1033件中 11 - 20件表示
  • オールステンレス車両

    オールステンレス車両から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1990年代以降、鉄道車両メーカー各社でさまざまな工法のオールステンレス製車両が作られるようになった。川崎重工業はJR東日本209系電車で新しく開発されたシート貼り合わせ工法(2シート工法)を採用した。また、日本車輌製造は日車式ブロック工法(日車式SUSブロック構体)を採用している。オールステンレス車両 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋模型鉄道クラブ

    名古屋模型鉄道クラブから見た日本車輌製造日本車輌製造

    1947年(昭和22年)2月11日に第1回運転会を開催し、この日をNMRCの創立日とする。初代会長は鉄道模型界で広い知名度を持つ元・ミトイ会会員の鈴木忠夫。二代目会長は日本車輌の伊藤剛。名古屋模型鉄道クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 蒲原鉄道の車両形式

    蒲原鉄道の車両形式から見た日本車輌製造日本車輌製造

    蒲原鉄道線全線開業に先立つ1930年(昭和5年)3月に、蒲原鉄道初の半鋼製車両として日本車輌製造東京支店においてデ11 - 13の3両が新製された。デ11形の車体外観および各部寸法は庄内交通が同社湯野浜線の開業に際して新製したモハ1形電車と全く同一であり、台車等にも共通点を有した。蒲原鉄道の車両形式 フレッシュアイペディアより)

  • 皇室用客車

    皇室用客車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    軽便用御料車は、1930年(昭和5年)11月に広島県福山市及び岡山県西部で行われた陸軍大演習の昭和天皇の視察に伴い、両備鉄道(現在のJR西日本福塩線)が日本車輌製造で製造させたもので、足回りは旧車のものを流用している。皇室用客車 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局H形電車

    東京都交通局H形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1957年(昭和32年)に日本車輌にて製造。上野懸垂線の開業に伴い導入。車体はアルミニウム合金製でライン状に連なっている窓とアルミ車体と青帯の車体が特徴。東京都交通局H形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市交通局M100形電車

    札幌市交通局M100形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    親となる両運転台形のM100形・M101号と、子となる片運転台形のTc1形・Tc1号の1編成、計2両が日本車輛で製造された。広報誌などでは「親子電車」と紹介されたが、現場では「エム・ティーシー(M・Tc)」と呼ばれていた。札幌市交通局M100形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽電気軌道

    山陽電気軌道から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1926年12月25日に初の路線として、松原 - 壇ノ浦間を開業させた。当初、日本車輌製の新造車を8両投入した。同区間には並行して既にバスが走っていたが、運賃がバスの半分以下ということもあって人気は高かった。その後、1932年までに長関線・唐壇線を全通させる。山陽電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 三重交通モ5400形電車

    三重交通モ5400形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    志摩地区の観光開発が進みつつあった1958年に、志摩線におけるサービス向上策の一環として、以下の1両が名古屋の日本車輌製造本店で製造された。三重交通モ5400形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 一畑電気鉄道立久恵線

    一畑電気鉄道立久恵線から見た日本車輌製造日本車輌製造

    カハニ1・カハニ2は開業に備えて日本車輌で製造されたボギー車のガソリンカー。前面非貫通3枚窓の半鋼製車体を持つ荷物合造車。エンジンは85馬力のガソリンエンジン、ウォーケシャ (:en:Waukesha Engines) 6-RBを装備。カハニ3は1935年に日本車輌で製造された増備車だが前2両に比べ車体が短く、側扉が1個少なく(カハニ1・カハニ2は荷物扉と客用扉2扉、カハニ3は荷物扉と客用扉1扉)、前面窓が2枚という相違がある。またカハニ3の動力台車は偏心台車を使用している。1941年にカハニ1が、1942年にカハニ2が木炭ガス発生装置取り付け改造を受け木炭代燃車となった。カハニ1・カハニ3はは1945年頃以降客車代用となったが、カハニ1が1949年4月に、カハニ3が1951年8月に正式に客車となり、それぞれハニ10・ハニ11に改番された。カハニ2は1949年12月にキハ1形(2代)キハニ1となり、1956年にエンジンがDMF13B形ディーゼルエンジンに換装され、木炭ガス代燃装置は撤去された。立久恵線廃線後の経緯は以下の通り。一畑電気鉄道立久恵線 フレッシュアイペディアより)

  • 西鉄500形電車 (軌道)

    西鉄500形電車 (軌道)から見た日本車輌製造日本車輌製造

    戦時中の輸送力増強および、老朽化した木造2軸車の置き換えを目的に1944年から1948年にかけて30両(501?520・551?560)が日本車輌・汽車会社で製造された。501?520は日本車輌製、551?560は汽車会社製である。手続き上は木造2軸車の改造名義となっている。西鉄500形電車 (軌道) フレッシュアイペディアより)

1033件中 11 - 20件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード