の変遷や改番が行われているため、経歴は非常に複雑である。文献などによっては、広義の300形として313形も含むことがあるが、本項では記述を除外する。西鉄300形電車 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 新潟交通モハ10形電車

    新潟交通モハ10形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    新潟交通モハ10形電車(にいがたこうつうモハ10がたでんしゃ)は、かつて新潟交通電車線で1999年の廃線まで使用されていた新潟交通の通勤形電車。1960年代に車体の近代化のために在来車の機器を流用して製造された、いわゆる「日車標準車体」の一つとして知られる。新潟交通モハ10形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 大隅鉄道

    大隅鉄道から見た日本車輌製造日本車輌製造

    鹿屋以遠への延伸時に日本車輌製造から導入した13トンC形タンク機関車で、前の2つの形式とは異なり特殊な構造は採用していなかった。4号が1921年(大正10年)12月に、5号が1922年(大正11年)10月にそれぞれ導入された。標準的な構造であることもあって取り扱いやすく歓迎された。国有化後はケ280形ケ280・ケ281となり、改軌まで使用された後松浦線へ移動している。大隅鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハ40000形気動車

    国鉄キハ40000形気動車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    ガソリン動車開発で私鉄やメーカーの動きに立ち後れていた鉄道省も、日本車輌製造設計による江若鉄道C4形(1931年 日本初の120人乗り18m級大型ガソリンカー)などを参考として、国産ガソリンエンジンを搭載する軽量構造の16mガソリン動車キハ41000形(当初の形式はキハ36900形)を1932年に開発した。キハ41000形は使用実績も好調で、鉄道省で初めて本格的に量産されたガソリン動車となった。国鉄キハ40000形気動車 フレッシュアイペディアより)

1276件中 11 - 20件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード