1276件中 81 - 90件表示
  • 名古屋市交通局6050形電車

    名古屋市交通局6050形電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    車体は日車式SUSブロック構体のステンレス製である。そのため、東山線N1000形と鶴舞線N3000形同様、側面の幕板にひずみ防止のためのプレスリブ(ビード)を省略した構造となっている。名古屋市交通局6050形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 長野電鉄0系・10系電車

    長野電鉄0系・10系電車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    0系は、単線区間が介在することによって車両編成や運転本数に制限のあるラッシュ輸送に対応する目的で、20m級車体と片側4箇所の乗降扉を採用した車両として1966年に2両編成2本の計4両が日本車輌製造で製造された。長野電鉄0系・10系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 超電導リニア

    超電導リニアから見た日本車輌製造日本車輌製造

    1996年(平成8年)から導入された山梨の実験線用に開発された車両。先行する宮崎実験線における成果が取り入れられ、浮上方式が底面に浮上コイルがある方式(対向反発浮上方式)から側壁浮上方式へと大改良が行われた。これに伴い試験軌道と設備の大改修も行われ、実用段階に向けた最終実験の意味をあらわすExperiment(実験)のXが名前に付けられた。大量輸送に向けた実験を行うため、本格的な客室スペースが用意された。先頭車両の形状は空気抵抗の効果確認のため当初、ダブルカスプ型 (MLX01-1、MLX01-4) とエアロウェッジ型 (MLX01-2、MLX01-3) の2種類が用意され、2002年(平成14年)には主にトンネル突入時の空気振動低減、列車後端に位置したときの空力特性改善を目的とした超ロングノーズ型 (MLX01-901) が追加された。MLX01のデザインは手銭正道、戸谷毅史、松本哲夫による。製造は日本車輌製造及び三菱重工業。超電導リニア フレッシュアイペディアより)

  • 三重電気鉄道松阪線

    三重電気鉄道松阪線から見た日本車輌製造日本車輌製造

    電化時(1927年)に日本車輌製造本店でデ31形デ31 - デ33として新造した11m級半鋼製の荷物合造電動客車。この時代に762mm軌間の軽便鉄道向けに製作された電車としては画期的なパンタグラフ付きの大型2軸ボギー車であり、新造以来松阪線の廃止まで使用された。三重電気鉄道の近畿日本鉄道への合併後、電装解除を実施しサニ110形サニ111 - サニ113へ改番、三重線へ転出となった。三重電気鉄道松阪線 フレッシュアイペディアより)

  • 皇室用客車

    皇室用客車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    軽便用御料車は、1930年(昭和5年)11月に広島県福山市及び岡山県西部で行われた陸軍大演習の昭和天皇の視察に伴い、両備鉄道(現在のJR西日本福塩線)が日本車輌製造で製造させたもので、足回りは旧車のものを流用している。皇室用客車 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋電灯

    名古屋電灯から見た日本車輌製造日本車輌製造

    岐阜県加茂郡八百津町での発電所建設計画の歴史は1896年までさかのぼるが、実際に具体化するのは岐阜県選出の衆議院議員兼松煕が1903年に参画してからである。兼松は地元の意見をまとめるとともに東京の岩田作兵衛らを計画に引き入れ、さらに名古屋所業会議所会頭になっていた奥田正香の賛同も取り付けた。名古屋からは奥田の他に日本車輌製造の上遠野富之助、三重紡績の斎藤恒三、名古屋電気鉄道の白石半助などが発起人に加わっている。名古屋電灯代表の三浦恵民も、兼松・奥田に招かれたためこの事業に加わって供給力を増強しようと考えたが、社内の意見が一致せず断念した。名古屋電灯 フレッシュアイペディアより)

  • JR東海キヤ97系気動車

    JR東海キヤ97系気動車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    鉄塔ならびに25mの定尺レール運搬用の2両編成4本と、200mのロングレール運搬用の13両編成1本があり、それぞれR1 - R4、R101の編成番号を称する。いずれもメーカーは日本車輌製造で、前者が2008年(平成20年)4月、後者は同年7月に運用を開始している。配置されている車両基地は前者が名古屋車両区、後者が美濃太田車両区である。JR東海キヤ97系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 島原鉄道

    島原鉄道から見た日本車輌製造日本車輌製造

    キハニ100形 - 初の気動車。全て名古屋の日本車輌製造本店製。1934年に1両(キハニ101)を導入後、翌1935年に3両(キハニ102 - 104)を増備。さらに、口之津鉄道が同型車として1936年にカ5を、1937年にカ6を新造した。いずれも80人乗りの2軸ボギー車で、機関にウォーケシャ6SRLを搭載する機械式ガソリンカーであった。口之津鉄道の合併でカ5・7はそれぞれキハニ105・107と改称の上で本形式に編入されている。戦時中は客車代用となり、戦後、木炭ガス発生装置を搭載して代燃車として復活、その後代燃装置を撤去してキハ100形キハ101 - 104に改称された。1949年に104が廃車され、その後1958年にキハ2000形が導入されるとガソリンエンジンを撤去して101・102を郵便荷物車のユニ101・102に、107を荷物車のニ107に改造し、残る103・105はそのまま廃車となった。島原鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • モノレール

    モノレールから見た日本車輌製造日本車輌製造

    日本国内に現存する懸垂式モノレールは、東京都交通局と日本車輌製造による上野式(上野動物園)・三菱重工業がフランスから導入したサフェージュ式(湘南モノレール、千葉都市モノレール)・神戸製鋼所と三菱重工業によるスカイレール、の3方式がある。モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄コキ50000形貨車

    国鉄コキ50000形貨車から見た日本車輌製造日本車輌製造

    日本車輌製造(輸送機工業とのグループ製作)60両(コキ50046 - コキ50105)国鉄コキ50000形貨車 フレッシュアイペディアより)

1276件中 81 - 90件表示

「日本車輌製造」のニューストピックワード