1276件中 21 - 30件表示
  • 箱根登山鉄道小田原市内線

    箱根登山鉄道小田原市内線から見た日本車輌製造日本車輌製造

    キキ15:1900年(明治33年)天野車両製の木造単車。定員40人。運転台はベスチビュール(運転台前面の窓)付のドアなしオープンデッキで小田原電気軌道生え抜きの車両。箱根登山鉄道小田原市内線 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄シム1000形貨車

    国鉄シム1000形貨車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    国鉄シム1000形貨車(こくてつシム1000がたかしゃ)は、1962年(昭和37年)に日本車輌製造本店で1両(シム1000)が試作された、トヨタ自動車販売が所有する私有貨車である。車籍は日本国有鉄道(国鉄)に編入された。製造当初は大物車に類別されたが、1965年(昭和40年)12月の称号規程改正により車運車に類別変更され、クム1000形(クム1000)に改称された。国鉄シム1000形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 天塩炭砿鉄道

    天塩炭砿鉄道から見た日本車輌製造日本車輌製造

    ナハ103は1954年(昭和29年)10月26日認可で国鉄より譲受けた木製ボギー客車で、国鉄での番号はナハフ14390。1910年(明治43年)日本車輌製。定員:夏84、冬76天塩炭砿鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス郡都市圏交通局

    ロサンゼルス郡都市圏交通局から見た日本車輌製造日本車輌製造

    使用車両は日本製で客室先頭に"NIPPON SHARYO" "JAPAN"と明記されている。ロサンゼルス郡都市圏交通局 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄D50形蒸気機関車

    国鉄D50形蒸気機関車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    本形式は川崎造船所が主体となり、汽車製造、日本車輌製造、日立製作所により、1923年から1931年の間に380両が製造された。しかし折からの昭和恐慌による貨物輸送量の減少により、強力な貨物用機関車の需要が小さくなったため、製造が打ち切られ、以後の増備は改良型のD51形へ移行した。国鉄D50形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 常総鉄道

    常総鉄道から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1928年(昭和3年)9月27日 ガソリン客車運行を開始。キワ11・12号を運行。以後1930年(昭和5年)に日本車輌に2両、1032年(昭和7年)に新潟鉄工所に2両を発注。1937年(昭和12年)までに計10両を新造。常総鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 阪和電気鉄道の車両

    阪和電気鉄道の車両から見た日本車輌製造日本車輌製造

    モタ301 - 315:1929年7月竣工。日本車輌製造本店製。阪和電気鉄道の車両 フレッシュアイペディアより)

  • ボールドウィンA形台車

    ボールドウィンA形台車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    本項目では改良発展型であるボールドウィンAA形台車および下位モデルであるボールドウィンK形台車、それに日本の日本車輌製造・汽車製造などが製造した同系台車についても取り扱う。ボールドウィンA形台車 フレッシュアイペディアより)

  • 山形交通尾花沢線

    山形交通尾花沢線から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1938年1月に信濃鉄道の8を譲り受けた車軸配置0-6-0(C)のタンク機関車。1920年(大正9年)日本車輌製造製の製造番号20で、白棚鉄道3から国有となった1225や飯山鉄道1 - 3は同形機である。1959年(昭和34年)11月廃車。山形交通尾花沢線 フレッシュアイペディアより)

  • 岳南鉄道1100形電車

    岳南鉄道1100形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1959年 - 1962年に日本車輌製造と汽車製造で製造(実際は改造扱い)された。岳南鉄道1100形電車 フレッシュアイペディアより)

1276件中 21 - 30件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード