1276件中 61 - 70件表示
  • 西大寺鉄道

    西大寺鉄道から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1927年より井笠鉄道が導入した、日本車輌製造本店製「軌道自動車」の成功に触発され、1931年からガソリンカーを導入、これによって客車を牽引する方式に主力を切り替えた。西大寺鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 筑波鉄道筑波線

    筑波鉄道筑波線から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1959年製造の日本車輌製造東京支店で新製された片側片開き2ドア、両運転台の18m級気動車でセミクロスシート筑波鉄道筑波線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武3000系電車

    東武3000系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    台車はほぼ全車が種車から流用されており、住友金属工業(新扶桑金属工業)製の鋳鋼組立型釣り合い梁式KS-31・KS-33系や日本車輌製造製の形鋼組立型イコライザー式D-16・D-18、省形釣り合い梁式TR11、戦後に製造されたウィングばね式台車など、計21種類におよぶバラエティに富む台車を装備する。東武3000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ホキ9500形貨車

    国鉄ホキ9500形貨車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    新東京国際空港(現:成田国際空港)(成田空港)の建設工事用として、1970年(昭和45年)4月25日から同年7月1日までの約2箇月間に193両(内訳:日本車輌製造本店65両(ホキ9500 - ホキ9564)、汽車製造宇都宮50両(ホキ9565 - ホキ9614)、日立製作所33両(ホキ9615 - ホキ9647)、川崎重工業25両(ホキ9648 - ホキ9672)、三菱重工業20両(ホキ9673 - ホキ9692))が製作された。国鉄ホキ9500形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局上野懸垂線

    東京都交通局上野懸垂線から見た日本車輌製造日本車輌製造

    東京都交通局は、道路上を通る路面電車や路線バスは渋滞の影響を受けやすいとして、それに代わる都市内交通手段を摸索していた。メインは地下鉄を採用することとし、それほど需要を見込めない地域や短い区間を結ぶ鉄道にはモノレールが有効であるという結論になった(都市モノレール構想)。当時モノレールは研究途上であり、東京都交通局は日本車輌と共同で独自に研究を開始した。東京都交通局上野懸垂線 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄DD13形ディーゼル機関車

    国鉄DD13形ディーゼル機関車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1958年から1967年まで基本番台264両、300番台83両、500番台18両、600番台51両の計416両が汽車製造・日本車輌製造・新三菱重工業・三菱重工業・川崎重工業・日立製作所で製造されたが、後述の912形への改造のため、全416両が同時に存在したことはない。1961年(昭和37年)製造の111号機からは大規模な仕様変更がなされ、外観・エンジンが一新されている。国鉄DD13形ディーゼル機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道炭礦汽船夕張鉄道線

    北海道炭礦汽船夕張鉄道線から見た日本車輌製造日本車輌製造

    野幌 - 栗山間の開業に際して1929年に日本車輌東京支社でナロハ100形として製造された2、3等合造客車で、屋根はシングルルーフ、台車はTR11、室内は2等ロングシート/3等クロスシート、ストーブ暖房、全長17000mm、自重24.5t、定員2等夏16人/冬13人、3等夏60人/冬56人で国鉄のオロハ30形と似た形態であった。北海道炭礦汽船夕張鉄道線 フレッシュアイペディアより)

  • 小田急50000形電車

    小田急50000形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    新型特急車両の製造は日本車輌製造が行なうことになったが、小田急では日本車輌に対して「岡部の提案は可能な限り実現して欲しい」と依頼し、岡部はロマンスカーに何度も乗車した上で、小田急と日本車輌に対してさまざまな提案や要求を行なった。例えば、それまでのNSE車・LSE車・HiSE車では11両連接車であったが、岡部は「左右対称にした方が安定感が増す」という理由によって車両数を偶数にすることを提案した。10両連接車の構想自体は既にNSE車開発時にもあり、軸重制限の関係から11両連接車になったという経緯があったが、後述するように車体の軽量化を図ることで実現することになった。小田急50000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄300系電車

    名鉄300系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    小牧線から上飯田線への相互直通運転開始を控えて2002年に日本車輌製造で4両組成8編成(32両)が製造され、犬山駅と当時高架の終端駅であった上飯田駅との間で営業運転を開始し、既存車両(5500系等)が置き換えられた。追って2003年より、地下鉄上飯田線平安通駅までの営業運転を開始した。名古屋鉄道車両の名古屋市営地下鉄乗り入れ車では、100系と200系が既にあり、地下鉄直通車両として、それに続く形式称号が与えられた。名鉄300系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 買収気動車

    買収気動車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    キハ501・502 (1935年 日本車輌製造東京支店製)→鉄道省キハ40351・40352買収気動車 フレッシュアイペディアより)

1276件中 61 - 70件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード