1033件中 61 - 70件表示
  • 営団05系電車

    営団05系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    併せて台車はモノリンク式ボルスタレス方式で変更はないが、曲線通過性の向上や保守性の向上を目的に構造を変更したものとなった。なお、製造メーカーは異なるが、08系で採用した日本車輌製のND-730形と同一構造である(本系列は住友金属製のSS161・SS061形)。営団05系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 関東鉄道常総線

    関東鉄道常総線から見た日本車輌製造日本車輌製造

    日本車輌製の自社発注車。DD502の1両。セミセンターキャブのロッド式ディーゼル機関車。昭和49年の貨物営業廃止後は、取手 - 水海道間の複線化工事に伴う貨車の牽引、下館 - 水海道車両基地間の譲渡車両・新製車両の回送に用いられており、稼働することは少なくなっている。このほか、臨時のイベント列車を牽引するほか、水海道車両基地内での体験乗車などにも用いられている。関東鉄道常総線 フレッシュアイペディアより)

  • 蕨駅

    蕨駅から見た日本車輌製造日本車輌製造

    付近には以前、日本車輌製造蕨製作所と住友セメントの専用線があり、また、小口貨物・手荷物・小荷物を取り扱っていたために貨物線があった。現在でも西口駅舎付近に貨物ホームの跡地が残っている。駅舎南側部分の跡地は再開発される予定があるが、地域住民の意見は分かれている。蕨駅 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄24系客車

    国鉄24系客車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1973年に登場した車両。日本車輌製造・富士重工業・新潟鐵工所で10両(1 - 10)が製造され、当初はマヤ24形として落成した。機関室にはインタークーラーターボ付きディーゼル機関DMF31Z-G形(430ps/1200rpm)と発電機DM95形(300kVA)を組み合わせた発電装置を2基搭載し、三相交流60Hz/440Vの電力を全車に供給できるようになっている。台車はコイルバネ式のTR54C形を使用している。国鉄24系客車 フレッシュアイペディアより)

  • 東武3000系電車

    東武3000系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    台車はほぼ全車が種車から流用されており、住友金属工業(新扶桑金属工業)製の鋳鋼組立型釣り合い梁式KS-31・KS-33系や日本車輌製造製の形鋼組立型釣り合い梁式D-16・D-18、省形釣り合い梁式TR11、戦後に製造されたウィングばね式台車など、計21種類におよぶバラエティに富む台車を装備する。東武3000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 営団6000系電車

    営団6000系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    運転台前のフロントガラスは大形化して、上部に行先表示器、運行表示器も収めた。これにより運転士への広い視界確保や貫通扉を車掌台側に寄せることで運転台スペースを広くしている。このため前面デザインは非対称となり、正面の非常扉は非常用ステップを一体にした前倒し式である。このデザインと構造は日本車輌製造が考案したもので、その後に登場した横浜市交通局2000形電車や京都市交通局10系電車などの地下鉄車両にも影響を与えた。営団6000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄7000系電車

    名鉄7000系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    1961年(昭和36年)に日本車輌製造で製造され、名古屋本線の特急に投入された。名鉄7000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 北総鉄道7500形電車

    北総鉄道7500形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    老朽化が進んでいる7000形を置き換える目的で製造された。京成電鉄3000形や新京成電鉄N800形と同一の日本車輌製造が開発したステンレス鋼ブロック構体を用いた京成グループ標準車体を採用した。また、ブレーキシステムには回生ブレーキに加えて京成3000形の3008編成・3014編成(4次車)以降の車両および新京成N800形と同様の純電気ブレーキを採用した。京成グループ標準車体の各形式において、8両編成での純電気ブレーキ装備は当形式が初となる。北総鉄道7500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局上野懸垂線

    東京都交通局上野懸垂線から見た日本車輌製造日本車輌製造

    東京都交通局は、道路上を通る路面電車や路線バスは渋滞の影響を受けやすいとして、それに代わる交通手段を摸索していた。メインは地下鉄を採用することとし、それほど需要を見込めない地域や短い区間を結ぶ鉄道にはモノレールが有効であるという結論になった。当時モノレールは研究途上であり、東京都交通局は日本車輌と共同で独自に研究を開始した。東京都交通局上野懸垂線 フレッシュアイペディアより)

  • JR東海キヤ97系気動車

    JR東海キヤ97系気動車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    編成は、25mの定尺レール運搬用の2両編成4本と、200mのロングレール運搬用の13両編成1本があり、それぞれR1 - R4、R101の編成番号を称する。いずれもメーカーは日本車輌製造で、前者は2008年(平成20年)4月、後者は同年7月に運用を開始している。配置されている車両基地は、前者が名古屋車両区、後者が美濃太田車両区である。JR東海キヤ97系気動車 フレッシュアイペディアより)

1033件中 61 - 70件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード