1276件中 41 - 50件表示
  • 西鉄500形電車 (軌道)

    西鉄500形電車 (軌道)から見た日本車輌製造日本車輌製造

    戦時中の輸送力増強および、老朽化した木造2軸車の置き換えを目的に1944年から1948年にかけて30両(501?520・551?560)が日本車輌・汽車会社で製造された。501?520は日本車輌製、551?560は汽車会社製である。手続き上は木造2軸車の改造名義となっている。西鉄500形電車 (軌道) フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道車両の台車

    鉄道車両の台車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    トーションバー・スプリング(ねじり棒ばね S.I.G式 日本車両):金属棒のねじりに対する復元力による弾性を利用したもの。鉄道車両の台車 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪1550型電車

    京阪1550型電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1927年に1551 - 1580の30両が新造された。製造は1551 - 1556・1563が日本車輌製造、1557 - 1562・1571 - 1580が汽車製造、1564 - 1570が藤永田造船所である。京阪1550型電車 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾鉄路管理局TEMU2000型電車

    台湾鉄路管理局TEMU2000型電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    当初は非電化のまま車体傾斜式気動車特急を導入予定であったが、台東駅までの複線電化が前倒しで決定されたことで配備の意義が薄れたため、円高要因で延期されていたTEMU1000型電車の増備分48両の入札と合わせて2010年に136両の車体傾斜式列車の入札が行われ、日本車輌製造・住友商事連合が日立製作所・丸紅連合を破り、総額約300億円、17編成136両を受注した。台湾鉄路管理局TEMU2000型電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ2700形貨車

    国鉄タキ2700形貨車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    タキ2700形は、クレオソート専用の30t 積タンク車として1953年(昭和28年)3月20日から1959年(昭和34年)7月10日にかけて、5ロット5両(コタキ2700 - コタキ2704)が日本車輌製造、三菱重工業の2社にて製作された。国鉄タキ2700形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県営鉄道

    沖縄県営鉄道から見た日本車輌製造日本車輌製造

    4号:1921年日本車輌製造製のB型タンク機関車。1936年に廃車。沖縄県営鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽電気軌道

    山陽電気軌道から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1926年12月25日に初の路線として、松原 - 壇ノ浦間を開業させた。当初、日本車輌製の新造車を8両投入した。同区間には並行して既にバスが走っていたが、運賃がバスの半分以下ということもあって人気は高かった。その後、1932年までに長関線・唐戸線を全通させる。山陽電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 単端式気動車

    単端式気動車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    なお、「単端式」という名称は日本車輌製造の造語とも英語の「Single ended」の訳語ともいわれる。単端式気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 南部鉄道

    南部鉄道から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1923年、日本車輌製造製の車軸配置2-4-2(1B1)形タンク機関車で、1943年10月に、燃料統制により動かせなくなった気動車の代わりに鉄道省から譲り受けた280形(281)である。諸申請の状況から、譲受のかなり前から入線していたようである。1947年2月に土佐交通に譲渡された。南部鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 加越能鉄道加越線

    加越能鉄道加越線から見た日本車輌製造日本車輌製造

    加越鉄道時代の1931年日本車輌本店製。当初アメリカ製ウォーケシャエンジンを搭載したガソリンカーで、戦時中は木炭燃料化。戦後キハ1は無動力になってハフ31号客車となる。キハ2・3は日野DS10形ディーゼルエンジン搭載でディーゼルカーとなったが、キハ2は1955年の車庫火災で焼失した。ほか2両も1964年までに廃車された。加越能鉄道加越線 フレッシュアイペディアより)

1276件中 41 - 50件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード